ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

FAQ

SynViz S2の詳細資料のダウンロード

最終更新日: 2017年9月 (v2.6対応)

ユーザ管理・パスワード

ガントチャート操作(計画時)

ガントチャート操作(進捗管理)

ガントチャート操作(表示設定)

ガントチャート印刷

プロジェクト操作

導入関係

Question:質問

1.日本語以外の言語に対応していますか?

Answer:回答

画面のメッセージやメニュー、オンラインヘルプが日本語・英語に対応しています。
ユーザが入力する項目(例えばタスクの名称やコメント等)は日本語・英語以外の文字も利用可能です(Unicode対応です)。

英語版オンラインヘルプについては英語に切り替えると、オンラインヘルプが参照できません。をご確認ください。

Question:質問

2.どのような形態で利用できますか?どのような費用になりますか?

Answer:回答

3つの利用形態の中から選べます。

  1. SaaS 月極契約
    インターネット上のサーバにアクセスして利用いただきます。 登録ユーザ数×ディスク容量に応じた月極サービス費用の他には、初期費用や追加の機器購入、管理費用が不要です。とにかく早く使い始めたいお客様におすすめです。
    利用開始後にユーザ数に応じてライセンスおよびディスク容量の追加が可能です。
  2. オンプレミス版 (内蔵DB)
    お客様のサーバ環境にインストール可能なタイプです。同時ログインユーザ数に応じた価格体系になっています。最初はスモールスタートでライセンス費用を抑え、利用拡大に応じて後からライセンスを追加することも可能です。
  3. オンプレミス版 (Oracle/SQL Server外付け版)
    2.と同じですが、データベースにOracleもしくはSQL Serverを使用する点が異なります。OracleもしくはSQL Serverの環境、ライセンスはお客様でご用意いただくことになります。この場合、前提バージョンにご注意ください。

Question:質問

3.Web API とは何ですか?追加費用はかかりますか?

Answer:回答

Web APIとは、SynViz S2のサーバとデータアクセスを行うためのインターフェース仕様です。Excelマクロや任意の言語によるプログラムから、Web APIを通じてSynViz S2が保持するプロジェクトの様々なデータを参照・更新することが可能になります。

独自にWeb APIを利用したツール開発を行いたいお客様向けに、「Web APIサポートセット」という有償オプションをご用意しております。下記をご提供します。詳細はお問い合わせください。

  • 開発・テスト用SaaSサーバ環境
  • Web API仕様(リファレンスドキュメント)
  • Web APIの利用方法に関する技術サポート
  • 開発者向けチュートリアル等のドキュメントおよびサンプルプログラム

Question:質問

4.MS Projectのデータを取り込むことはできますか?

Answer:回答

標準機能としては、MS Projectのデータを取り込むことはできません。

Question:質問

5.旧製品(SynViz/PJ, SD)からの移行は可能ですか?

Answer:回答

プロジェクト単位の移行が可能です。ただし製品本体の機能差に伴う、一部データの欠落や読み替えが発生します。

Question:質問

6.SaaSで利用している場合、オンプレミスへの移行はできますか?

Answer:回答

製品機能によりプロジェクト単位の移行が可能です。ただし、ユーザ情報、カレンダーやカスタム属性の定義などマスタ情報を事前に合わせておく必要があります。マスタ情報が合致しない場合、データの欠落が発生する場合があります。
一括移行については、個別にご相談ください。

Question:質問

7.オンプレミス版で稼働中のサーバから別サーバへ移行することはできますか?

Answer:回答

可能です。
内蔵DBの場合は、移行元でデータベースのバックアップを取得し、移行先でリストアを実施してください。
OracleもしくはSQL Serverの場合は、 各ベンダーごとの手順に従い、データベースの移行を行ってください。
詳細な移行手順については、個別にご相談ください。

Question:質問

8.実際に試用してみたいのですが、可能でしょうか?

Answer:回答

評価を目的とした試行利用が可能です。
下記URLよりご連絡ください。

お客様の業務や評価の内容に合わせて、最適なご提案をさせていただきます。

Question:質問

9.オンプレミス版でプロキシサーバ経由の利用は可能ですか?

Answer:回答

基本的にプロキシ経由でも利用可能です。
ただし、ご利用のプロキシがCache-Controlヘッダを解釈してキャッシュを正しく扱える必要があります。

Question:質問

10.オンプレミス版で利用する際、データのバックアップ運用はどのような方式になりますか?

Answer:回答

<内蔵DB版の場合>
バックアップおよびリカバリツールが付属します。これによりDB全体のバックアップが取得可能です。インストール時にOSのタスクスケジューラに登録されます。

<Oracle/SQL Server版の場合>
OracleもしくはSQL Serverに付属のバックアップツールをご利用ください。

いずれの構成でも、バックアップはWebアプリケーションを停止し、利用者がいない状態で実行する必要があります。

Question:質問

11.シングル・サイン・オンには対応していますか?

