ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ東日本

在庫管理・在庫削減なら
「SynCAS PSI Visualizer」

生販在の見える化を強化
PDCAサイクルを着実に運用

新着情報

2022年07月29日
2022年07月25日
2022年03月18日
2022年02月09日
2021年10月04日

きめ細かな在庫管理を実現するためにSynCAS PSI Visualizerを導入したところ、滞留在庫の3割削減を実現実現できました。SCM統括責任者と需給管理リーダーへのインタビューを通じ、成功の秘訣を探ります。
【YouTube:04分11秒】
※上記の画面で動画が再生できない場合は、以下をクリックしてください。
ライオン様インタビュー動画

「SynCAS PSI Visualizer」AI機能搭載に関するお知らせ

7/26(木)、在庫管理ソリューション「PSI Visualizer」にディープラーニングを利用したAI機能を搭載することを発表しました。現在、プロトタイプ版の開発を完了し、より精度向上と判定能力の向上、実務での適用検証作業を実施しています。
本件に関しまして、資料やご説明などをご希望の方は、下記のWebフォームへのボタンをクリックの上、入力フォームよりお申し込みください。

SynCAS PSI Visualizerの概要

SynCAS PSI Visualizer概要
在庫管理・在庫削減ソリューション

「SynCAS PSI Visualizer」とは、流通・製造業向けに開発された在庫状況を「可視化」するシステムで、「在庫の可視化」、「問題在庫の早期発見」、「在庫削減の進み具合の見える化」などを実現します。特長としては、今使っている御社の在庫管理表(エクセルなど)をベースに在庫状況を可視化するなどの8つの特長があります。
詳しく見る

「SynCAS PSI Visualizer」で解決できる7つの課題

問題在庫の発見が遅れる

発見が早ければ手の打ち様もあるが、発見時点ではすでに手遅れになっている

品目ごとの適正な在庫量がわからない

欠品=悪の定義はあるものの、在庫量を判断する定義が明確になっていない

品目数が多く主力品以外の在庫管理が
できない

手作業での在庫管理は効率が悪く、全ての品目に目が行き届かない

在庫調整のための社内調整がうまくいかない

在庫調整をスムーズに行うには社内調整が欠かせないが、この社内調整が上手くいかないという課題が発生する

販売動向が変動し欠品や滞留在庫が発生する

販売数量を予想できず予定から大きく変わるため、多めに用意するか予想を超えて欠品がおこる

安全在庫基準が担当者毎にばらばら

担当者毎のルール(方法)で在庫量をコントロールしており、問題在庫が頻発する

欠品は何があっても許されず常に多めに
在庫している

欠品を恐れて、明確な基準が無いまま多くの在庫を抱え、廃棄損も多く問題となっている

在庫管理・在庫削減「SynCAS PSI Visualizer」の魅力

在庫管理・在庫削減を行う「SynCAS PSI Visualizer」の最大の魅力は、「在庫削減の業務を効率化する」ことです。その理由をSynCAS PSI Visualizerの3つの特長からご紹介します。

詳しく見る

SynCAS PSI Visualizerの魅力

在庫管理・在庫削減「SynCAS PSI Visualizer」の導入までの流れ・資料請求

事前診断もできる!
導入までの流れとは?詳しく見る

製品についてよく分かる
紹介資料をお送りします!詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

SynCAS PSI Visualizer
  • 製品の特長などをまとめた製品紹介資料
  • 導入されたお客様の具体的な成功事例もご覧いただけます
    効率的な在庫コントロールを実現した消費財メーカーA社様、在庫を約30%も削減したオリンパス様、半年で在庫を約20%も削減した大倉工業様など

その他、デモ・トライアル・導入相談など、お問い合わせも受け付けております

TOP