ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

AppSQUAREの製品概要資料のダウンロード

超高速開発ツールとは?

超高速開発とは、業務アプリケーションの開発のプロセスや工程を削減し、業務アプリケーションの開発工数(時間やコスト)を削減する開発方法のことを言います。

ウォーターフォール

ウォーターフォール型の場合だと、上記のように順番に開発を進めていきますが、なんども仕様変更が発生すると、開発の手戻りが発生し、納期やコストを圧迫していました。しかし、超高速開発の場合は、コーディングを行わないコードレス開発が中心で、下記のように開発を進めることが可能となります。

開発の進め方

このように、要件を聞き出し定義しながら開発を進め、そして違っていたら修正するというような開発が可能となります。

超高速開発ツールのメリット

お客様お客様

自身がイメージした業務アプリがすぐに目で確認でき、さらに実際に動かすことも可能になるので、使用感を確認しながらなんども修正・変更できるようになります。

営業・SE営業・SE

画面を実際に見せながら要件を決めることが可能。お客様へのプレゼン・説明もしやすく、案件を素早くスムーズに、手戻りなく進められます。

アプリ開発者アプリ開発者

仕様変更にも柔軟に対応でき、負担も軽く、開発速度が向上します。

AppSQUAREを活用した超高速開発のイメージ

AppSQUAREを活用して超高速開発を行う場合は、下記のような活用パターンになります。

(1)AppSQUAREでサンプルアプリの作成&披露

サンプルアプリ

(2)メンテナンスを繰り返しながら要件を深掘りし確定

メンテナンス

AppSQUAREを活用すれば、上記(1)(2)のような開発を行うことができます。上流工程でも、お客様に実際の画面を見てもらいながら、要件を確認し、実現していくため、リリース時にはお客様が使いやすいシステムを納品することができます。

なぜAppSQUAREでこのような開発が可能なのか?

それでは、なぜAppSQUAREを活用すれば、上記のような開発が可能なのでしょうか?それは下記のようなイメージで業務アプリケーションの定義・開発が可能だからです。

開発について

AppSQUAREの5つの基本機能

フルスクラッチ開発との開発工数比較

超高速開発を行った結果、フルスクラッチと比べて下記のような工数削減の効果を得ることができます。

工数比較

システム開発の生産性向上コラム

AppSQUAREの詳細資料ダウンロード

AppSQUAREの製品概要資料のダウンロード

資料請求・お問い合わせ

セミナー/展示会