Answer:回答

オンプレミス版では、標準でWindows統合認証をサポートしています。また、アドオンによるお客様独自の認証システムにも対応可能です。
SaaS版では、日立グループ向けイントラネットでのご利用の場合のみ日立認証基盤によるシングル・サイン・オンをサポートしています。

いずれも有償での対応となります。詳細はお問い合わせください。

動作環境

Question:質問

12.オンプレミス版では、どのDBをサポートしてますか?

Answer:回答

標準サポートはOracle Database 11gR2/12c、SQL Server 2014、および内蔵DBです。
その他のDB、バージョンについては個別相談となります。

Question:質問

13.どのブラウザをサポートしていますか?[updated]

Answer:回答

Internet Explorer 11 およびMicrosoft Edgeをサポートします。(Windows 8.1はデスクトップ版のみ)
Flash Player プラグインが必要になります。
WindowsUpdateによる最新パッチの適用を推奨します。
なお、Flash Playerにつきましては、こちらのページも合わせてご参照ください。

Question:質問

14.Internet Explorerの設定で注意すべきところはありますか?[updated]

Answer:回答

アクティブスクリプトを有効化する必要があります。

  1. コントロールパネルから[インターネット オプション] を開いてください。
  2. [セキュリティ] タブをクリックします。 
  3. [このゾーンのセキュリティのレベル] の [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  4. [スクリプト] の [アクティブ スクリプト] の [有効にする] を選択します。

ActiveXフィルターを無効にする必要があります。(IE9以降の場合のみ)

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. SynViz S2のログインページを開いてください。
  3. アドレスバーの右側に、丸の中に斜め線(駐車禁止標識と似た形状)の青いアイコンが表示されている場合は、クリックして無効にします。(そのアイコンが表示されていない場合は、ActiveXフィルターは無効ですのでそのままお使いいただけます。)

インターネット一時ファイルの更新を有効にする必要があります。

  1. コントロールパネルから[インターネット オプション] を開いてください。
  2. [全般]タブの[閲覧の履歴]内の[設定]ボタンをクリックします。
  3. 「保存しているページの新しいバージョンがあるかどうかの確認」で[確認しない]以外のいずれかを選択してください。

SSLで暗号化されたページからのファイルのダウンロードを許可してください。(SaaS環境をご利用の場合)

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。
  4. 「暗号化されたページをディスクに保存しない」 を非選択にします。

TSL1.2を有効にしてください。(SaaS環境をご利用の場合)

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。
  4. 「TLS 1.2の使用」 を選択します。

Question:質問

15.iPad等のタブレット端末で使用可能ですか?

Answer:回答

タブレット端末はサポートしておりません。
ガントチャート画面を表示することができません。

Question:質問

16.ディスク容量が不足してきた場合はどう対処すべきですか?

Answer:回答

ディスク容量が不足してきた場合は、下記の方法で対処してください。

  • アクセスログやトレースログの削除
    ※削除の前にCSVで出力し、退避いただくことを推奨します。
  • 添付ファイルの削除
    ※SynViz S2の添付ファイルは履歴を持っております。もし履歴が不要であれば、最新版以外の履歴削除もご検討ください。
  • 不要な プロジェクトの削除
    ※削除の前にエクスポートで退避いただくことを推奨します。

Question:質問

17.Flash Playerが2020年末でサポートを終了しますが、SynViz S2はどうなりますか?[new]

Question:質問

18.Windows Updateを実行することによる影響はありますか?[new]

Answer:回答

前提ソフトウェアと異なるバージョンがインストールされることが無いようにご注意下さい。

上限値・制限事項

Question:質問

19.注釈の入力文字数の上限値を教えてください。

Answer:回答

1個の注釈で1000文字までです。(改行も1文字と数えます)

Question:質問

20.プロジェクト名の最大長は何文字ですか?

Answer:回答

プロジェクト名に登録できるのは、全角半角に関係無く100文字までとなります。

Question:質問

21.添付ファイルサイズの上限が50MBとなっていますが、これを変更できないでしょうか?

Answer:回答

添付ファイルサイズの上限値を変更することはできません。

Question:質問

22.SynViz S2を使う場合、各種項目数に関して推奨値や上限値はありますか?

