ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

工程管理表・プロジェクト管理「SynViz S2」をシステム開発業などのプロジェクト管理で使う場合

システム開発などに代表されるプロジェクト管理には下記のような4つの課題があります。プロジェクトマネージャー(PM)でしたら思い当たる課題があるでしょう。

課題1
複数チームの進行管理ができない
課題2
提出先ごと(顧客や社内、調達先向けなど)に合わせた進捗管理の資料作成(報告書)が面倒
課題3
作業者の負担管理ができない(キャパオーバーになりネック工程になる)
課題4
小日程の計画変更が中日程・大日程に反映されず計画の変更管理が困難になる

しかし、SynViz S2を活用すれば、この課題を解決することができます。その理由は何か?どうやって解決できるのか?を下記のページでまとめています。まずは、上記4つの課題の詳細とこの課題が発生している理由について整理してみましょう。

4つの課題の詳細と「SynViz S2」で解決できる理由はこちら>>

お問い合わせ・資料請求

工程管理表・プロジェクト管理「SynViz S2」
に関する資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ

セミナー/展示会