ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

在庫適正化の8つの悩みとは?

在庫適正化の担当者には、日々の業務の中で下記のような悩みがあります。ご担当者でしたら、思い当るふしはありませんか?

在庫適正化の8つの悩み

なぜ、このようなことが発生するのでしょうか?そしてその解決策とは?

なぜこのようなことが発生するのでしょうか?それは下記の7つの理由があるからです。

あなたに業務が依存・集中しているから

最大の理由は業務依存です。在庫管理の業務のほとんどがあなたに依存し、負荷が多くなるため、時間が取れず、効率よく在庫適正化ができないのです。業務を分散化すると同時に効率を高めなければなりません。

需要予測・販売計画の精度が悪いから

在庫量が増えてしまう理由として、需要予測・販売計画の精度の悪さがあります。営業部の計画は「見込み」が含まれている場合が多いので、どうしても精度が悪くなりがちです。その結果、過剰在庫という形で影響してきます。

管理する製品数が多すぎるから

管理する製品数が多いと、1つ1つチェックするのがとても大変です。注力製品を中心に管理しても、その他の製品に目が届かず、結果、在庫適正化ができなくなります。全製品を素早くチェックできると問題在庫も発生しにくくなりますね!

表計算ソフトの管理には限界があるから

在庫管理は、倉庫別、事業別、グループ別、製品別など、様々な「視点」で管理しますが、表計算ソフトでやろうとするとその仕組み上限界があります。手間と時間がかかり、ミスが発生します。

数値だけの在庫管理では問題発見が遅れる

日々変化する在庫量に対して、表計算ソフトで数字だけの在庫管理を行うと、問題在庫の発見が遅れます。というより「気がつきにくい」です。数値をグラフ化するとしても、その手間は製品数に比例しますのでとても大変です。その結果、問題が発生しやすくなり、対応に追われ、ますます時間がなくなります。

問題在庫の対応が後手後手になるから

問題在庫が発生してから対応していると、全てが後手後手に回ります。その結果、問題在庫の対応業務が集中してしまいます。事前対策が打てれば、このようなことは発生しません。

営業・工場・購買を説得しずらい

在庫適正化を実現するには、営業や工場、購買との連携が必須です。しかし、情報収集や資料づくりに時間を割けず、合意形成に必要な材料が揃いません。その結果、連携もうまくいきません。

解決策を見る