Answer:回答

推奨値については以下を参照ください。この値を超えると応答時間や画面のスクロール時間が長くなる可能性があります。(大きくなる可能性がある場合はご相談ください)

  1. システム全体
    • プロジェクト数・・・4000
    • ユーザ数・・・1000
    • シフト数・・・4程度
  2. プロジェクトの大きさ
    • タスク数・・・600
    • アクティビティ数・・・400
    • マイルストーン・・・100
    • チェックポイント・・・40
    • イナズマ線・・・16
    • 実績・・・600
    • サブプロジェクト・・・4
    • 関連線・・・200
    • カスタム属性・・・数個
    • タスクの階層・・・10
  3. その他の留意点
    • 期間が長いアクティビティが多い(数ヶ月が100以上)
    • 関連線の期間が長い(1ヶ月以上)
    • ガントチャートの表示期間が長い、またはシフト数が多い((期間の日数×シフト数)が1000以上)

なお、各項目の上限値は下記になっています。

  • プロジェクト名・・・100文字(タスク名、アクティビティ名なども同じ)
  • プロジェクトのコメント・・・1000文字(タスク、アクティビティなども同じ)
  • 注釈の文字数・・・1000文字
  • カスタム属性(単一行テキスト)・・・200文字
  • カスタム属性(複数行テキスト)・・・1000文字
  • カスタム属性(列挙型、リスト型)・・・1項目あたり100文字、全体で1000文字
  • 登録できる添付ファイルのサイズ・・・50MB

Question:質問

23.添付ファイルを登録しようとしたらできませんでした。何か制限があるのでしょうか?

Answer:回答

ファイル1個あたりのサイズは最大50MBまでです。
また、セキュリティのため、以下の形式のファイルは添付ファイルとして登録できません。

  1. 拡張子が「com exe bat cmd vbs vbe js jse wsf wsh」のいずれか
  2. ファイル名に「&#」または「;」を含む

Question:質問

24.英語に切り替えると、オンラインヘルプが参照できません。

Answer:回答

申し訳ありませんが、英語版オンラインヘルプについてはサポートサイトからのダウンロード提供になります。
ダウンロードした英語版オンラインヘルプを単体でご利用頂けます。
また、オンプレミス版のお客様は、サーバにインストールしてご利用いただくこともできます。

Question:質問

25.タスクの行数、階層の深さに制限はありますか?

Answer:回答

行数、階層の深さはプログラム上制限はありません。
ただし行、深さが増えると性能が劣化し、検索性など使い勝手が悪くなります。
環境にもよりますが、おおむね600行、10階層を目安にお考えください。
それ以上深くしたい場合、サブプロジェクト機能によってプロジェクトの分割をご検討ください。

Question:質問

26.セッションタイムアウト時間を変更することは可能ですか?[new]

Answer:回答

セッションタイムアウト時間を変更することはできません。

Question:質問

27.ログインしている人数が同時ログインユーザ数のライセンス上限である状態で、ログインしようとするとどうなりますか?[new]

Answer:回答

同時ログインユーザ数がライセンス上限を超えている旨のエラーが表示され、ログインできません。また、トレースログにも同時ログインユーザ数がライセンス上限を超えている旨のエラー情報が出力されます。

発生しやすい現象と対応方法

Question:質問

28.画面の操作領域をもっと広く使う方法はありませんか?

Answer:回答

  1. Internet Explorer(ブラウザ)における拡大方法
    ブラウザの全画面表示(F11キー)を使用するとブラウザのメニュー表示領域が非表示になり、SynViz S2の画面の表示領域を拡大することができます。
    (ブラウザのメニュー表示領域を再表示し、SynViz S2の画面の表示領域を縮小するには、F11キーを再度押下します。)
  2. SynViz S2の機能を用いた拡大方法
    1. ログイン後、画面右上の「最大化」のアイコンを押下すると、画面左側に表示されている「プロジェクト」などのタブが非表示になり、SynViz S2の画面の表示領域が拡大します。
      (タブを再表示し、SynViz S2の画面の表示領域を縮小するには、画面右上の「元に戻す(縮小化)」のアイコンを押下します。)
    2. タスク情報とガントチャート領域の境界線をドラッグして、表示範囲を調整することができます。
    3. ガントチャートのズーム機能で縮小表示すると、広い範囲を表示できます。

Question:質問

29.SynVizS2にログインできなかったり、ログイン画面が表示されないことがあります。

Answer:回答

Internet Explorer内にキャッシュされている情報が壊れている可能性があります。Ctrl+F5キーで強制リロードを実行してください。
強制リロードで改善しない場合、下記の手順で履歴や一時情報の削除をお願い致します。
※ブラウザに保存してあるパスワードなども削除されますが、ご了承くださいますようお願い致します。

  1. 「ツール」メニューからインターネットオプションを選択してください。
  2. 「閲覧の履歴」の「削除」ボタンを押下してください。
  3. 「お気に入りWebサイトデータを保持する」のチェックを外し、それ以外の項目にはチェックを付けた後に「削除」ボタンを押下してください。

