ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

FAQ

発生しやすい現象と対応方法

導入関係

Question:質問

1.申し込んでから導入までの目安の時間を教えて下さい。

Answer:回答

申込書の受取り後、5営業日程度でID書を発送しております。
なお、試行ユーザ様は試行のIDと環境を引続きお使いいただけます。

Question:質問

2.急にアカウントやディスク容量が追加で必要になった場合はどの程度の期間で対応していただけるのでしょうか?

Answer:回答

変更申込をしていただいた後、以下の期間で対応致します。

ディスク容量変更
1~3営業日程度で対応致します。
ユーザIDの追加変更
5営業日程度でユーザIDのリストを郵送にて発送しております。

Question:質問

3.機器の購入や管理費用は必要でしょうか?

Answer:回答

以下の前提環境を満たすインターネット接続可能なPCがあれば、新たな設備投資や、管理費用は一切不要です。

<前提環境>
OS : WindowsXP SP2以降 / Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1 / Windows 10
ブラウザ :Internet Explorer 8 / Internet Explorer 9 / Internet Explorer 10 / Internet Explorer 11(全て32bit 版のみ)

Question:質問

4.利用人数や期間が予測できないのですが、利用規模に変更がある場合はどのくらいの期間で対応していただけるのでしょうか?

Answer:回答

変更申込をしていただいた後、3営業日程度で対応致します。

Question:質問

5.初期導入費用はいくらかかりますか?

Answer:回答

ヘルプデスクのご利用を含め、初期導入費は一切不要です。

Question:質問

6.当サービスの基本サービスで、ウイルス検査、ログ保管、バックアップ処理が含まれているのでしょうか?また、別途費用が発生するオプションサービスがあるのでしょうか?あれば、その費用と内容を教えてください。

Answer:回答

基本サービスでは以下のサービスを提供しております。なお、以下のサービスはすべて、月額費用に含まれております。

データバックアップサービス
全データを2世代分バックアップしております。
ウィルス検査サービス
全データファイルに対しウィルスの全スキャンを行っております。ウィルスが確認された場合はウィルスが含まれたファイルを自動で隔離します。
隔離後に、システム管理者様宛に、お電話とメールにてご連絡を差し上げ、処置判断を御社に確認いたします。
ログ保管サービス
OnScheduleの全操作ログをシステム管理者様がオンライン上でご確認いただけます。
なお、操作ログはシステム管理者様が削除しない限り、保存され続けます。

<確認方法>

  1. システム管理者画面の「ログ」タブを開きます。
  2. 操作ログの一覧リストが表示されるので、ファイル名をクリックします。
  3. 操作ログの内容が画面に表示されます。

Question:質問

7.ユーザの一括登録については、システム管理者が行えるのでしょうか?実行出来ない場合は、その運用方法を教えてください。

Answer:回答

ユーザの一括登録は、ユーザ、システム管理者ともに行えません。
ご要望の場合は、弊社にご依頼いただければ、対応致します。

環境

Question:質問

8.Internet Explorerの設定で注意すべきところはありますか?

Answer:回答

Internet Explorer の設定によっては、以下のような問題が発生する場合がありますので、それぞれの対処について説明します。

ページが変わらない事がある。

Internet Explorer のインターネット一時ファイルの設定が、ページの確認が [確認しない] になっている場合に発生します。

<Internet Explorer 6 の場合>

  1. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [全般] タブの [インターネット一時ファイル] の [設定] をクリックします。
  3. [保存しているページの新しいバージョンの確認] の [確認しない] 以外の [自動的に確認する] 等のラジオボタンをオンにします。

<Internet Explorer 7,8,9 の場合>

  1. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [全般] タブの [閲覧の履歴] の [設定] をクリックします。
  3. [インターネット一時ファイル] の [保存しているページの新しいバージョンの確認] の [確認しない] 以外の [自動的に確認する] 等のラジオボタンをオンにします。

