ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

「WellLine」の特長3「設備と作業員の稼働を同時に確認できる」

WellLineを使用すると、設備と人の稼働関係を把握することができます。

WellLineが無いと

もし、既に何らかの設備稼働をガントチャート化する仕組みを導入していたとしても一般的な設備稼働ガントチャートの場合、例えば、設備がどれくらい止まったを確認することはできますが、復旧作業に実際に費やした時間は分かりません。
なんらかの理由で作業着手に遅れが発生していたとしても、その事に気がつくには現場の方々のヒアリングを行う必要があり、時間と労力が必要になってしまいます。

WellLineが無いと…

WellLineを導入すれば

WellLineでは、設備の稼働ステータスだけでなく、マシンオペレータのような人の作業と位置を記録できます。それらの情報を「人・設備チャート」で合わせて見ることで設備と人の作業の関係を可視化することができます。
人・設備チャートを見ることで、現場のヒアリングなどに時間を割かなくても、作業着手の遅延などタイムラグを発見することができ、改善すべきポイントも分かりやすくなります。

WellLineを導入すれば…

詳しい資料・お問い合わせ

生産効率・べき動率改善「WellLine」に関する
資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ

セミナー/展示会