Question:質問

30.ガントチャートが表示されません。

Answer:回答

インターネットオプションの以下の設定で解決する可能性があります。

<アドオンのチェック>

  1. ブラウザのツール(T) - [アドオンの管理(A)]をクリックします。
  2. 表示を[すべてのアイコン]に変更します。
  3. Shockwave Flash Objectをクリックします。
  4. 状態が無効になっていれば、[有効にする(E)]をクリックします。

<ActiveXのチェック>

  1. ブラウザのツール(T) - インターネット オプション(O)をクリックします。
  2. [セキュリティ]タブをクリックします。
  3. [セキュリティ設定ゾーン]を選択します。
  4. [レベルのカスタマイズ]ボタンをクリックします。
  5. [ActiveXコントロールとプラグインの実行]の[有効にする]ラジオボタンをクリックします。
  6. [OK]ボタンをクリックします。

<信頼済サイトへの登録>
(<ActiveXのチェック>のセキュリティ設定ゾーンの選択でインターネット以外を選択した場合のみ)

  1. ブラウザのツール(T) - インターネット オプション(O)をクリックします。
  2. [セキュリティ]タブをクリックします。
  3. <ActiveXのチェック>の3.で選択した[セキュリティ設定ゾーン]を選択します。(インターネット以外のみ)
  4. [サイト(S)]ボタンをクリックします。
  5. [このWebサイトをゾーンに追加する(D)]にSynViz S2のURLのホスト名を入力します。
  6. [追加(A)]ボタンをクリックします。
  7. [閉じる(C)]ボタンをクリックします。

<詳細設定のチェック>(IE9以降の場合のみ)

  1. ブラウザのツール(T) - インターネット オプション(O)をクリックします。
  2. [詳細設定]タブをクリックします。
  3. 「GPUレンダリングではなく、ソフトウェアレンダリングを使用する」のチェックをONにします。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

ActiveXフィルターが有効になっている場合は、以下の手順で無効化してください。

(IE9以降の場合のみ)

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. SynViz S2のログインページを開いてください。
  3. アドレスバーの右側に、丸の中に斜め線(駐車禁止標識と似た形状)の青いアイコンが表示されている場合は、クリックして無効にします。(そのアイコンが表示されていない場合は、ActiveXフィルターは無効ですのでそのままお使いいただけます。)

Question:質問

31.添付ファイルをダウンロードすると毎回画面のリフレッシュが発生します。

Answer:回答

IEのセキュリティ設定で、ダウンロード時に警告バーを表示する設定がONになっていると発生します。
この設定を解除するためには、以下の設定を行います。

  1. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [このゾーンのセキュリティのレベル] の [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  4. [ダウンロード]の[ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示]の[有効にする]を選択します。

Question:質問

32.添付ファイルはあまり使用していないのに、ディスクの使用量が大きいのはなぜですか?

Answer:回答

ログが蓄積してディスクの使用量が増加している可能性があります。ログの保存期間を短くすることを検討ください。保存期間より古いログは自動削除されます。
ログの保存期間は、管理メニュー→システム設定→ログ で設定できます。
詳細はオンラインヘルプを参照してください。

Question:質問

33.添付ファイルに、社内のファイルサーバ(Windows)にあるファイルへのリンクを登録できますか?

Answer:回答

  1. SaaS版をご利用の場合:
    ブラウザのセキュリティ機能により、S2の画面(インターネットゾーン)から社内のファイルサーバへのアクセスは通常はできません。
  2. オンプレミス版をご利用の場合:
    可能です。添付ファイルを登録する画面で、区分を「URL」としてください。URL欄に「UNC」という形式でファイルの場所を入力してください。UNCについて詳しくはWindowsのヘルプ等を参照してください。
    例)\\FILESERVER\共有フォルダ名\サブフォルダ名\ファイル名

Question:質問

34.プロジェクトをエクスポートしようとすると、ダイアログは表示されるがファイル保存ができません。

Answer:回答

ダイアログが表示されたらそのままでしばらくお待ち下さい。ファイル生成に多少時間がかかります。そのあと、ファイル保存ができるようになります。

Question:質問

35.あるダイアログ画面でOKボタンやキャンセルボタンが見当たらず操作できなくなりました。

Answer:回答

ブラウザのウィンドウが小さいために、ダイアログのボタンが表示領域からはみ出して操作できない場合があります。
次の操作で回避してください。
・F11キーを押してブラウザを全画面表示にして下さい。(もう一度F11キーを押すと戻ります)
・ダイアログ画面を小さめにリサイズ後、ボタンが表示される位置に移動させて下さい。

ダイアログのサイズはユーザ単位に記憶しています。広い画面のPCで利用したあと、狭い画面のPCで利用すると発生しやすいためご注意ください。

ユーザ管理・パスワード

Question:質問

36.パスワードの有効期限が切れるとどうなりますか? 使えなくなるのでしょうか?

