ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

受付終了のご案内:本セミナーは終了致しました。多数の皆様のご参加、ありがとうございました。

セミナーのご案内

近年、製造業における新製品開発の現場では、多くのプロジェクトが並行して実施され、全てにおいて高い精度と品質を求められており、個々のプロジェクトでの効率化・可視化が必要とされてきております。
また、経営側の視点から見ると組織全体でのプロジェクト・ポートフォリオを横断して投資最適化の判断を行うニーズが高まりつつあります。優先して投資を継続するプロジェクトと中止するプロジェクトの優先順位付けをし、リソースの最適配置を行う事で、限られた経営資源の中で成果を出す方策が急務とされています。
本セミナーでは最新のプロジェクトマネジメント~ポートフォリオマネジメントの状況や製造業でのプロジェクト改革成功事例をご紹介いたします。是非、この機会にご参加ください。

開催概要

日時 2018年10月12日(金) 14:00~17:00 ※受付開始 13:30~
会場 日本CA株式会社 東京本社(東京メトロ 永田町駅)
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル9F
<会場アクセス>
・東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線 「永田町」駅 4番出口 徒歩2分
・東京メトロ銀座線・丸ノ内線 「赤坂見附」駅徒歩2分(「永田町」駅直結)
・東京メトロ有楽町線「麹町」駅徒歩4分
・東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅徒歩5分
対象者 製造業:経営者・経営企画・PMO・研究開発部門に関係される方
主催 株式会社日立ソリューションズ東日本
共催 日本CA株式会社
定員 40名(先着順/事前登録制) 
受講料 無料

プログラム

14:00~14:10

ご挨拶

CA Technologies
代表取締役社長 反町 浩一郎

14:10~15:10

【基調講演】
「イノベーションのためのPMの重要性と人材育成」

イノベーションを起こせと言われても、日々の作業に追われていては、それも容易なことではありません。管理業務を効率化し、チームメンバーやステークホルダーとのコミュニケーションに時間を割き、頭を使ってアイデアを出すこと、その重要性についてお伝えします。

慶應義塾大学大学院
システムデザイン・マネジメント研究科
教授 当麻 哲哉 氏

15:10~15:20 休憩
15:20~15:50

【ポートフォリオマネジメント「CA PPM」ご紹介】
「CA PPMが実現する大量のプロジェクト人的資源情報の一括管理」

多数のプロジェクトが存在する企業活動。これらに対し適切な人的資源配置を行うことが重要です。
しかし、実際には各プロジェクトの状況や環境は目まぐるしく変化するので、その管理は非常に困難でした。CA PPMは大量のプロジェクト情報を美しいインターフェースにより可視化。全社のプロジェクトへの資源配置を容易にし、また、企画・戦略部門スタッフが本来の業務に従事する時間をご提供します。

日本CA株式会社
アジャイル・マネジメント・ソリューション事業部
PMP 佐藤 努

15:50~16:20

【プロジェクトマネジメント「SynViz S2」ご紹介】
「成功するデザインレビュー(DR)管理の秘訣- DR管理ソリューション実践事例のご紹介」

近年、製造業における新製品開発の現場では多くのプロジェクトが並行して実施され、全てにおいて高い精度と品質を求められています。そのため、製造業全体では「コンカレントエンジニアリング」や「プロセス標準化」へ取り組み、設計段階での品質向上が重要とされています。
本セッションでは、設計段階での品質向上を実現するために「DR管理強化」の重要性/成功の秘訣/ IT化のポイントをご紹介します。

株式会社日立ソリューションズ東日本
営業本部 ソリューション第四営業部
横澤 弘樹

16:20~17:00 個別相談会 及び CA PPM/SynViz S2個別デモ実演
~アンケートご記入~

※プログラム内容は予告なく変更になる場合があります。

お問い合わせ先

株式会社日立ソリューションズ東日本
セミナー事務局 担当: 中野、福澤
TEL : 044-210-1904 FAX : 044-210-1923