<Internet Explorer 10,11 の場合>

     
  1. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [全般] タブの [閲覧の履歴] の [設定] をクリックします。
  3. [インターネット一時ファイル] タブの [保存しているページの新しいバージョンがあるかどうかの確認] の [確認しない] 以外の [自動的に確認する] 等のラジオボタンをオンにします。

Java Scriptが実行されない
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。 
  4. [このゾーンのセキュリティのレベル] の [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  5. [スクリプト] の [アクティブ スクリプト] の [有効にする] を選択します。
フォームタブや書類タブが表示されない(Internet Explorer 6をご使用の場合のみ)
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. [このゾーンのセキュリティのレベル] の [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  5. [ActiveX コントロールとプラグイン] の [ActiveX コントロールとプラグインの実行] の [有効にする] を選択します。
  6. [ActiveX コントロールとプラグイン] の [ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示] の [有効にする] を選択します。
  7. [ActiveX コントロールとプラグイン] の [スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行] の [有効にする] を選択します。
ActiveXがインストールされないためスケジュール画面やフォームの統計画面の操作が行えなくなる
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. [このゾーンのセキュリティのレベル] の [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  5. [ActiveX コントロールとプラグイン] の [署名された ActiveX コントロールのダウンロード] の [ダイアログを表示する] を選択します。
SSLで暗号化されたページからの書類のダウンロードに失敗する
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。
  4. [暗号化されたページをディスクに保存しない」 を非選択にします。

Question:質問

9.OnScheduleを使用するうえで、前提となる条件(ブラウザ等)はありますか?

Answer:回答

OnScheduleでは以下の環境のご利用を推奨いたします。ブラウザのバージョンや設定によってはサービスをご利用いただけない場合があります。

<ハードウェア> 
以下のソフトウェアが稼動するパソコン

<ソフトウェア>
ブラウザ: Internet Explorer 6,7,8,9,10,11のいずれか
※ Internet Explorer 9,10,11を推奨

その他のブラウザについては、下記のFAQを参照してください。

Question:質問

10.画面の更新を行っても、画面表示が変わらない事があります。

Answer:回答

<原因>

前回アクセスした時の画面情報が一時ファイルとして残っていることで、本現象が発生する場合があります。Internet Explorer のインターネット一時ファイルの設定において、ページの確認が [確認しない] になっている場合は、以下の手順を実行して下さい。

<対処方法>

Internet Explorer 6 の場合
  1. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [全般] タブの [インターネット一時ファイル] の [設定] をクリックします。
  3. [保存しているページの新しいバージョンの確認] で [確認しない] 以外の [自動的に確認する] 等のラジオボタンをオンにします。
Internet Explorer 7,8,9 の場合
  1. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [全般] タブの [閲覧の履歴] の [設定] をクリックします。
  3. [インターネット一時ファイル] の [保存しているページの新しいバージョンの確認] で [確認しない] 以外の [自動的に確認する] 等のラジオボタンをオンにします。

Internet Explorer 10,11 の場合

  1. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [全般] タブの [閲覧の履歴] の [設定] をクリックします。
  3. [インターネット一時ファイル] タブの [保存しているページの新しいバージョンがあるかどうかの確認] の [確認しない] 以外の [自動的に確認する] 等のラジオボタンをオンにします。

Question:質問

11.スケジュール画面でタスク名等に大文字(シフトキー操作)を入力しようとするとCPUループ状態になって動作しなくなる場合があります。

Answer:回答

<原因>

他のアドオンツールバー(Googleツールバー等)をインストールしていると発生することがあります。

<対処方法>

ブラウザで選択した文字列を自動的にツールバーのキーワード検索欄に入力させる機能をオフにすることで、回避できる可能性があります。

Googleツールバーの場合、以下の手順を実行して下さい。
  1. Googleツールバーの [設定] をクリックします。
  2. [全般] タブの [さまざまな検索] の [ハイライトされたテキストを検索ボックスに自動的に表示する] チェックをオフにします。
  3. [保存] ボタンをクリックします。

