ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

工程管理表・プロジェクト管理「SynViz S2」を製造業(個別受注生産)の工程管理で使う場合

製造業(個別受注生産)の工程管理には、下記のような3つの課題があります。Synviz S2はこの3つの課題を解決する具体策の1つです。

課題1
「未受注・受注案件の最新状況を反映させたスケジュール管理が困難」
課題2
「最終仕様が確定せずに、直近まで発生する日程変更管理が難しい」
課題3
「短納期・コスト削減への要求が厳しい」

しかし、SynViz S2を活用すれば、この課題、解決することができます。その理由は何か?どうやって解決できるのか?を下記のページでまとめています。

お問い合わせ・資料請求

工程管理表・プロジェクト管理「SynViz S2」
に関する資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ

セミナー/展示会