ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

生産効率・べき動率改善「WellLine」のシステム構成

WellLineは、Microsoft Azure、およびOffice365を前提としたアプリケーションです。
動作環境は、「エッジ」と「クラウド」に分かれ、それぞれに用途に応じたモジュールを、必要に応じて構成できるようになっています。

生産効率・べき動率改善なら「WellLine」

各IoTデバイスで取得されたデータは、WellLineのエッジモジュールによって、クラウドに送信されます。
送信されたデータは、データ処理モジュールで加工しデータベースに登録し蓄積します。
データベースに登録されたデータは、UIモジュールによってアンドンや指標として可視化します。
データとアプリケーションをクラウドに置くことによって現場から離れた場所からでも同じように参照できるだけでなく、プラットフォームの機能を有効活用しリーズナブルな導入と運用を実現することができます。

詳しい資料・お問い合わせ

生産効率・べき動率改善「WellLine」に関する
資料請求・お問い合わせはこちら