ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

開催概要

《移動不要!ご自身の席や貴社の会議室がセミナー会場になり、全国どこでも参加可能です!》

日時 2021年08月04日(水) 11:00~15:00
会場 オンライン(インターネットに接続していれば全国どこでも受講可能)
主催 株式会社日立システムズ
協力 株式会社サトー
共催 株式会社日立製作所/株式会社日立ソリューションズ東日本
定員 20名
受講料 無料(事前登録制)

プログラム

11:00~15:00
(240分)

「ヒト・モノ・コトの情報を魔法のように収集できる!」
~高精度位置即位技術Quuppa~

(主に製造業のお客様向け)
生産現場において位置情報が正確に収集されることで、業務はどう改善されるのか?
第1部では、高精度位置測位技術Quuppaによる実績情報の収集改革についてお話します。

「FutureStageで始める全社情報連携」
~生産・販売管理システムFutureStage~

(卸売業・製造業のお客様向け)
日々発生する製造実績データを蓄積し分析したり、入力を自動化することで現場業務は加速度的に
改善されてゆきます。第2部では、日立システムズが提供する生産・販売管理システムFutureStageで
現場業務をどのようにデジタル化し、改善に結びつけていけるかをご説明します。

「これが本当の在庫の可視化だ!」
~PSI Visualizer~

(卸売業・製造業のお客様向け)
「この商品の過去1年間の在庫推移傾向値は?」と聞かれてもエビデンスを添えて客観的に答えられる
人はほとんどいないでしょう。しかしPSI Visualizerなら、配属3日目の社員にもそんな離れ業が可能になります。第3部では、在庫可視化システムPSI Visualizerによる在庫管理のDxについてお話しします。

「製造現場のボトルネックを可視化し、カイゼン活動を加速」
~Lumada Manufacturing Insights~

(製造業のお客様向け)
製造現場で日々発生する問題が即座に正確に把握できず、意思決定が遅れることで、リードタイムの
悪化や稼働率の悪化を招いていませんか。
第4部では、短期間かつスモールスタートで、4Mデータを収集し、現場状況を見える化。
デジタル技術を用いた生産状況の定量的な把握・分析により、カイゼン活動を加速する製造業向け
サービス「Lumada Manufacturing Insights」のユースケースを交えて紹介します。

本セミナーの受講形態

開催日の11:00~15:00の間であれば、4セッションをすべてご自由にご覧いただくことが可能です。

お申し込み

◆Webセミナーについて、株式会社日立システムズのWebサイトからお申し込みいただけます。
 下記ボタンをクリックしていただき、セミナーのお申し込みページへお進み下さい。


お問合せ先

株式会社 日立ソリューションズ東日本 セミナー事務局 担当:中野・福澤

お問い合わせへの回答は、電子メールで対応させていただきます。
お名前、会社名(組織・団体名)、ご所属、ご連絡先などをお忘れのないようご入力下さい。