Answer:回答

SaaS版では、パスワードの有効期限は90日間となっています。
最後にパスワードを変更してから90日後にログインしようとすると、強制的にパスワード変更画面に遷移し、変更するまでホーム画面にすすめなくなります。
なお、有効期限の14日前から管理メニューアイコン(歯車型)に「!」マークが付き、パスワードの有効期限が近づいていることをお知らせします。早めの変更をお願いします。
なお、オンプレミス版ではパスワードの有効期限をSynViz S2インストール時に設定できます。デフォルトは無期限となっています。

Question:質問

37.パスワード有効期限を無期限にできますか?

Answer:回答

SaaS版でご利用の場合、パスワードを無期限にすることはできません。
有効期間の90日を過ぎてからログインするとパスワード変更画面に遷移しますので、変更してください。
なお、オンプレミス版ではパスワードの有効期限をSynViz S2インストール時に設定できます。デフォルトは無期限となっています。

Question:質問

38.プロジェクトメンバにグループを追加した場合、グループ配下のユーザは、リソースとして使用できないのでしょうか?

Answer:回答

グループおよびその配下のユーザをリソースとして使用することができます。リソースとして使用したい場合、下記を実施してください。

  1. グループの追加画面を開き、画面上部の「リソースとして使用」で「はい」を選択します。
  2. 検索タブもしくはツリーから選択タブでリソースとして使用するグループを選択します。
  3. OKボタンを押下します。

なお、プロジェクトリソースとしてグループ配下のリソースを使用したい場合は、プロジェクトリソースタブでグループの追加を実施してください。

Question:質問

39.SynVizS2のパスワードポリシーはどうなっていますか?

Answer:回答

下記のポリシーになっています。なお、オンプレミス版ではSynViz S2インストール時にパスワードポリシーを設定できます。インストール後はパスワードポリシーを変更することができません。

  • 8文字以上である必要があります。
  • 英字、数字、記号のうち2種類以上を含めてください。(SaaS版のみ)
  • ログインID、ユーザ名、略称と同じパスワードは使用できません。(SaaS版のみ)
  • 現在のパスワードと同じ値は使用できません。
  • パスワード有効期限は90日です。(SaaS版のみ)

Question:質問

40.役割がシステム管理者のユーザでも関連するプロジェクトしか参照できません。システム管理者は全プロジェクトを参照することはできないのでしょうか?

Answer:回答

システム管理者は全プロジェクトを参照することはできません。
全プロジェクトを参照できるのは特権ユーザのみとなります。

Question:質問

41.ログイン画面で保存できるテナントIDとログインIDはどこに保存されているのでしょうか?

Answer:回答

クライアントPCのブラウザのCookieに保存されます。
Cookieは7日間保存され、その間に1度もログインしていないと削除されます。
また、「ログインIDを保存する」のチェックを外してログインしたときも削除されます。
※7日間という保存期間を変更することはできません。

Question:質問

42.ユーザグループ単位に、プロジェクトに対して権限の設定ができますか?

Answer:回答

プロジェクトの権限を、グループ単位に与えることは可能です。
プロジェクトを開いて、プロジェクトのメンバを設定する画面がありますが、「グループの追加」ボタンを押すと、グループを指定して権限設定できます。
指定されたグループ配下(複数段ある場合はそれらすべて)にいるユーザは、そのグループと同じ権限を与えられた状態になります。
組織変更などで、ユーザの所属グループが変更になった場合はそれが反映され、変更先のグループの権限になります。
なお、ユーザ個人での権限と、グループの権限の両方が設定されている場合、ユーザ個人の権限が優先されます。

Question:質問

43.管理メニューのユーザ・リソース画面の、ユーザの並び順は何がキーですか?

Answer:回答

ユーザ・リソース画面には「ツリー」「ユーザ検索」「リソース検索」「グループ検索」の4つのタブがありで、それぞれ下記になります。

<ツリー>
ツリーの同一階層内は、ユーザ、リソース、グループの順に表示されます。
さらにそれぞれ以下のキーで昇順に表示されます。

  1. ユーザ :「ふりがな」が第1キー、「ユーザ名」が第2キーとなります。
  2. リソース:「ふりがな」が第1キー、「リソース名」が第2キーとなります。
  3. グループ:グループ作成時もしくは移動時に指定した順に表示されます。

<ユーザ検索>
「ふりがな」が第1キー、「ユーザ名」が第2キーで、昇順で表示されます。

<リソース検索>
「ふりがな」が第1キー、「リソース名」が第2キーで、昇順で表示されます。

<グループ検索>
「ふりがな」が第1キー、「グループ名」が第2キーで、昇順で表示されます。

Question:質問

44.管理メニューのユーザ・リソース画面の、ユーザの並び順を指定することは可能ですか?

