ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ東日本

導入までの流れ

工程管理・プロジェクト管理業務を効率化する
プロジェクト管理システム「SynViz S2」

導入までの流れ

■◇■SynViz S2を導入いただく一般的な流れをご説明いたします。■◇■

お問い合わせ

まずは、こちらのページから資料請求、お問い合わせをお願いいたします。
弊社主催のハンズオンセミナー(無料)にお申し込み頂き、直接製品を触って頂くことも可能です。

ご訪問・ご要望ヒアリング

お客様先へご訪問し、SynViz S2の詳細説明・製品デモを行います。
お客様の現在の工程管理・プロジェクト管理における課題をお聞かせ下さい。

解決策のご提案・製品試行

お伺いした課題を元に、SynViz S2による解決策をご提案致します。
あらかじめお客様の工程表を頂ければ、SynViz S2での実現イメージを確認頂くことも可能です。
SynViz S2で出来ること・出来ないことの評価を行い、どのような業務改善効果が得られそうなのかをご確認頂きます。
SynViz S2の評価環境を利用することも可能です。(オンプレミス/SaaS両環境とも可能です)

導入検討お見積り

SynViz S2について十分ご納得頂けましたら、お見積りをご提示致します。
製品費用と合わせ、必要に応じ導入支援/適用設計費用、アドオン開発費用、保守サポート費用などをお見積り致します。
お見積りにあたっては、弊社の作業範囲についてあらためてヒアリング致します。

導入とトレーニング

導入後、ご担当者様へのトレーニングを行います。

事前に製品を体験できる
ハンズオンセミナー開催中!詳しく見る

製品についてよく分かる
紹介資料をお送りします!詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

SynViz S2
  • 製品の特長などをまとめた製品紹介資料
  • 導入されたお客様の具体的な成功事例もご覧いただけます
    株式会社アイネス様、日立製作所などのお客様インタビュー
  • 製造業(個別受注生産・多品種少量生産)、システム開発業、建設・工事業の工程管理システムの比較表フォーマット(どんな項目で比較すべきかがわかる!)

その他、デモ・トライアル・導入相談など、お問い合わせも受け付けております

TOP