    上記設定を行っても問題が発生する場合、アドオンツールバーをアンインストールすると回避できる可能性があります。

Question:質問

12.Windowsターミナルサービスでスケジュール画面が動作しません。

Answer:回答

<原因>

スケジュール画面と統計画面では ActiveX を使用しています。
現時点では、OnScheduleのActiveX は Windowsターミナルサービス に未対応のため、OnSchedule のスケジュール画面と統計画面は動作しません。

<対処方法>

スケジュール画面と統計画面の使用したい場合は、Windowsターミナルサービス 以外のクライアントPCから行うようにしてください。

Question:質問

13.OnScheduleを使用しようとしたが、画面に何も表示されず操作することができません。

Answer:回答

<原因>

Internet Explorer で JavaScript が有効になっていない場合に発生します。

<対処方法>

Internet Explorer の設定による動作する場合があります。

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. [このゾーンのセキュリティのレベル] の [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  5. [スクリプト] の [アクティブ スクリプト] の [有効にする] を選択します。

Question:質問

14.スケジュール編集画面を開いたが何も表示されていません。

Answer:回答

<原因>

Windowsターミナルサービスではスケジュール画面および、統計画面を表示することはできません。
Windowsターミナルサービス以外の環境の場合は、ActiveXの実行が可能になっていない可能性があります。

<対処方法>

Windowsターミナルサービス以外の場合は、Internet Explorer の設定について確認し、必要であれば設定を変更してください。

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. [このゾーンのセキュリティのレベル] の [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  5. [ActiveX コントロールとプラグイン] の [ActiveX コントロールとプラグインの実行] の [有効にする] がONになっているか確認してください。ONになっていない場合は、ON に設定してください。

Question:質問

15.書類のダウンロードに失敗する場合があります。

Answer:回答

<原因>

セキュリティの設定により書類のダウンロードが失敗する場合があります。

<対処方法>

Internet Explorer の設定を確認して下さい。

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション]をクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。
  4. [暗号化されたページをディスクに保存しない] を確認する。
    ここが、選択になっている場合に発生します。
<対処1>
上記を非選択にします。
<対処2>
書類をダウンロードする時に「開く」ではなく「保存」を選択して一旦ダウンロードしてください。

Question:質問

16.iPad等のタブレット端末で使用可能ですか?

Answer:回答

iPad等のタブレット端末や、Android端末についてはサポート対象外となります。
基本的な機能は利用できる場合がありますが、下記の制限を確認しています。
他にも制限がある可能性ありますのでご注意ください。

  • ファイルのアップロード機能は使用できません。
  • ファイルのダウンロードで参照できますが、保存はできません。(iOS 6.0 未満の場合のみ)
  • 拡大操作をすると画面が崩れる場合があります。

Question:質問

17.Internet Explorer以外のブラウザでも動作しますか?

Answer:回答

FireFox、Safari、Edgeについては、基本的な機能を利用できる場合がありますが、 下記の制限を確認しています。
他にも制限がある可能性ありますのでご注意ください。

  • スケジュール機能や統計情報の表示等ActiveXを前提にしている機能はInternet Explorer以外のブラウザでは動作しません。

Question:質問

18.パスワードポリシーはどうなっていますか?

Answer:回答

TWX-21のポリシーに従っています。
文字:8文字以上で半角英数字が混在している必要があります。
有効期限:90日
※90日を超過した場合は、パスワード強制変更画面へ遷移します。
パスワード変更後ログイン可能となります。

Question:質問

19.WebAPIを利用したプログラムを実行するとき、特別な手順がありますか?

Answer:回答

TWX-21 Portalおよび、OnScheduleとの通信はHTTPS通信となります。そのため、開発言語によっては、実行環境にTWX-21 Portalおよび、OnScheduleのサーバ証明書のインストールが必要となる場合があります。
インストールが必要な場合は、ご利用のブラウザにインストールされている証明書のうち、発行先が

     
  • portal.twx-21.hitachi.ne.jp
  • onschedule.twx-21.com

となっている証明書をエクスポートし、実行環境にインストールして実行してください。

上限値、制限事項

Question:質問

20.OnScheduleにファイルを登録しようとしたらできませんでした。何か制限があるのでしょうか?