Answer:回答

ユーザ・リソース画面には「ツリー」「ユーザ検索」「リソース検索」「グループ検索」の4つのタブがありますので、それぞれ以下に回答させていただきます。

  1. ツリー
    グループについては、作成または移動時に指定可能です。ユーザとリソースについては、「ふりがな」および「ユーザ名」以外での並び順の指定はできません。
  2. ユーザ検索
    初期のソート順を変更することはできませんが、一覧表示後にヘッダ項目をクリックすることでソートすることが可能です。
  3. リソース検索
    初期のソート順を変更することはできませんが、一覧表示後にヘッダ項目をクリックすることでソートすることが可能です。
  4. グループ検索
    初期のソート順を変更することはできませんが、一覧表示後にヘッダ項目をクリックすることでソートすることが可能です。

Question:質問

45.一度削除したユーザをマスタメンテナンスツールで復活させる方法を教えてください。

Answer:回答

下記の手順で復活することができます。

  1. コマンドライン引数-iを指定して、ユーザ情報をダウンロードします。(削除済みを含めたユーザ情報がダウンロードされます)
  2. ダウンロードデータを確認、修正します。CSVデータ上で「Deleted」が「1」となっているユーザが削除済みのユーザとなります。復活(削除の取り消し)させたいユーザの「TargetFlag」を、「0」から「1」に変更します。
  3. 修正した情報をアップロードします。

Question:質問

46.ある特定のユーザを一時的に利用できなくする方法はありますか。ただしリソースとしては残っているようにしたい場合はどうすればよいですか?

Answer:回答

特定ユーザを一時的に利用できなくし、かつリソースとして残す機能はありません。
代替案として、パスワードをリセットする方法があります。パスワードリセット操作が可能なのは特権ユーザのみであり、リセット後のパスワードは該当のユーザには自動的に通知されません。
詳細はオンラインヘルプを参照して下さい。
トップ > ユーザーズマニュアル > 画面の使い方 > 管理者メニュー > ユーザ・リソース > ユーザのパスワードのリセット

Question:質問

47.ユーザを削除した場合、アクティビティが割り当てられていたリソースはどうなりますか?

Answer:回答

ユーザを削除しても、削除前のリソース割当や実績の情報は削除されず表示されます。参照や割当の解除は可能ですが、新規に割当するような操作はできません。プロジェクトメンバ一覧には表示されません。
(v2.1以前のバージョンでは、削除したユーザはガントチャートに表示されていませんでした。v2.2から上記の動作に変更しています)

Question:質問

48.プロジェクトメンバを追加するときに、所属グループなどを指定してユーザを検索することができますか?

Answer:回答

ユーザ検索の「詳細条件」を指定することにより、所属グループなどを指定して検索することが可能です。
注意事項としまして、所属グループの略称を登録されている場合は条件の値にグループの略称を指定してください。略称が登録されていない場合は、グループ名を条件の値に指定してください。
また、検索結果に表示される所属グループは、グループの上位3階層までの表示となっておりますが、検索はすべての階層で行われます。

Question:質問

49.組織改編に伴い、マスタメンテナンスツールを使用して、グループの全削除→全登録は可能ですか?

Answer:回答

グループを削除すると、プロジェクトメンバにグループを設定しているプロジェクトで、設定が意図せず解除されてしまう場合があります。
また、削除したグループは、同一IDで再登録(復活)することができません。
よって、新設のグループや廃止となるグループ以外は、削除→登録とせず、更新を使用してください。

Question:質問

50.システム役割が「一般ユーザ」のユーザが、管理メニューのユーザ・リソースや役割の画面を参照できないようにできませんか?

Answer:回答

管理メニューのユーザ・リソースや役割のタブを表示させないようにする方法はありません。
SynViz S2では、一般ユーザであっても、プロジェクト役割としてプロジェクト管理者になることが可能です。その場合には、プロジェクトメンバを選択する際には、ユーザ・リソースを参照できる必要があり、参照できるものは表示するようになっています。

Question:質問

51.パワーユーザでシステムカレンダを変更不可にできますか?

Answer:回答

管理メニューの「役割」タブでパワーユーザを選択し、「カレンダの編集」権限を解除してください。

Question:質問

52.システムカレンダ、プロジェクトカレンダ以外に、個人カレンダは作成できますか?

