ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

受付終了のご案内:本セミナーは終了致しました。多数の皆様のご参加、ありがとうございました。

昨今、収益の柱のひとつとしてアフターサービス事業を強化し、競合他社と差別化を図る企業が増えています。その為にアフターサービス戦略を経営層から保守現場まで落し込むことだけではなく、システムを導入することによる業務効率の向上に加え、新たな取り組みとして、IoT・AI をどのように活用し、利益創出に繋げられるかが重要になってきます。
本セミナーは、「アフターサービスにおける ”IoT” や ”AI” の活用事例を知りたい」、「アフターサービスにおけるICT活用の成功事例を知りたい」、「サービスパーツの在庫を適正化したい」といった課題をお持ちのお客様向けに、それらを解決できるソリューションをご用意いたしました。
是非とも、この機会にセミナーにご参加賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

開催概要

日時 2017年9月15日(金) 13:30~16:30 ※受付開始 13:00~
会場 日立 ハーモニアス・コンピテンス・センター
(東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー 13F)
※交通アクセス
・JR品川駅 港南口より徒歩約3分
・京浜急行 品川駅 高輪口より徒歩約5分
主催 株式会社 ニッセイコム:http://www.nisseicom.co.jp/
協賛 ソーバル 株式会社:http://www.sobal.co.jp/
株式会社 日立ソリューションズ東日本
定員 40名
受講料 無料

※競合製品取り扱い企業様の申込についてはお断りする場合がありますので予めご了承ください。

セミナースケジュール

13:00 ~

受付開始

13:30 ~ 13:35

開会のご挨拶

13:35 ~ 14:15

Session1:「IoT」「AI」で変わる保守現場

今日、「IoT」「AI」の利用による現場改善は必須となりつつあり、加えて「MR/AR」などの近未来技術利用による改善も導入が始まっています。本セッションでは、保守現場が抱える課題をこれらの技術により解決し、原価低減による利益率向上についてお話しします。

株式会社 ニッセイコム

14:20 ~ 15:00

Session2:IoTデータハブ「Alliot(アリオット)」のご紹介

Alliot(旧称dalchymia(ダルキュミア))は、商用サービスで活用されてきた実績を持ち、さまざまなセンサー、ゲートウェイ、スマートメーター、家電などがつながる「モノ」に強いIoTデータハブです。デモをご覧いただくとともに、これまでのお客様との会話から見えた課題、勘所などをご紹介します。

ソーバル 株式会社

15:05 ~ 15:45

Session3:アフターサービスにおける収益拡大のためのICT活用のコツ

アフターサービス事業で収益を拡大するためには「情報をお金に換える仕組み」が必要です。日々、蓄積される現場の情報をどのように管理すれば効率よく業務を推進できるのか?またどう活用すれば次のビジネスに繋げられるのか?当セッションではアフターメンテナンス事業におけるICT活用のコツについてデモを交えてご紹介します。

株式会社 ニッセイコム

15:50 ~ 16:30

Session4:サービスパーツの在庫最適化を強力サポート「PSI Visualizer」実践事例のご紹介

アフターサービス事業にはサービスパーツは欠かせません。しかし、回転率の悪い過剰な在庫はキャッシュフローを圧迫し経営に悪影響を及ぼします。
大量のサービスパーツを素早く可視化し、問題在庫を分かりやすくあぶり出し、過剰なサービスパーツを抑制すると共に欠品の防止も実現する画期的なソリューションにつきまして実践事例を交えてご紹介します。在庫、本当に見えていますか?

株式会社 日立ソリューションズ東日本

※プログラム内容は予告なく変更する場合がございます。

お問い合わせ先

株式会社 ニッセイコム セミナー事務局
TEL : (03)5742-7387
E-mail : nc@nisseicom.co.jp