Answer:回答

OnScheduleでは、セキュリティの観点から以下の実行形式のファイルはご登録いただけません。

<登録できないファイル>

  • COM (MS-DOS 実行ファイル形式)
  • EXE (MS-DOS、Windows 実行ファイル形式)
  • BAT (MS-DOS、Window バッチファイル形式)
  • CMD (Window NT 系 バッチファイル形式)
  • VBS (Visual Basic Script ファイル形式)
  • VBE (Visual Basic Script ファイル形式)
  • JS (Java Script ファイル形式)
  • JSE (Java Script ファイル形式)
  • WSF (Windows 用スクリプトファイル形式)/
  • WSH (Windows Script Host ファイル形式)

Question:質問

21.ファイルの登録について、ファイルの上限サイズはありますか?

Answer:回答

1ファイルのアップロードの上限サイズは1,024Mバイトとしております。
1,024Mバイトを超えるファイルはアップロードしないでください。

Question:質問

22.OnSchedule を使う場合、各種項目数に関して推奨値や上限値はありますか?

Answer:回答

推奨値については以下を参照ください。

タブの数
10-20(運用に応じて)としてください。多くなるとタブ表示の為、スクロール操作が必要になります。
書類タブ内のドキュメント数
300程度としてください。多くなると画面表示が遅くなります。
フォームタブ,ディスカッションタブ内のデータ件数
500程度としてください。多くなっても一度に表示する項目数は制御していますが、検索/抽出および、統計操作の実行時間が長くなります。
プロジェクト数、プロジェクトグループ数
100程度としてください。多くなると一覧画面の表示が遅くなります。
一つのフォームに付加できる属性別の項目数
1つの画面に収まる範囲(10~15)としてください。

なお、各項目の上限値は下記になっています。タブの数、ホームタブに登録できる更新情報の数以外は、途中で削除された項目も含めて下記の数以上は作成できません。

  • タブの数:100個
  • 書類欄内のドキュメント数:9999
  • 書類欄の上限値:999
  • フォームタブ,ディスカッションタブ内のデータ件数:9999
  • ホームタブに登録される更新情報:99
  • プロジェクト数:9999
  • プロジェクトグループ数:999
  • 一つのフォームに付加できる項目数:9999
  • 書類の更新履歴:9999
  • ドキュメントの備考欄の文字数:500

Question:質問

23.複数ファイルを一括でアップロード、ダウンロードできる機能はありませんか?

Answer:回答

 システム管理者またはプロジェクト管理者のみ利用できます。
詳細は「OnSchedule管理者マニュアル」を参照してください。

 ただし、一括アップロード、ダウンロードの対象は以下となります。
ディスカッション/フォームタブに登録されているファイルは対象外です。

  • 書類タブ
  • 共有書庫タブ
  • 進捗タブの書類欄「工程状況報告」

 また、この機能で扱うZIPファイルの文字コードはUTF-8であり、一般の圧縮、解凍ツールを利用すると文字化けします。その為、専用のツールを提供しています。詳細は「OnSchedule管理者マニュアル」を参照してください。

なお、本機能を使用する場合、ディスク上に一時的に作業領域を作成するため、全体のディスク使用量が増加し契約容量を超える可能性があります。その場合、一括ダウンロード機能では使用量の上限チェックは行わないので、実行できますが、その他の操作で書類のアップロードが出来なくなる可能性はあります。又、本機能使用中に中断した場合は、無効領域が残る可能性がありますので、「システム管理」-「使用状況」タブで不要ファイルを削除してください。

別途、月額 \10,000 のWebAPIオプションを契約していただければ、一般のユーザでも複数ファイルを一括でアップロード、ダウンロードできるツールをご利用いただけます。

Question:質問

24.クライアントのIPアドレスやドメインでアクセスを制限できますか?

