ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

Power Platform 活用支援サービスとは

「Power Platform活用支援サービス」は、お客様のPower Platform活用を支援するサービスです。
お客様がPower Platformを活用しアプリケーションを構築する際に生じる、さまざまな疑問や課題を解決する技術的なサポートを提供いたします。また、ご要望に応じて、要件定義の支援や設計・開発を代行します。

「Power Platform 活用支援サービス」のサービス内容

Power Platformは、ローコーディングでユーザー自ら、アプリケーションの実装が可能なプラットフォームです。Microsoftのその他のサービスとの親和性が高く、その連携性を利点として採用されることもあります。
一方で、プログラム経験の無い業務ユーザが、初めて使用してすぐに開発できるほど簡単ではありません。
初めてのお客様は、ローコーディングでの実装方法について経験者の支援を受けることが効率的です。

「Power Platform 活用支援サービス」は、技術支援、設計・開発の代行、サブスクリプションの提供など、お客様のPower Platform活用をサポートします。

PowerPlatform_example02_re

技術サポート 操作・設定方法のお問合せへの対応、トラブル時の原因調査方法の説明・ガイド
など、利用中の技術的なお困りごとをサポートします
トレーニングの支援 初めてご利用される方向けに基礎的・体系的なガイダンスを行います
テンプレートの提供 業務・ユースケースにあわせてご用意しているテンプレートを提供します
これをもとに、より要望に適したものにカスタマイズが可能です
また、学習時のサンプルとしても利用いただけます
要件整理サポート ユーザーの要望・要件をお聞きし、Power Platformでの実現イメージや利用
コンポーネントなどの方式を検討します
設計・実装 お客様に代わり、当社エンジニアが設計・実装を行います
サブスクリプションの提供 ユーザー数や利用機能に応じたPower PlatformやM365のサブスクリプションを提供します

Power Platformとは

Power Platformは、マイクロソフト社が提供するローコーディング(最低限のコーディングで済む)アプリケーション構築プラットフォームです。
入力画面を伴う業務アプリケーション、分析画面・レポート、RPAを用いた業務フローの自動化、そして問い合わせ窓口などで活用できるチャットボットのようなアプリケーションを、ユーザー自身が作成できます。
また、Microsoft各サービス(Dynamics365、SharePoint等)、その他各社サービスへのコネクタが用意されており、Teamsなどビジネスコミュニケーションツールに作成したアプリケーションを統合できることが利点としてあげられます。

PowerPlatform_00

Power Platform 活用例:保守サポートサービスの改善

PowerPlatform_example03-2

PowerPlatform_example01_re

詳しい資料・お問い合わせ

Power Platform 活用支援サービスに関する
詳しい資料・お問い合わせはこちらから