ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

サービスパーツ需要予測ソリューションの資料請求・お問合せ

高精度な需要予測で保守部品の適正な在庫管理を実現!
サービスパーツ需要予測ソリューションとは?

サービスパーツ需要予測ソリューション画像

「サービスパーツ需要予測ソリューション」とは、保守部品の需要予測の精度を高めるソリューションです。保守部品(故障修理や保守で使用される交換用サービスパーツ)の在庫管理の適正化を、製品の補充発注フェーズ、生産完了フェーズなど、製品のライフサイクルに合わせて、適切な需要予測を支援します。

解決できる3つの課題

補充発注フェーズの製品ライフサイクル
序盤の課題を解決
補充発注フェーズの製品ライフサイクル
中盤~終盤の課題を解決
製品の販売直後は初期不良関連のパーツ交換が増加しますが、保守部品の払出の実績データが少ないという特徴があり需要予測しにくいです。 製品が市場に行き渡り、故障がランダムに発生します。保守部品の需要予測には、移動平均法、指数平滑法やARIMAモデルなど通常の製品と同じ需要予測手法が使えます。しかし、払出数の少ないパーツや特定の時期に払出が集中するようなパーツにはこれらの予測手法が使えません。
生産完了フェーズの課題を解決
保守部品の生産が完了すると在庫補充ができなくなります。そこで、生涯需要数のパーツをまとめて発注し、在庫として保有する必要があります。在庫の保管コストも考えながら適切な生涯需要数を予測しなければなりません。

お問い合わせ・資料請求

保守部品の需要予測「サービスパーツ需要予測ソリューション」に関する資料請求・お問い合わせはこちら