ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

需給調整・需給計画の5つの悩みとは?

需給調整・需給計画の担当者には、日々の業務の中で、下記のような5つの悩みがあります。ご担当者でしたら、思い当るふしはありませんか?

需給調整・需給計画の5つの悩み

なぜ、このようなことが発生するのでしょうか?そしてその解決策とは?

なぜこのようなことが発生するのでしょうか?それは下記の5つの理由からです。

需給調整・需給計画の5つの悩み

1つ目の理由は、「営業部の見込み違い」です。営業部の販売計画はあくまで見込みですので、うまく進まないことが往々にしてありえます。その結果、営業部との間に不信感が生まれ、それが原因で需給調整がうまく進みません。

表管理ソフトによる管理能力の限界

2つ目の理由は、表計算ソフトによる管理の限界です。需給調整は、需要予測、在庫管理、生産計画、仕入計画など様々な予測と計画を立てますが、これらの業務を表計算ソフトでやろうとすると、製品数(SKU)が多い場合、必ず業務に限界がきます。当然、人的ミスも発生します。

勘と経験値に頼るから属人的でスキルを共有できない

3つ目の理由は、属人的な「勘と経験値」による予測です。長年需給調整を行っているベテランであれば、予測精度は高いですが、若手はそうはいきません。そのため、ベテランのスキル共有と若手育成が重要ですが、勘と経験値である以上、そのノウハウの継承は非常に難しいです。その結果、担当者によって需給調整のバラツキが発生し、問題在庫の削減につながりません。

需給調整する製品数が多いから

4つ目の理由は、需給調整する製品数(SKU)の多さです。注力製品に関しては普段から管理しているのでよいですが、全製品になるととても手が回りません。その結果、在庫状況などが悪化する、問題在庫が発生するなどのような事態を招きます。

外部要因(特需など)による問題在庫発見の遅れ

最後の理由は、需要予測の外部要因の考慮の難しさです。外部要因とは天候、地域、テレビで紹介されたなどによる需要のブレです。このような外部要因は発生するタイミングやその影響度合いを定量化するのが難しく、予測は困難を極めます。その結果、欠品になったり、場合によっては過剰在庫になることもあります。

解決策を見る