Answer:回答

バージョン2.0より個人毎にリソースカレンダを作成することが可能となり、プロジェクトでリソース割当を行ったときの負荷山積みは、個人のリソースカレンダを参照するようになります。

Question:質問

53.ログインユーザの表示で最終アクセス時刻からタイムアウト時間(標準1時間)を過ぎてもログイン中で表示されていることがあります。

Answer:回答

最終アクセス日時からタイムアウト時間以上経過してセッションが切れても、ログインユーザの一覧から情報が削除されるタイミングは、次に他のユーザがログインを行ったときとなります。
また、表示されていても同時ログイン数のカウントの中には入りません。

Question:質問

54.パスワードを忘れた場合、パスワードをリセットできますか?

Answer:回答

特権ユーザでのみユーザのパスワードがリセットできます。

Question:質問

55.ログイン時のパスワードを変更できますか?

Answer:回答

一旦ログイン後、以下の手順で変更を実施してください。

  • ホーム画面のヘッダエリアにある「管理メニュー」を押下すると管理メニュー画面に遷移します。
  • タブエリアの「個人設定」の「パスワード更新」から変更を行います。

Question:質問

56.マスタメンテナンスツールとは何ができるツールですか。

Answer:回答

システム管理部門の担当者がSynViz S2へのユーザ登録を始めとするSynViz S2のマスタ情報を一括で追加・編集・削除するためのコマンドラインツールです。
CSV形式で用意したマスタ情報を読み込み、SynViz S2のデータベースへの登録や編集が可能です。マスタ情報は下記が該当します。

  • グループ
  • ユーザ
  • ユーザの兼務
  • グローバルリソース
  • グローバルリソースの兼務
  • 役割

ガントチャート操作(計画時)

Question:質問

57.アクティビティ作成時の色のデフォルト値を変更できますか?

Answer:回答

システム全体やプロジェクト毎にデフォルト値を変更できます。

  • システム全体の場合・・・システム管理者ユーザでログインしていただき、「管理メニュー」⇒「システム設定」タブ⇒「アクティビティ/マイルストーン」タブから変更可能です。
  • プロジェクト毎の場合・・・プロジェクト管理者でプロジェクトを開いていただき、「プロジェクト設定」タブ⇒「アクティビティ/マイルストーン」タブから変更可能です。

Question:質問

58.複数のメンバで同時に日程計画を編集できますか?

Answer:回答

全員がロックしていない状態であれば、同時に編集が可能です。誰かがロックしていると、そのユーザのみ編集できます。
ガントチャートを開いた時に、自動的にロックしないようにするには、プロジェクト設定で変更が可能です。
実績については、ロック状態にかかわらずいつでも複数人同時に登録操作可能です。

Question:質問

59.複数のメンバが同時にプロジェクトを編集する場合、標準でアンロック状態にすることができますか?

Answer:回答

プロジェクト設定画面の「ガントチャートの自動ロック」の設定により、ガントチャート画面を開いたときに、自動的にロックするかどうかをプロジェクト単位で設定することが可能です。

Question:質問

60.プロジェクトのロック/アンロック状態を任意のタイミングで変更する方法はありますか?

Answer:回答

プロジェクトのロック/アンロックはツールバーの「ロック」アイコンをクリックして切り替えます。

  • デフォルトでは最初に編集権限があるユーザが開いたときに、ロックされていて他のユーザが編集できません。
    (ツールバーの右側に「○○がロック中です。」と表示されます)
  • アンロックすると、計画編集権限を持っている他のユーザが計画を更新できるようになります。
    ただし、計画編集中に「元に戻す」機能が使えなくなります。
  • デフォルトでガントチャートを開いたときにロックされないようにするためには、プロジェクト設定タブで「ガントチャートの自動ロック」のチェックをOFFにしてください。

Question:質問

61.ロックが解除される条件を教えてください。

Answer:回答

下記のいずれかでロックは解除されます。

  • ロックしたユーザがロックを解除します。
  • ロックしたユーザがプロジェクトを閉じます。
  • ロックしたユーザがログアウトします。(タイムアウトも同様)
  • 他のユーザがロックボタン(鍵のアイコン)をクリックし、ロックの強制解除を行います。

Question:質問

62.ガントチャート編集画面で直前の操作を取り消したり(Undo)、やり直したり(Redo)することができますか?

Answer:回答

元に戻したり、やり直したりすることができます。ただし、この機能はプロジェクトがロックされた状態でないと使用できません。詳細は下記を参照してください。
トップ > ユーザーズマニュアル > 画面の使い方 > プロジェクトホーム > ガントチャート > その他の操作
※プロジェクトのロック:ツールバーの右側に「○○がロック中です。」と表示されている場合はロック中です。

Question:質問

63.サマリアクティビティの関連線の引き方は?

