ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

「WellLine」の特長2「分析のスペシャリストでなくても改善点を読み取れる」

WellLineを導入することで、分析のスペシャリストでなくても改善点を読み取ることができます。

WellLineが無いと

センサーなどのIoTデバイスから収集したデータは、記号や数字の羅列であったり、大量であることから、不慣れな人には扱いにくいものです。

また、試行錯誤しながのデータ分析を行うには、経験と時間を要します。
データ活用による改善点の発見には期待するところですが、本来の業務を持つ現場担当者としては、分析にそれほど時間を割くことができないのが実情ではないでしょうか?

WellLineが無いと…

WellLineを導入すれば

WellLineは、現場で発生したIoTデバイスのデータを収集・蓄積する過程で、より分かりやすいデータに変換します。例えば、当該のステータス(状態)の開始・終了時間や、可動率などの生産性の目安となる指標を計算します。

更に、データを見やすい様式のチャートで可視化できますので、データ分析に費やす時間がない方や数値の読み解きに自信のない方でも、始業時や終業前の数分間で最近の稼働を振り返り、簡単に状況を把握することができます。

また、設備稼働のガントチャートだけで、そこに潜む課題に気付くのは困難ですが、それを維持する作業などと合わせて見ることで課題に気づきやすくなります。「人・設備チャート」はその為にご活用いただけます。
(⇒特長3:「設備と作業員の稼働を同時に確認できる」)

WellLineを導入すれば…

詳しい資料・お問い合わせ

生産効率・べき動率改善「WellLine」に関する
資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ

セミナー/展示会