ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

受付終了のご案内:本セミナーは定員に達したため、受付を終了いたしました。
多数の皆様のお申込み、ありがとうございました。

開催概要

《移動不要!ご自身の席や貴社の会議室がセミナー会場になり、全国どこでも参加可能です!》

日時 2020年11月26日(木) 14:00~15:20
参加方法 本セミナーはWEBでの実施になります。
インターネットに接続できる環境(パソコン等)があれば、どこからでも気軽にご参加いただけます。
※セミナー開催前日にお申込時のメールアドレス宛に視聴方法を別途ご案内いたします。
共催 NCS&A株式会社
定員 50名
※定員になり次第、締切とさせていただきます。
※本セミナーは、法人向けエンドユーザ様を対象としたWEBセミナーとなっております。
 個人の方、同業の企業様、コンサルティングファームの方のお申込みにつきましては
 ご遠慮頂いております。あらかじめご了承ください。
受講料 無料

プログラム

14:00~14:45
(45分)

在庫可視化活用セミナー
~大量データにおける在庫分析・適正化実践テクニックのご紹介~

 製造・流通業では、数多くの商品を取り扱っており、倉庫や営業所などの在庫拠点まで含めるとSKU(在庫管理対象品)は膨大な数となります。そのため人手やEXCELなどツールでは限界があり、膨大なSKUを一括把握し、効率的・直感的な分析・改善検討ができるツールが求られています。(前回《第一・二弾》在庫可視化活用セミナーでは、主に在庫推移サムネイルや詳細PSIチャートでの特定SKUについての在庫分析を中心に解説しました。)
 本セッションでは、膨大なSKUの分析・適正化に有効なLocator(散布図分析)の活用テクニックについて事例を交えてながら解説いたします。PSI Visualizer導入ユーザ様、導入をご検討中の方は必見です!

14:45~14:50
(5分)

休憩

14:50~15:20
(30分)

在庫の見える化しませんか?
~失敗しない在庫可視化・適正化ソリューションVisualizer導入のSTEPと、部門間連携による
 在庫改善成功事例のご紹介~

 在庫管理の最適化を図るためには、営業部門の販売見込み情報や、生産部門の生産情報、購買部門の調達情報など部門間の情報連携が重要です。そのためには、社内業務システムとのデータ連携が必要不可欠となります。
 本セッションでは、PSI Visualizerと社内業務システムとのデータ連携方法など導入作業の具体的な進め方について、導入支援サービスと併せてご紹介します。また、Visualizerを利用した部門間連携による在庫課題解決へ向けた実際の取り組み事例についてもご紹介します。

※プログラム内容は予告なく変更になる場合があります。

お問合せ先

株式会社 日立ソリューションズ東日本 セミナー事務局 担当:中野・福澤

お問い合わせへの回答は、電子メールで対応させていただきます。
お名前、会社名(組織・団体名)、ご所属、ご連絡先などをお忘れのないようご入力下さい。