ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

AppSQUAREの製品概要資料のダウンロード

様々な仕組みでシステム運用を支援するAppSQUARE

AppSQUAREには、システム運用を支援する9の仕組みがあります。

2つの導入形態
オンプレミスとクラウドサービスの2つの導入形態があります。クラウドでは、複数拠点で共有する情報や企業をまたがる情報を一元管理できる環境を提供できます。
コンプライアンス対応
ログイン・データ登録・データダウンロードなどの操作ログを管理・保存しています。また操作ログを一覧出力することができるので、監査対応に活用できます。
タブレット対応
タブレットでの利用が可能です。そのため、社外から業務アプリケーションを利用することができ、各種申請の承認が行えます。
アクセス権の設定
業務アプリケーションや、フォームのレイアウトパターン単位にアクセス権を設定することで、項目単位の表示・非表示や編集可否を制御できます。そのため、業務に合わせた情報セキュリティーが確保できます。
多言語対応
日本語版・英語版をサポートしています。海外メンバーの利用や海外拠点からの利用は、日本語から営業に切り替えて利用できます。
シングルサインオン
お客様の認証基盤と連携し、シングルサインオンが可能なため、IDの発行や管理などの運用は不要です。
変更履歴管理
画面に入力したデータは更新されるたびに履歴として保存されるため、変更過程を後から確認できます。
通知・アラート機能
自分に関連する承認依頼などの情報は、メールで受信できます。
データベースへの
自動保存
作成したフォームやプロセスは、AppSQUAREが自動でデータベースに保存します。そのため、データベースに関する知識がなくてもデータを一元管理できます。

AppSQUAREの詳細資料ダウンロード

AppSQUAREの製品概要資料のダウンロード

資料請求・お問い合わせ

セミナー/展示会