ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ東日本

ビジネスコラム

最新コラムLatest column

予防保全とは?意味・目的、各種保全との違い、メリット、AI活用の考察

「予防保全」は、トラブルが起きないよう予防するために行うという考え方に沿った設備保全です。基本的にトラブルは起きないことが良く、予防保全を万全に行うのが理想ですが、全てに隈なく対応するには人員・労力が掛かります。
本コラムでは予防保全の意味・目的、各種保全との違い、メリットなどについてご説明致します。

生産性改善のための「設備・人の稼働データ」と「工程実績データ」の収集方法

本コラムでは、過去のコラムで紹介した「設備稼働に加えて設備を運用する作業者の稼働データや、工程実績や生産計画データ」といった、これまでご紹介したデータを収集するための方法をご紹介します。

データ分析コラムData analysis column

データ分析に関するコラムです。生産性指標「稼働率と可動率」についてや設備の稼働実績と、各種データを組み合わせて生産性の改善策を検討する方法、設備保全の意味・目的、設備保全の活動・改善方法と計画の立て方などをコラムで公開しています。

生産性向上コラム第1弾その1

製造現場での生産性改善活動にデータを活用していく際のデータ収集方法や分析例などをご紹介いたします

生産性向上コラム第1弾その2

設備の稼働実績と、設備の作業担当者の作業時間データ、工程実績データ、生産計画データを組み合わせて生産性の改善策を検討する方法を解説します

生産性向上コラム第2弾その1

設備保全とは何か?設備保全を実施する意味と必要性、その目的、保守・メンテナンス・修理との違いなどを解説していきます

生産性向上コラム第2弾その2

設備保全の主な活動方法や主な改善方法、そして、設備保全の活動・保全計画の立て方と計画表について解説していきます

お問い合わせ・資料請求Inquiry / Request for materials

日立ソリューションズ東日本についてご質問など、お問い合わせはこちら。
お気軽にご相談ください。

TOP