Answer:回答

 「システム」タブで「クライアントドメイン」と「クライアントIP アドレス」を設定することにより、OnSchedule へ接続可能なIP アドレスを制限することで、自宅やインターネットカフェからのデータダウンロードによる情報漏洩を防ぐことができます。

システム管理⇒システム設定の「クライアントドメイン/クライアントIPアドレス」にログインできる「ドメイン/IPアドレス」を設定できます。

詳細な設定方法については「管理者マニュアル-アクセス可能クライアントドメイン・IP アドレスの設定」をご参照してください。

発生しやすい現象と対応方法

Question:質問

25.フォームタブ、ディスカッションタブ、書類タブ等から画面が表示できなかったり、通知メール送信画面を開けません。

Answer:回答

<原因>

OnScheduleのバージョンアップに伴い、各画面で利用するスクリプトファイルが更新されました。
インターネット一時ファイルとして保存されている、旧バージョンのスクリプトファイルが参照されている場合に本現象が発生いたします。

<対象>

2013年9月9日以前からOnScheduleをご利用のお客様のうち、以下の対象ブラウザをご使用のお客様

【対象ブラウザ】
Internet Explorer 7, Internet Explorer 8, Internet Explorer 9, Internet Explorer 10

<対処方法>

Internet Explorer のインターネット一時ファイルを削除してください。
インターネット一時ファイルの削除後は本現象は発生いたしません。

【インターネット一時ファイルの削除手順】

Internet Explorer 7 の場合
  1. Internet Explorer の メニューバーから
    [ツール] - [インターネットオプション] メニューをクリックする。
  2. [インターネットオプション] ダイアログで、[全般] タブの
    [閲覧の履歴] 欄の [削除]ボタン をクリックする。
  3. [閲覧の履歴の削除] ダイアログで、[インターネット一時ファイル] 欄の
    [ファイルの削除] ボタンをクリックする。
  4. [閲覧の履歴の削除] ダイアログで、[閉じる] ボタンをクリックする。
  5. [インターネットオプション] ダイアログで [OK] ボタンをクリックする。
Internet Explorer 8、Internet Explorer 9 の場合
  1. Internet Explorer の メニューバーから
    [ツール] - [インターネットオプション] メニューをクリックする。
  2. [インターネットオプション] ダイアログで、[全般] タブの
    [閲覧の履歴] 欄の [削除]ボタン をクリックする。
  3. [閲覧の履歴の削除] ダイアログで、[インターネット一時ファイル] に
    チェックを入れ、 [削除] ボタンをクリックする。
  4. [インターネットオプション] ダイアログで [OK] ボタンをクリックする。

InInternet Explorer 10 の場合

  1. Internet Explorer の メニューバーから [ツール] - [インターネットオプション] メニューをクリックする。
  2. [インターネットオプション] ダイアログで、[全般] タブの[閲覧の履歴] 欄の [削除]ボタン をクリックする。
  3. [閲覧の履歴の削除] ダイアログで、[インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル] にチェックを入れ、 [削除] ボタンをクリックする。
  4. [インターネットオプション] ダイアログで [OK] ボタンをクリックする。

Question:質問

26.プロジェクトの進捗画面で進捗状況が表示されなくなってしまいましたが、対処方法はありますか?

Answer:回答

計画タブのプロジェクト終了日を設定してある場合

<現象>

プロジェクト終了日に設定した期限を過ぎると進捗状況が表示されなくなります。

<対処方法>

プロジェクト終了日を過ぎてもプロジェクトが完了していない場合は、計画タブでプロジェクト終了日を未来の日付に変更してください。

計画タブのプロジェクト終了日を設定してない場合

<現象>

スケジュールを作成してから3ヶ月が経過すると進捗状況が表示されなくなります。

<対処方法>

計画タブでプロジェクト終了日を未来の日付に設定してください。

Question:質問

27.OnScheduleを操作中にJavaScriptエラーが発生する場合があります。

Answer:回答

操作続行可能な場合が多いので、そのまま続行してください。

Question:質問

28.ログイン時に 「既にログインしています。ログイン情報破棄ボタンを押して、現在のログイン情報を破棄した後、再ログインしてください。」 とメッセージが出力されてログインできない場合があります。

