ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ東日本

動画コンテンツ

在庫管理・在庫削減なら「SynCAS PSI Visualizer」

数多くの品目の中から過剰在庫や欠品などの問題在庫を発見・分析して対策を打つ手法について、当社のエバンジェリストによる実践的な解説をご覧いただけます。

問題在庫の発見・分析から対策のシミュレーションまで、基本的な業務の流れをご紹介します。
以下の画像をクリックの上、動画をご覧ください。
YouTube:第1回「在庫可視化のメリット」(06分47秒)

※上記の画面で動画が再生できない場合は、以下をクリックしてください。

第1回「在庫可視化のメリット」

SynCAS PSI Visualizer デモ動画シリーズ【第2回・第3回】

SynCAS PSI Visualizer デモ動画【第2回・第3回】をご覧いただけます。ご希望の方に、動画のURLを送付いたしますので、「動画のURLを申し込む」のボタンを押して、入力フォームへお進みください。

第2回「問題在庫の発見」

第3回「大量品目の在庫分析」

問題在庫の発見

問題在庫の条件を設定してアラートを表示させたり、
階層を定義して表示範囲を絞り込む方法についてご紹介します。
【YouTube:03分51秒】

大量品目の在庫分析

Locator(散布図)を使って全体の状況を把握・分析したり、
対策の進捗状況を管理する方法についてご紹介します。
【YouTube:05分24秒】

SynCAS PSI Visualizer オンラインセミナー動画シリーズ【全4回】

弊社が過去に実施した在庫可視化・分析ツール「SynCAS PSI Visualizer」に関連するオンラインセミナーをアーカイブで視聴することができます。見逃した方や、再度視聴したい方は、是非ご覧ください。

第1回「成功事例のご紹介」

第2回「実践テクニックのご紹介」

成功事例のご紹介

在庫を抱えている製造・流通業のお客様において、在庫適正化は主要な課題の一つです。その課題解決の第一歩は、現状の在庫状況を、いつでも、だれでも、ただしく見えるようにし、気づきを与えることです。この気づきが、迅速な対応、根本的仕組みの改善へと繋がります。本セッションでは、在庫可視化システム「SynCAS PSI Visualizer」と活用ポイントについて事例を交えながらご紹介いたします。
【YouTube:28分59秒】

実践テクニックのご紹介

PSI情報を有効に活用出来ていますか?また、ツールを導入したが埃をかぶっていませんか?上手く使いこなせていますか? 製造・流通業の主要な課題である在庫適正化にはPSI情報とツールの活用が必要不可欠です。
本セッションでは、在庫可視化システム『PSI Visualizer』を用いた在庫監視・在庫適正化の秘訣を様々なケース毎に解説いたします。
【YouTube:45分20秒】

第3回「大量データにおける在庫分析・適正化」

第4回「在庫改善効果の可視化」

第3回「大量データにおける在庫分析・適正化」

製造・流通業では、数多くの商品を取り扱っており、倉庫や営業所などの在庫拠点まで含めるとSKU(在庫管理対象品)は膨大な数となります。そのため人手やEXCELなどツールでは限界があり、膨大なSKUを一括把握し、効率的・直感的な分析・改善検討ができるツールが求られています。
本セッションでは、膨大なSKUの分析・適正化に有効なLocator(散布図分析)の活用テクニックについて事例を交えてながら解説いたします。
【YouTube:43分29秒】

在庫改善効果の可視化

製造・流通業での在庫適正化は重要課題の一つです。
各社で様々な在庫適正化の取り組みをされてますが、感覚的な改善効果の把握に留まり、可視化や定量化が出来ていないとよく耳にします。また、在庫適正化に大きくかかわる発注業務においても、在庫シミュレーションなど改善効果を確認しながら発注基準等を決めていきたいという強いニーズがあります。
本セッションでは、効果的な在庫改善アクションを決定するための可視化活用ポイントを事例を交えながらご紹介します。
【YouTube:28分43秒】

SynCAS PSI Visualizer オンラインセミナー動画シリーズ【コロナ特別編 2回分】

「コロナ影響下での需給調整、
パンデミック COVID-19 における在庫計画」

【 New 】長引くコロナ禍での需給調整業務を成功に導く秘訣

成功事例のご紹介

在庫を抱えている製造・流通業のお客様において、在庫適正化は主要な課題の一つです。その課題解決の第一歩は、現状の在庫状況新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック発生により、これまでに経験の無い生活を余儀なくされ、在宅勤務励行の中、緊急事態宣言解除後も長期的な新生活様式が求められています。感染防止用の消費財を中心に特定品の品不足が起こり、外食産業の営業自粛などにおいては需要・購買傾向が大きく変化し、経済への打撃が予測できません。各企業の生産調整、在庫管理は従来の踏襲では難しく、手探りの中での対応を余儀なくされています。
本セミナーではゲストに大手消費財メーカー サンスター経営本部 理事(物流・SCM担当)荒木様並びに大手食品メーカー ハウス食品 生産・SCM本部 次長 森様をお迎えし、急激な需要変化の中、営業部門と生産や資材購買調整の狭間でPSIバランスの最適化に奔走するSCM部門の現状と課題にフォーカスし、過去のSARS、MARS発生時のSCMの混乱をも上回る今回の災害についての対応を考えます。人の知恵とITを駆使し、この困難な状況に立ち向かうヒントをお届けします。【YouTube:1時間20分48秒】

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言など製造・流通業を取り巻く環境は激変し、需給調整部門は環境変化に翻弄されながら日々奮闘しています。さらに変異株の発生により予断を許さない状況です。
本セミナーでは、長引くコロナ禍での需給業務の実態と今後の需給調整を成功に導く秘訣をご紹介します。
【YouTube:27分24秒】










お問い合わせ・資料請求

SynCAS PSI Visualizer
  • 製品の特長などをまとめた製品紹介資料
  • 導入されたお客様の具体的な成功事例もご覧いただけます
    効率的な在庫コントロールを実現した消費財メーカーA社様、在庫を約30%も削減したオリンパス様、半年で在庫を約20%も削減した大倉工業様など

その他、デモ・トライアル・導入相談など、お問い合わせも受け付けております

TOP