ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ東日本

導入パターン

需要予測支援システム「ForecastPRO」

ForecastPRO導入パターン

導入パターン①
(スモールスタート)

導入パターン②
(レンタル事前評価)

導入パターン③
(予測モデル構築)

導入パターン④
(個別システム構築)

できるだけ早く、使用環境を整えて業務で活用できるようにしたい。既に業務の中でツールの活用イメージが明確になっている場合

導入前のお客様データでツールの有効性を検証してから正式導入を決めたい場合

予測精度向上等の予測モデル構築支援を受けて導入を進めたい場合

お客様固有の予測発注システムを構築する場合

導入
内容

ForecastPRO /
トレーニング

ForecastPRO
(レンタル) /
トレーニング

ForecastPRO /
トレーニング
需要予測分析

ForecastPRO /
トレーニング
需要予測分析 / SynCAS

導入
期間

1ヶ月~

3ヶ月~

3ヶ月~

6ヶ月~

導入
ユーザ

食品スーパー様
店舗自動発注への活用、発注業務工数半減を実現

医療メーカー様
経営判断や調達・物流システムへの活用
99.5%の予測精度を実現

精密機器メーカー様
製品在庫のモニタリング・受給調整への活用
導入2年で在庫金額30%削減を実現

自動車メーカー様
サービスパーツ発注業務への活用
即納率98%、バックオーダー半減を実現

ホームセンター様
店舗自動発注への活用、店舗スタッフのモチベーション向上
・試験店舗での2割
在庫圧縮を実現

お問い合わせ・資料請求

ForecastPRO
  • 製品の詳しい説明やForecastPROの参考価格表など
  • 導入されたお客様の具体的な成功事例もご覧いただけます
    即納率98%を実現したいすゞ自動車様、欠品率を8割削減したサラヤ様99.5%の高精度な需要予測を実現したツムラ様、在庫を約30%も削減したオリンパス様の事例など

その他、デモ・トライアル・導入相談など、お問い合わせも受け付けております

TOP