ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ東日本

需要予測・需要動向・需要変動
セミナー動画

需要予測支援システム「Forecast Pro」

New

お知らせ

本ページに掲載の動画については、2022年10以前に制作したものは、旧製品名「ForecastPRO」の表記にしております。
※ForecastPROは、2022年10月より、新製品名「Forecast Pro」に変更になっています。

このページでは、弊社が過去に実施した需要予測や需要予測システム「Forecast Pro」に関連するオンラインセミナーをアーカイブで視聴することができます。見逃した方や、再度視聴したい方は、是非ご覧ください。

Forecast Pro Version 12のご紹介

「Forecast Pro Version 12」において、これまでの統計モデルに加え、機械学習AIモデル(XGBoost)を搭載し、さらなる予測精度の向上が可能になります。本セミナーにおいては、機械学習AIモデルを含むVersion 12の特長についてデモンストレーションを交えながらご紹介します。
また、需要予測システム導入に至るまでのステップや評価サービスについても併せてご説明します。
【YouTube:27分47秒】

需給調整業務 実践成功事例 オンラインセミナー動画シリーズ (全3回)

弊社が過去に実施した需給調整業務の成功事例に関するオンラインセミナーをアーカイブで視聴することができます。
見逃した方や、再度視聴したい方は、是非ご覧ください。

【 New 】《第三弾》「HARIO様」
予測精度向上と在庫分析でムダ激減!
KKDから脱却した業務革新

《第二弾》「フォーレスト様」
通販商品60万点の自動発注を実現した需要予測システム活用例

《第一弾》「いすゞ自動車様」
アフターサービスにおける需要予測・発注計画システム活用例

製造業においては、営業部門の販売計画に基づいて在庫計画や生産計画が立案されます。その際、販売計画の見通しが甘ければ在庫の過不足が発生しますが、高精度での需要予測は難しく、担当者のKKD(勘・経験・度胸)に依存しているケースが少なくありません。また、一度の欠品に過剰反応した結果、在庫基準値が必要以上に大きく設定されてしまい、在庫過剰が常態化しているケースも見られます。
本セッションでは、HARIO様の具体的な取り組み事例をもとに、需要予測・在庫計画システムの活用ポイントをご紹介します。
【セミナー実施日:2023/03/23】

新型コロナウイルス感染拡大に伴う巣ごもり需要により、通販業の売上は急増しています。しかし、業界内の競争は激しく、需要の変化をいち早くキャッチして顧客の求める商品をスピーディーに提供できなければ勝ち残れません。これを実現するため、事務用品通販のフォーレスト様はいち早く需要予測システムを導入し、現在では60万点もの商品の自動発注を実現しています。
本セッションでは、フォーレスト様が予測結果をどのように工夫して活用されているのか、具体的なケースを例にとってご紹介します。
【セミナー実施日:2023/02/03】

アフターサービスにおいて、アフターパーツの欠品は許されず即時納入が必須です。アフターパーツの即時納入は、エンドユーザ側のCSを向上させ、本体完成品のリピート購入に繋がります。一方、アフターパーツの供給側は、即時納入に対応するために過剰に在庫を保持する傾向にあり、即納率を維持しながら、在庫を抑えることが重要課題の一つになってます。
本セッションでは、「いすゞ自動車様」の実践事例を交えながら、需要予測・発注計画システムを効果的に使うためのポイントをご紹介します。
【セミナー実施日:2022/07/21】

Forecast Pro オンラインセミナー動画シリーズ (全3回)

弊社が過去に実施した需要予測システム「Forecast Pro」に関連するオンラインセミナーをアーカイブで視聴することができます。
見逃した方や、再度視聴したい方は、是非ご覧ください。

需要予測 更なる利活用のための
実践テクニック

食品スーパーマーケットにおける需要予測を活用した店舗発注業務の改善事例

【 New 】需要予測と在庫可視化の連携で効果倍増!

需要予測精度改善の実践テクニックをご紹介いたします。特に需要予測システム「Forecast Pro」の強みの一つである「重回帰分析」を解説いたします。需要に影響を与える要因は多岐に渡りますが、「重回帰分析」では、その影響度を定量的に評価する事で最小限の負荷で需要予測精度を上げる事が出来ます。
【セミナー実施日:2020/09/10】

動画の詳細を見る

食品スーパーでは、商品の店頭在庫数や売れ行きの見通しなどをもとに発注数を決める方法がとられてきました。担当者間での発注精度のバラツキは売上・利益の低下に直結してしまうリスクを有しています。アクシアルリテイリングでは、この店舗発注業務を需要予測をベースに自動化し、発注精度のバラツキを極力減らすとともに、発注作業と品出し作業の工数削減、そして過剰在庫の抑制を実現しています。
【セミナー実施日:2021/07/15】

近年、AI等が計算した需要予測のデータに基づいて生産計画や調達計画、在庫計画を立案する企業が増えています。将来の需要を高い精度で予測できれば機会損失や在庫過剰を起こすことなく、高い回転率で効率的な経営を実現できます。本セッションでは、需要予測システム「Forecast Pro」と在庫可視化システム「SynCAS PSI Visualizer」を連携させて最大限の効果を上げる方法について解説します。
【セミナー実施日:2023/07/21】

お問い合わせ・資料請求

TOP