ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

製造・流通業の予測担当者の「5つの悩み」とは?

需要予測の担当者には、日々の業務の中で、下記のような5つの悩みがあります。予測担当者でしたら、思い当るふしはありませんか?

製造・流通業の予測担当者の「5つの悩み」

なぜこのようなことが発生するのでしょうか?そしてその解決策とは?

なぜこのようなことが発生するのでしょうか?それは下記の理由からです。

需要予測する製品数が多いから

理由の1つ目は「需要予測する製品数(SKU)の多さ」です。製品数が多ければ多いほど、すべての製品の需要予測は難しく、そして時間がかかります。そのため、注力製品を中心に予測することになり、その他の製品は予測がおざなりになります。

表計算ソフトで管理する限界

理由の2つ目は「表計算ソフトによる管理」です。製品数(SKU)が少なければ表計算ソフトで十分ですが、SKUが多くなると操作が煩雑になったり、作成した本人しか計算内容や表示の意味が分からなくなるなど管理に限界が生じます。当然ミスも発生します。

勘・経験値に頼るから

3つ目の理由は、属人的な「勘と経験値」による予測です。長年需要予測を行っているベテランであれば、予測精度は高いですが、若手はそうもいきません。そのため、ベテランのスキル共有と若手育成が重要ですが、勘と経験値である以上、そのノウハウの継承をスムーズに行うのは非常に難しいです。その結果、製品によって需要予測のバラツキが発生し、精度が向上しません。

テレビなどの影響による特需

4つ目の理由は、需要予測の外部要因の考慮の難しさです。外部要因とは天候、地域、テレビで紹介されたなどによる需要のブレです。このような外部要因は発生するタイミングやその影響度合いを定量化するのが難しく、予測は困難を極めます。その結果、欠品になったり、場合によっては過剰在庫になることもあります。

需要特性が変化し、それを掴めないから

5つ目の理由は、「需要特性の変化」を掴めないことです。需要特性の変化とは、今まで安定的に売れていた製品が徐々に売れなくなったというような変化のことをいいます。徐々に売れだす製品は「売れる」ので気が付きますが、「売れなくなる製品」はなかなか気が付きません。しかし、それに気が付かなければ、予測精度はどんどん悪化し過剰在庫につながります。

予測困難な新製品があるから

最後の理由は「新製品の予測」です。新製品発売時には過去のデータもありませんから販売計画のときに作られた「見込み」の数値を元に、まさに勘で進めるしかありません。

解決策を見る