ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ東日本

解決できる課題5
「販売動向が変動し欠品や滞留在庫が発生する」

在庫管理・在庫削減なら「SynCAS PSI Visualizer」

在庫管理の課題「販売動向が変動し欠品や滞留在庫が発生する」

在庫管理では、「販売動向が変動し欠品や滞留在庫が発生する」といった課題が発生します。なぜこのような課題が発生するのでしょうか?その主な要因は下記の通りです。

常に多めの販売計画

欠品を防ぎ、売上を確保したいため、販売計画は常に多めに計画されています。その結果、過剰在庫や滞留在庫が発生します。

販売計画以上の販売

様々な要因で販売計画を上回り、販売消費される品目が出るケースもあり、欠品が発生してしまう。

タイムリーな情報共有ができない

特需や特売、または急な納品変更など、様々な変動要因が日々発生する中で、関係部門の情報共有がタイムリーに行なわれないため、対応が常に後手に回ってしまう。

販売計画の精度向上ができず、いつも後手にまわる

製品のライフサイクルが短く、新製品の比率が高いことから、販売計画はほとんど精度が上がらない。在庫管理に限界があり、何から手をつけていくべきか悩んでいる。

原材料の調達にも余裕が必要で在庫スペースも問題に

原材料の調達や生産のリードタイムが長い場合、必要となる在庫はその分多くなります(リードタイムが4倍になると在庫は2倍多くなります)。確保する量が多いということは、保管する在庫スペースも多く必要ということになります。

在庫管理の課題「販売動向が変動し欠品や滞留在庫が発生する」を解決できる理由

PSIデータの活用で計画精度を向上

データをしっかり分析すると、様々な知見が見えてきます。過去を振返り、その反省を未来に生かす。この当たり前の取り組みをいかに簡単に実施するかがポイントです。

図5-1

上図は、SynCAS PSI Visualizerのシミュレーション機能のサンプル画面です。過去のPSIデータの推移から、今後の予測を行うことができます。これにより、下記の様な状態が見えてきます。

  1. 販売実績が販売計画を徐々に下回り、期間後半では30%下回っている。
  2. 販売低迷に伴い在庫が大幅に増加(赤丸部分)し、直近では在庫日数30日に増加
  3. 推奨在庫水準と現状在庫水準の乖離を表す変動充足率も1.6倍から2倍に悪化
  4. 生産ロットサイズが期間後半で増加(理由要確認)
  5. 生産シミュレーションを未来の期間で実施し、販売実績と同等の販売見通しと仮定し、生産量を同等とした場合、生産タイミングを調整して在庫水準をLT最大変動程度に抑制(緑丸部分)

データ分析に慣れが必要ですが、実績の分析と将来の見通しを加えた分析を素早く実施する事で需要変動にも柔軟な対応が即座に打てるようになります。

このほかの解決できる課題も見る

お問い合わせ・資料請求

SynCAS PSI Visualizer
  • 製品の特長などをまとめた製品紹介資料
  • 導入されたお客様の具体的な成功事例もご覧いただけます
    効率的な在庫コントロールを実現した消費財メーカーA社様、在庫を約30%も削減したオリンパス様、半年で在庫を約20%も削減した大倉工業様など

その他、デモ・トライアル・導入相談など、お問い合わせも受け付けております

TOP