ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

ADWORLD 電子収納連携システム

ADWORLD 電子収納連携システムの概要

インターネットバンキングなどの電子決済の普及に伴い、市民が決済に利用する手段もスマートフォンなどのモバイル端末を含めて多様に広がってきています。一方、行政側においても電子自治体の進展に伴い、税や手数料などの電子決済を前提とした行政手続きが普及してきています。

『ADWORLD 電子収納連携システム』は、財務会計システムと連携してマルチペイメントネットワーク(MPN)を利用したPay-easy(ペイジー)(*)の電子決済サービスと接続した税や手数料、公共料金などの電子収納を実現します。また、コンビニ収納やクレジット収納など電子決済サービスの拡がりに対応して、住民サービスの向上につなげることができます。

(*) Pay-easyは日本マルチペイメントネットワーク推進協議会が推進する電子決済サービスです。

ADWORLD電子収納連携システム画像

ADWORLD 電子収納連携システム 導入のメリット

利用する市民にとっては

  • 銀行窓口へ行かなくても、パソコンや携帯電話などを利用した料金等の支払いが可能になります。
  • 銀行窓口の営業時間を気にせず、24時間365日支払いを行うことが可能になります。

導入する自治体にとっては

  • 電子化による消込み作業の自動化や収納結果を早期に把握することが可能となるため、運用負担の軽減や業務の効率化につながります。
  • 市民にとって利便性の高い支払い方法に対応することで、市民からの収納機会が増加するため収納率のアップに貢献します。

お問い合わせ・資料請求

「ADWORLD 電子収納連携システム」
に関する資料請求・お問い合わせはこちら