ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

受付終了のご案内:本セミナーは定員に達したため、受付を終了いたしました。
多数の皆様のお申込み、ありがとうございました。

開催概要

《移動不要!ご自身の席や貴社の会議室がセミナー会場になり、全国どこでも参加可能です!》

日時 2021年07月15日(木) 13:00~14:00
会場 オンライン(インターネットに接続していれば全国どこでも受講可能)
受講に必要な環境 インターネットに接続したPC(またはタブレットやスマートフォン)
定員 50名
受講料 無料

プログラム

13:00~14:00
(60分)

《第四弾》需要予測活用セミナー
~食品スーパーマーケットにおける需要予測を活用した店舗発注業務の改善事例~

 従来一般的な食品スーパーでは、商品の店頭在庫数や売れ行きの見通しなどをもとに各店舗の各部門担当者が発注数を決める方法がとられてきました。発注数=入荷品揃え数が現実の売れ行きと大きく異なってしまうと、過剰在庫にともなう値下げ廃棄ロス、あるいは品切れによる販売機会ロスが発生する為、常に精度の高い発注数の起案が求められます。
この精度の高さは、どうしても担当者一人ひとりの熟練度に依存しがちで、担当者間での発注精度のバラツキが部門や店舗での売上・利益の低下に直結してしまうリスクを有しています。
この問題の是正には発注作業の教育に多くの負荷がかかると同時に、発注担当者の精神的な負荷にもなってきました。アクシアル リテイリングでは、この店舗発注業務を需要予測をベースに自動化し、発注精度のバラツキを極力減らすとともに、発注作業と品出し作業の工数削減、そして過剰在庫の抑制を実現しています。
本セッションでは、店舗自動発注における需要予測の活用ポイントを成功事例と共にご紹介します。また、セッション後半では、需要予測エンジンである「ForecastPRO」についてデモンストレーションを交えご紹介します。

【本セミナーは以下の様な方にお奨めします】

・店舗での発注・品出し業務効率を改善したい(接客やキャンペーン企画などの業務へのシフト)
・店舗需要動向を考慮した発注量を自動算出したい
・売り場フェイシング(最大/最小陳列数)を考慮した発注量を自動算出したい
・バックルームや倉庫などの在庫適正化を図りたい

※プログラム内容は予告なく変更になる場合があります。

お問合せ先

株式会社 日立ソリューションズ東日本 セミナー事務局 担当:中野・福澤

お問い合わせへの回答は、電子メールで対応させていただきます。
お名前、会社名(組織・団体名)、ご所属、ご連絡先などをお忘れのないようご入力下さい。