ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ東日本

在庫管理・在庫削減コラム

在庫管理・在庫削減なら「SynCAS PSI Visualizer」

ユーザー企業が語る「消費財(日用品)の在庫管理編」

第1回 日用品「需要予測が当たらない?」二つの理由

日用品(にちようひん)とは一般的に、食料品や衣料品などを除いた、人が日々生活していくために必要な消費財のことを指します。
日用品は大きく分けて、年間を通じ平均的に消費されるカテゴリーと、季節や気温の変化、または行事等が深く関係する季節性カテゴリーとの二つに分類されます。

第2回 生・販・在 可視化と日次管理の必要性(1)
【1】生産・販売・在庫の実態把握が困難な理由

在庫の評価について、多くの企業では四半期毎の有価証券報告書の中にある、貸借対照表—流動資産—棚卸資産で把握し、損益計算書の原価と比較し確認しています。そして各部門の販売や在庫の管理は、月次集計で月末在庫金額数値や月間販売合計が表示される企業が多いと思います。しかし本当に、このような在庫把握で、正確な状況を判断できているのでしょうか。

第3回 生・販・在 可視化と日次管理の必要性(2)
【2】全ての品種の生産・販売・在庫を管理する必要性

前項までで証明したとおり在庫の状況把握は、日々把握することと、生産と販売も同時に比較することが必要です。このPSI把握を、数千数万品種ある全の在庫に適用しなければならないのです。よく、「販売上位20%の主要品種を管理していれば大丈夫」と言う話を聞きますが、在庫と欠品の削減を実行するには、特定品種だけでは管理できません。今回は主要品種の管理だけでは不可能なことをご説明します。

スペシャリストが語る物流

第1回 物流コトハジメ

物流と言えば、だれもが倉庫と運送を思い浮かべるだろう。
ネット販売が普及した現在では、一般に宅配が物流を代表しているとも言える。この良く目にするが実は良く分からない物流。
なんと、GDPの8%前後をも占め、約40兆円にも達する巨大な産業なのだ。

第2回 物流のはじまり ~我が国の物流~

古来、縄文(BC1万数1000年-BC数100年)から弥生(縄文-AC数100年)で狩猟生活から農耕生活に社会が変遷する過程で、住居・食料・衣類・器類・武器・武具などが発展するにつれ、それらの保管・移動にともなう「物流」らしきものが派生的に生まれた事。

第3回 物流からロジスティクスへ、そしてSCMへ

さまざまな制約の中、19世紀には世界に先駆けて、通販に対応するまでの発展をとげた我が国の物流であったが、その後は紆余曲折を重ねた。
明治維新(1868)の文明開化と西欧化、と言えば司馬遼太郎の「坂の上の雲」。手を伸ばせば届きそうな、坂の上に掛かる雲のごとき西欧文明を追いかけた時代。
1871年にはパリコミューン事件後の1878年、処遇に不満をもつ近衛方兵隊が蜂起。世に言う竹橋事件である。

お問い合わせ・資料請求

SynCAS PSI Visualizer
  • 製品の特長などをまとめた製品紹介資料
  • 導入されたお客様の具体的な成功事例もご覧いただけます
    効率的な在庫コントロールを実現した消費財メーカーA社様、在庫を約30%も削減したオリンパス様、半年で在庫を約20%も削減した大倉工業様など

その他、デモ・トライアル・導入相談など、お問い合わせも受け付けております

TOP