Answer:回答

<原因>

OnSchedule は同じ PC の同一セッションID からの、複数のユーザによる ログインを許可していません。
想定される操作については、次のようなものがあります。

同一PC上で、

  • 既に OnSchedule にログインした Internet Explorer があり 同一セッションID の Internet Explorer から、別の ユーザID で OnSchedule へログインしようとした場合。
  • OnSchedule からログアウトしないまま、Internet Explorerを閉じ、閉じたものと同じ セッションID を持つ Internet Explorer から別の ユーザID で OnSchedule へログインしようとした場合。

<対処方法>

  1. 使用中のPC内で開いている全ての Internet Explorer を確認し、OnSchedule にログイン中のものが無いか確認します。
  2. ログイン中の OnSchedule操作画面が存在し、ログインしているユーザで操作を継続したい場合は、そのまま使用してください。上記メッセージに対しては、[閉じる]ボタンをクリックして下さい。

    違う ユーザID で操作を行いたい場合は、別のセッションIDで開く必要があります。やり方は下記の補足を参照してください。
  3. ログイン中の OnSchedule操作画面が存在しない場合は、ログアウトしないまま Internet Explorer を閉じたと思われますので、以下の操作をしていただき、ログイン情報の破棄をしてから、ログインしてください。
    1. [ログイン情報破棄]ボタンをクリックします。
    2. メッセージダイアログとして「OnScheduleの別ウィンドウが存在する場合、別ウィンドウ内での動作を保障しません。本当にログイン情報を破棄しますか?」と表示されるので[OK]ボタンをクリックします。
    3. 「ログイン情報を破棄しました。このウィンドウを閉じてください。」というメッセージが画面に表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
    4. Internet Explorer を開いてから、再度ログイン処理を行って下さい。

<補足>

セッションIDについて:Internet Explorer の種類と操作方法によって異なりますが、一般に下記の動作になります。

  • Internet Explorer 6 と Internet Explorer 7 の場合、 Internet Explorer を複数開いた場合は、一般にはそれぞれが別々の セッションID が設定されます。しかし、起動中の Internet Explorer 6 の [ファイル]-[新規作成]-[ウィンドウ]メニュー または Internet Explorer 7の [ファイル]-[新規ウィンドウ]メニュー により開かれた場合は、起動元の Internet Explorer の セッションID と同じになります。
  • Internet Explorer 8 以降の場合、Internet Explorer を複数開いた場合は、一般にはそれぞれ同じセッションID が設定されます。しかし、[ファイル]-「新規セッション」メニュー によりにより開かれた場合は起動元の Internet Explorer のとは別の セッションID となります。

Question:質問

29.ログイン中に OnSchedule から送信されたメール中の URL や、Onschedule の書類の URLを開こうとしても開けない場合があります。

Answer:回答

Internet Explorerの状態や使用しているメールソフトにより動作が異なる事がありますが、一般には下記の現象になります。

  • Internet Explorer 8 以降で既にログインしている場合、URL の画面を開くと、直接表示されます。
  • Internet Explorer 6 又は、Internet Explorer 7 の場合、一般には認証画面が表示されます。認証後、URLの画面が表示されます。ただし、既に OnSchedule にログインしている場合、ログイン中のユーザと同じユーザIDの場合、「このユーザはすでにログインしています。ログイン中のユーザをログアウトさせ、再ログインしますか?」 というエラーメッセージが表示されます。
    この場合は、先にログインしているOnScheduleの操作の中で、HOME画面等で変更部分を確認して開くか、ログアウト後に続行して下さい。

Question:質問

30.メールやクリップボードにコピーされたOnScheduleのURLにアクセスしようとするとシステムエラーになる事があります。

Answer:回答

URLのコピーミス等で内容が変わってしまった場合や、アドレスバーに表示されているURLを操作した場合に発生することがあります。
URL は変更せずにアクセスするようにしてください。

Question:質問

31.同時に更新しようとすると警告が出て更新できない場合がありました。複数人で同時使用した場合は、どんな結果になりますか?

