ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

生産日程計画・スケジューリングをシステム化したいお客様へ

概要
現状 「現在の手作業でのスケジューリングは、無駄が多いのではないか?」
「月次の生産計画しかなく、製造現場に仕掛在庫が多く発生し、納期も守れていない。」
「設備や製造順序など、制約条件を加味した生産日程計画を必要としている。」
導入後 SynPLA 導入によって
計画立案に費やす時間を大幅削減

手作業では無駄が多く、詳細な生産日程計画が出来ない

飛び込み作業への対応に追われているお客様へ

概要
現状
  • せっかく苦労して立てた計画もムダになってしまう
  • 現在のシステムがフレキシブルに対応できない
導入後 SynPLA導入によって
計画立案に費やす時間を大幅削減

計画立案に費やす時間を大幅削減

制約条件を生産日程計画に反映したいお客様へ

概要
現状
  • 基幹システムでは、制約条件を生産日程計画に反映できない
  • パッケージのものでは、制約条件を反映できない
導入後 SynPLA導入によって
細やかな制約条件を反映した生産日程計画立案

基幹システムでは制約条件を生産日程計画に反映できず、パッケージでは物足りない

既存の基幹システムと連携したい

概要
現状 「ERPやMESとの連携ができていない」
導入後 SynPLA導入によって
基幹システムと実施系システムが迅速に同期して機能する生産計画システムの構築が可能

SynPLAコンセプト

お問い合わせ・資料請求

生産計画ソリューションSynPLA
に関する資料請求・お問い合わせはこちら