ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

受付終了のご案内:本セミナーは終了致しました。多数の皆様のご参加、ありがとうございました。

セミナーのご案内

このところ「第4次産業革命」というワードが日本でも頻繁に使われています。
近年までのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の流れを汲んだ製造業の取り組みとしては、ドイツ政府が主導しているインダストリー4.0、米GE社らが設立したIICといったように、欧米が先行している感が否めませんでしたが、日本でも経済産業省がまとめた「日本再興戦略2016」では官民戦略プロジェクト10を筆頭に第4次産業革命が掲げられるなど活発化しております。

日本の製造業が持つリアルな世界での優れた技術と、IoTをベースにしたサイバー空間上でのデータ活用によって得られるイノベーションを持ってして、これまで以上に安定し活性化された製造業が実現できるのではないでしょうか。

本セミナーでは、主に製造業の企業様を対象に、現場でのリアルなIoT導入イメージを持っていただけるように、センシングから収集、そして活用までの流れを一網にした内容で、現場の課題解決を実現するソリューションをご紹介します。是非この機会にご参加ください。

開催概要

日時 2017年10月20日(金) 13:30~16:45 ※受付開始 13:10~
会場 日立ハーモニアス・コンピテンス・センター
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 13階
JR品川駅 港南口より徒歩約3分、京浜急行品川駅 高輪口より徒歩約5分
対象者
  • ビジネスの現場でデータ分析を活用し業務に役立てる役割の方
  • 生産技術部門、設計開発部門、品質管理部門の方
主催 株式会社日立ソリューションズ東日本
共催 スズデン株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社
株式会社ネットワールド
定員 30名(先着順/事前登録制) 
受講料 無料

プログラム

ご挨拶・主催企業の事業をご紹介

株式会社日立ソリューションズ東日本
パッケージビジネス推進本部 担当本部長 千葉 憲昭

FA商社がご提案する製造業向けIoTプラットフォームのご紹介

スズデンIoTプラットフォームではIoTを構成する5階層、全てをラインナップ。 「センシング」「データ転送」「データ集積」「データ可視化」「アナリティクス」までをワンストップでご提案致します。
製造業のお客様に対し、IoT活用による、生産性向上、品質改善、働き方改革の実現をお手伝いいたします。

スズデン株式会社
iファクトリー営業部 渡邉 智宏

休憩

IoTデータ活用: アナリティクスで品質や装置の状態を予測
〜生産技術部門向けソリューション 品質予測分析と自動化(PQAA)〜

IoT化で加速される装置からのデータ取得。もう一歩踏み出すためにアナリティクスに取り組みましょう。 予測分析では、品質劣化につながる予兆や装置の状態変化の予測に取り組むことができます。
このセッションでは、品質予測のユースケースを中心にアナリティクス活用のポイントをご紹介します。

株式会社日立ソリューションズ東日本
コンサルタント 及川 慎也
(日立認定 データ・アナリティクス・マイスター)

Watson Explorer活用法

テキストデータなどの非構造化データを活用したビッグデータを分析し活用することが、企業にとってもより正確な意思決定を可能なものとします。
大量のデータを収集し、傾向を抽出し分析、視覚化して新たな知見を見つける分析ソリューションWatson Explorerを事例を含めてご紹介いたします。

日本アイ・ビー・エム株式会社
アナリティクス事業部テクニカルセールス 河村 忠明

お問い合わせ先

株式会社日立ソリューションズ東日本 パッケージビジネス推進本部
セミナー事務局 担当: 及川
TEL : 044-210-1906 FAX : 044-210-1923