Answer:回答

フォームの場合

<現象>

複数人で、同じフォームを編集中に、編集を始めてから更新するまでの間に、他のユーザで更新を実行された場合に、「他のユーザによってデータが更新されました。入力内容を破棄して、画面を再表示しますか?」というメッセージが表示されます。

<対処方法>

メッセージの「キャンセル」ボタンを押下すると、元の編集画面に戻りますので、編集中の内容をメモ帳等に複写して、再度フォームを開いて貼り付けて登録するようにしてください。

スケジュールの場合

<現象>

スケジュールの編集や実績更新を始めてから保存する前までの間に、他のユーザで同じスケジュールの編集や実績更新を行って保存した場合に、「他のユーザによってデータが更新されました。入力内容を破棄して、画面を再表示しますか?」というメッセージが表示されます。

<対処方法>

申し訳ありませんが、スケジュールについては複写と貼り付けができないので、再度操作のやり直しをしていただく必要があります。スケジュール編集については、複数人で同時に更新しないような運用としてください。

書類更新の場合

<現象>

1つの書類を複数人でダウンロードして編集後、アップロードして更新する場合、タイミングにより下記の現象となります。

<現象1>
アップロード操作が重ならなかった場合は、複数人のアップロードした書類は順番にアップロードされてそれぞれ異なる履歴番号で再番されます。後からアップロードした書類が最新の番号になります。
<現象2>
アップロード操作が重なった場合(更新ボタンを押下してアップロード処理が完了するまでの間に別のユーザが同一ファイルをアップロードした場合)は、「他のユーザによってデータが更新されました。入力内容を破棄して、画面を再表示しますか?」というメッセージが表示されます。
<現象2の対処方法>
他のユーザの更新状況を確認したうえで、再度、書類の更新操作を行うようにしてください。書類の履歴が新しくなって更新されます。

Question:質問

32.ログイン時に 「このユーザはすでにログインしています。ログイン中のユーザをログアウトさせ、再ログインしますか?」 とメッセージが出力されてログインできない場合があります。

Answer:回答

<原因>

OnScheduleは同じユーザが複数同時にログインすることはできません。
想定される操作については、次のようなものがあります。

  • 既にOnSchedule にログインしている状態で、同じユーザIDで OnSchedule にログインしようとした場合
  • OnSchedule からログアウトしないまま、 Internet Explorer を 「×」ボタンで破棄してしまった状態で、同じユーザIDでログインをしようとした場合
  • 既にログインしている状態でメールのURLからOnScheduleを開こうとした場合、ブラウザの種類や画面の状態により発生します。

<対応>

  1. 他の PC にて 使用したいユーザIDで OnSchedule にログイン中のものが無いか確認します。ログイン中のものが存在する場合は、そこで操作を行っていただくか、別の PC で操作したい場合は、ログアウトして、再ログインするようにしてください。
  2. ログイン中の OnSchedule操作画面が存在しない場合は、ログアウトしないまま Internet Explorer を閉じたと思われますので、 「このユーザはすでにログインしています。ログイン中のユーザをログアウトさせ、再ログインしますか?」 というメッセージが画面に表示される[OK]ボタンを押下すると OnSchedule に自動的にログインされます。
  3. ログイン中に、メール等のURLからOnScheduleを開こうとして発生した場合は、先にログインしているOnScheduleの操作の中で、HOME画面で更新部分を特定して開くか、操作中のOnScheduleをログアウト後にURLから開く等の操作の続行をお願いします。

Question:質問

33.大きなファイルをアップロードしようとしたら、Internet Explorerで「ページを表示できません」が表示されました。

Answer:回答

<原因>

ブラウザの履歴情報が多くなると発生する場合があります。

<対処方法>

Internet Explorer の設定で履歴をクリアして再度実施して下さい。

Internet Explorer を起動します。
[ツール] メニューの [インターネット オプション]をクリックします。
[全般]タブの[履歴のクリア] をクリックします。
その後、アップロードを実施してください。

お問い合わせ・資料請求

情報共有サービス「Onschedule on TWX-21」
に関する資料請求・お問い合わせはこちら