ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

SynPLAとは

SynPLAは、製造現場が実現可能な生産日程計画を立案するための、多彩なスケジューリングロジックを搭載したパッケージソフトウェアです。段取り・冶具・バッチ設備・サブリソース等の制約条件を考慮した自動立案と対話シミュレーション、そして実績のタイムリーな反映で、計画と実績の乖離を解消します。立案結果を仕掛在庫数、納期遅れ数等の様々な視点から評価・分析することが可能です。

多様な生産形態に対応するスケジューリングロジック

多様な顧客ニーズに応えるため、製造業は少品種大量生産から多品種少量生産へと変化してきました。また、販売機会損失の低減や在庫削減のため、生産計画立案サイクルは月次から週次、日次へと変化しています。 SynPLA は、このような多様な生産形態には、実用性の高いスケジューリング・ロジックと制約条件設定機能により対応します。また、マニュアル調整機能や実績反映スケジューリング機能により、時々刻々と変化するお客様からの要求と製造現場における進捗実績を反映したスケジューリングを可能にします。

多様な生産形態に対応するスケジューリングロジック

課題に応じた生産日程計画シナリオを容易に立案

サプライチェーンの最適化のために、生産日程計画担当者は「納期を厳守したい」、「仕掛在庫を低減したい」といった様々な課題に直面します。SynPLAは自動計画立案、ガントチャートにおけるマニュアル調製により課題に応じた生産日程計画シナリオを容易に立案できます。また、目的別ガントチャートに加え、レーダーチャートや仕掛在庫グラフ、負荷グラフ等を用いた計画結果の評価機能により、生産日程計画担当者は立案したシナリオを多面的に評価し、最適な計画に基づいて製造を指示できます。

主要な基幹システム/MESとの連携・拡張が可能

システム間の連携は、生産日程計画システムの導入時に考慮すべき重要な要素であり、SynPLAは、主要な基幹システムやMESとの連携が可能です。ERP-SynPLA-MES連携によって市場と進捗・実績を反映した計画の立案と作業指示が可能となり、生産日程計画機能は大幅に向上します。また、SynPLAの優れたソフトウェア構造は、プラグインによる生産スケジューリング・ロジックの追加を可能とし、ユーザ固有の管理形態にも対応が可能です。

シフトパターン変更画面

お客様のシステムに合わせた導入形態

スタンドアロン型のシステムとして運用することも、クライアント・サーバ型のシステムとして運用することもできます。計画担当者が立案した計画を、製造担当者がクライアント上で作業指示として確認、計画担当者は生産現場の状況に応じて生産日程計画に調製を加えます。また、基幹システムから受け取る受注・資材所要量・調達情報をもとに生産日程計画を立案すると共に、MESと計画と実績を共有し、計画と製造実施の同期化と可視化を支援します。

設備別計画結果評価画面

コンサルテーションによる短期間でのシステム構築

SynPLAは、パッケージ製品です。パッケージを踏まえたコンサルテーションにより大幅に構築期間を短縮、最早3ヶ月で導入が可能です。

事業のグローバル展開を支援

当社は、世界のお客様に生産計画ソリューションを提供しています。生産計画ソリューションの納入実績は、2004年10月現在120社、600セット(海外への導入実績は14カ国、80セット)となっております。現在、英語および日本語に対応し、他の言語へも順次対応する計画です。リモート保守・パートナー連携をとおして、お客様のグローバル展開を支援します。

お問い合わせ・資料請求

生産計画ソリューションSynPLA
に関する資料請求・お問い合わせはこちら