ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

内容を刷新しての開催を企画中です。決まり次第、詳細をご案内いたします。

1:従来の予算管理業務の課題とは

 企業を取り巻く環境は、グローバリゼーション、多極化、スピード化などの状況により、日々刻々と変化しています。加速する環境の変化に合わせた意思決定ならびにPDCAサイクルが伴う予算管理が重要になっている状況です。
 予算管理はほとんどの企業で行われている非常に重要な業務です。多くの企業でその予算管理業務をシステム化していますが、その仕組みの一端としてExcelに代表される表計算ソフトが併用されるケースが圧倒的に多いです。Excelは誰もが扱える操作性に優れたツールです。しかし、弊害も多数含んでおり、業務そのものと別の部分で頭を悩ませる担当者が多いのが現状です。

【表計算ソフト利用の主な課題】共感する点は、ございませんか?

  • シートが部署毎・担当毎にできてしまい、管理できなくなってしまう
  • 値をコピーすることで、数値間の整合性がとれなくなってしまう
  • 集計する元データを集めることが大変
  • 積み上げたデータを関係者に配布するまでに、都度レポートを作成する作業が必要となる

IPA予算管理_体験ワークショップ

2:開催のご案内

開催時間
(各回共通)
・13:30~17:20 [*受付開始 13:10~]
【 ※ 終了後 懇親会開催 (17:30~ 1時間程度)】
会場 株式会社 日立ソリューションズ東日本 東京事業所(川崎)
《 川崎市川崎区駅前本町12番1号 川崎駅前タワー・リバーク 19F 》
・JR川崎駅 徒歩2分
・京浜急行線 京急川崎駅 徒歩2分
対象者 ・経営企画部門、財務部門、営業部門など
・その他各部門で 予算編成・予算管理を担う責任者・担当者
*募集人数に限りが御座いますので、原則として1社1名の受付とさせて頂きます。
*原則として、エンドユーザ企業の方を対象とさせて頂きます。個人の方、SIer など
当社と同類・同業の企業の方はご遠慮ください。
主催 株式会社 日立ソリューションズ東日本
定員 6名まで
受講料 無料(受講料無料・懇親会 参加費無料)

ワークショップの構成・進め方

 予算管理業務はどの企業でも行われている一般的かつ・重要な業務ですが、実際の作業までフォーカスしたとき、様々な問題や課題をはらんでいるのが現状です。 本ワークショップでは、予算管理業務について、問題や課題をディスカッションも交えて改めて考え直し、その解決策として先進のソフトウェア「IBM Planning Analytics(IPA)」の適用をハンズオンを交えて体験していただけます。

ワークショップの構成

カリキュラム概要

当社講師による講義の他、ディスカッション・ハンズオンを交えて進めます。
異業種・他社の方々のお話を伺える良い機会にもなります。

Step 時間(目安) セッション
Step 1 13:30-15:00 ・予算管理業務と問題提起
・予算管理業務の課題を考える(ディスカッション形式)
Step 2 15:00-15:40 ・課題解決に必要な機能と効果
予算管理ソフトウェア(IBM Planning Analytics)のご紹介
Step 3 15:50-17:10 ・予算管理ソフトウェア(IBM Planning Analytics)の
ハンズオン形式によるご体験

終了後にアンケートご協力ください。また、引き続き懇親会を開催いたします(参加費無料)

当社主催のワークショップにご参加いただいたお客様の声

 実際の業務現場の方を中心に、ビジネスでデータ分析をご担当される方へのワークショップとして、様々な企画で2016年度から開始しています。1回/月の頻度で継続的に開催。これまで多くのお客様にご参加いただきました。
 ご参加の皆さまからは、ご賛同の声に加えて、運営へのアドバイスを頂戴しており、今回募集のカリキュラムや運営に反映させて頂いております。この場を借りて御礼申し上げます。

  • 異業種・他社の方々と意見交換ができて参考になった。
  • 他社の事例や最新動向が参考になった。
  • 上司を説得して導入を検討したい。
  • 1部門では難しいので他部門も巻き込んで進めたい。

お問合せ先

株式会社 日立ソリューションズ東日本
ビジネスソリューション本部
E-mail:hse-basolution@hitachi-solutions.com