ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

SynViz S2の詳細資料のダウンロード

SynViz S2 2.7の新機能・機能改善の内容

工程管理表・プロジェクト管理 SynViz S2 2.7では、下記のような機能追加、改善を実施しています。

追加・改善された主な4つの機能

懸案をアクティビティに紐付ける機能
詳細を見る
関連線の表示/非表示、色、太さを個別に変更可能に
詳細を見る
印刷のヘッダ/フッダの機能改善
詳細を見る
その他の機能改善
詳細を見る

懸案をアクティビティに紐付ける機能

計画遅延の原因や状況を「懸案」という形で見える化し、早期対策に繋げることができるようになりました。

ver2_7_img01

上図のように、作業(アクティビティ/マイルストーン)に懸案を紐付けて管理できるようになりました。作業に懸案が紐付けられている場合、作業の上にアイコンが表示され、ステータスをガントチャート上で確認できるようになりました。

注意:1つの懸案に対し、複数のアクティビティを紐付けることはできません。

関連線の表示/非表示、色、太さを個別に変更可能に

関連線を3種類の表現で使い分けて、より柔軟な表現が可能になりました。他にも、警告表示時やクリティカルパス表示時の関連線の太さ・色も変更可能です。非表示に設定していても、警告時は表示することもできます。

従来の仕様 SynViz S2 2.7の仕様
色や太さが全て統一され、一括でしか関連線を表示/非表示できませんでした。

ver2_7_img02

表示設定で3パターンまで個別に太さ・色、表示/非表示を設定できるようになりました。関連線ごとに任意のパターンをひとつ指定できます。

ver2_7_img03

印刷のヘッダ/フッダの機能改善

日程表印刷時の表現力を強化しました。

  • UI改善により、文字サイズや色、フォントスタイルを変更できるようになりました。
  • ヘッダ/フッタの印刷キーワードとして、プロジェクトの情報をキーワード変換できるようになりました。

ver2__img04

プロジェクトの工程表・ガントチャートを表示する際に使用可能なキーワード

 ● ログインユーザ名
 ● プロジェクト名
 ● スナップショット/日程確定の名称 ※1
 ● スナップショット/日程確定のコメント ※1
 ● プロジェクトのカスタム属性 ※2 等

プログラムチャート/アクティビティチャートを表示する際に使用可能なキーワード

 ● ログインユーザ名
 ● プログラム/ビュー名 等

※1 スナップショットもしくは確定日程を印刷する場合のみ正しく変換されます。それ以外の場合は空文字に変換されます。
※2 色型のカスタム属性もしくは隠し属性のカスタム属性は表示されません。

その他の機能改善

フィルタ検索の条件に「含まない」が選択できるようになりました。
アクティビティ/マイルストーンの表示設定から、アイコンの表示/非表示を変更できるようになりました。
タイムスケールの週の開始曜日が日曜日以外にも変更可能になりました。
プロジェクトメンバ型/割当可能リソース型のカスタム属性でリソースを設定する場合、リストボックス以外からでもリソースを設定できるようになりました。

動作環境の変更、制限事項など

前提ソフトウェアとして.NET Framework 4.7のサポートを対応しました。
SynViz S2 2.7をご利用の場合、サーバー環境に .NET Framework 4.5.2または4.6.2 以降のインストール(アップグレード)が必須となります。v2.6以前からのバージョンアップ時も対象です。なお、クライアント環境には本件は影響ありません。
「よくある質問と回答」をこちらで公開しています。最新の情報を参照してください。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ、資料ダウンロード紹介ページをご覧になる場合はこちら

SynViz S2の製品概要資料のダウンロード

直接、フォームより資料請求・お問い合わせをする場合はこちら

工程管理表・プロジェクト管理「SynViz S2」
に関する資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ

セミナー/展示会