ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ東日本

SynViz S2の提供方法について

工程管理・プロジェクト管理業務を効率化する
プロジェクト管理システム「SynViz S2」

SynViz S2 提供方法

SynViz S2はクラウド版・オンプレミス版の2種類の提供方法をご用意しております。お客様の環境に合わせてご検討ください。

外部メンバとの共有/初期投資低減/
すぐに始めたいお客様へ

クラウドサービス版

ネットワークが異なる外部のメンバや取引先との進捗管理や、すぐにそのまま活用したいお客様向けです。

外部メンバを含めた進捗の一元管理
インターネットがつながる環境であれば、ネットワークが異なるメンバとも進捗管理/共有ができるため、真の一元管理を実現可能です。
進捗状況をグローバルに参照・更新・活用
日本語・英語に対応しており、海外拠点/メンバとの進捗管理も可能です。

業務適合度向上/システム連携/
社内利用したいお客様へ

オンプレミス版

既存システムとより密なデータ連携や、利用社様独自の画面開発を行い、業務への適合度向上を狙いたいお客様向けです。

オリジナル機能画面の追加開発が可能
お客様の業務/用途に合わせ、標準機能にはない画面の追加開発ができます。他システムとのデータ連携と併せて開発することで、よりお客様の業務シナリオに適合しご活用いただけます。
自部門の負荷状況の予定/実績画面の実現も可能
例えば、組織別山積み画面により、自部門の負荷状況について予定と実績とを並べて表示することができます。

お問い合わせ・資料請求

SynViz S2
  • 製品の特長などをまとめた製品紹介資料
  • 導入されたお客様の具体的な成功事例もご覧いただけます
    株式会社アイネス様、日立製作所などのお客様インタビュー
  • 製造業(個別受注生産・多品種少量生産)、システム開発業、建設・工事業の工程管理システムの比較表フォーマット(どんな項目で比較すべきかがわかる!)

その他、デモ・トライアル・導入相談など、お問い合わせも受け付けております

TOP