Answer:回答

サマリアクティビティから関連線を引くには、終端からマウスをドラッグし、接続先のアクティビティの開始日に接続して下さい。

Question:質問

64.リソース名の表示が詳細画面とアイテムボードで異なります。

Answer:回答

アイテムボードの「リソース」に表示されるのはリソースの略称となります。このため、リソースに設定されている情報のご確認をお願い致します。

  1. プロジェクトメンバをリソースとして使用している、もしくはグローバルリソースを使用している場合
    SynViz S2の管理メニューより、[ユーザ・リソース]タブを開き、今回詳細設定上で割り当てられていた担当者を選択してください。その中に略称が記載されています。
  2. プロジェクトのローカルリソースを使用している場合
    該当プロジェクトの[プロジェクトリソース]タブで、該当ローカルリソースの右側にある編集アイコンをクリックしてください。ローカルリソースの編集ダイアログが開き、その中に略称が記載されています。

Question:質問

65.ガントチャート上で計画を修正してもサマリアクティビティの進捗率がすぐに反映されません。

Answer:回答

計画変更を行った直後は、進捗状況の再計算および描画を行いません。そのため、塗りつぶしの幅が変更前の状態のままになっています。
進捗状況の再計算および描画を行うには、「最新の情報に更新」を実行してください。

Question:質問

66.チェックポイントに登録できるアクティビティは末端のアクティビティのみですか?サマリアクティビティをチェックポイントに登録できませんか?

Answer:回答

サマリアクティビティをチェックポイントに登録することはできません。
チェックポイントに登録可能なオブジェクトは以下のいずれかとなります。

  • アクティビティ
  • マイルストーン
  • シャドウアクティビティ
  • シャドウマイルストーン
  • サブプロジェクトのチェックポイント

Question:質問

67.タスクを移動するにはどうしますか?

Answer:回答

移動したいタスクを選択し、ツールバーにあるタスク移動ボタンをクリックします。
また、移動したいタスクを選択し、右クリックで表示されるメニューから「移動」 - 「移動先を指定」を選択した後、移動先をクリックすると移動したいタスクに紐付くタスクすべてを移動することができます。

Question:質問

68.タスクを削除するにはどうしますか?

Answer:回答

削除したいタスクを選択し、右クリックメニューで「削除」を選択します。選択したタスクおよびそれに紐付くタスク(子タスク)がすべて削除されます。

Question:質問

69.タスクを一括削除する方法はありますか?

Answer:回答

タスクを一括削除するには、Ctrlキーを押したまま、削除したいタスクを複数選択し、右クリックメニューで「削除」を選択します。

Question:質問

70.タスクをコピーする方法はありますか?

Answer:回答

コピー元となるタスクを選択し、右クリックから「コピー」を選択すると選択したタスクの情報をコピーします。
マウスカーソルが十字型になるので、コピー先のタスクでクリックすると、コピー元タスク情報をペーストします。
プロジェクト間をまたいだコピー&ペーストも可能です。手順は以下のとおりです。

  1. メニューバーの設定メニューから「参照プロジェクトの設定」を実行し、コピー元のプロジェクトを表示します。
  2. コピー元となるタスクを選択し、右クリックから「コピー」選択します。
  3. マウスカーソルが十字型になるので、コピー先のタスクでクリックすると、コピー元タスク情報をペーストします。

なお、タスクだけでなくアクティビティ、マイルストーン、チェックポイント、注釈もプロジェクト間をまたいだコピー&ペーストが可能です。

Question:質問

71.複数のタスクをコピーできますか?

Answer:回答

複数タスクのコピー機能は備えておりません。

Question:質問

72.タスクを選択して「→」「←」で階層を変更する方法を教えてください。

Answer:回答

  1. 「←」の動作について:
    「←」は、選択タスクを上位レベルの階層に変更します。
    その際に、選択タスクの下に存在する同一レベルのタスクは、選択タスクの下位タスクとなります。
    選択タスクはサマリタスクとなりますので、選択タスク内にアクティビティやマイルストーンが存在する場合には、階層を変更することができません。
  2. 「→」の動作について:
    「→」は、選択タスクを下位レベルの階層に変更します。
    その際に、選択タスクの上に存在する同一レベルのタスクは、選択タスクの上位タスクとなります。
    選択タスクの上に存在する同一レベルのタスクはサマリタスクとなりますので、タスク内にアクティビティやマイルストーンが存在する場合には、階層を変更することができません。

Question:質問

73.タスクごとに日程変更や実績更新を権限によって制御することはできますか?[new]

Answer:回答

タスクごとに日程変更や実績更新を権限によって制御することはできません。
厳密な制御が必要な場合は、制御するタスクごとにサブプロジェクト化していただき、それぞれのサブプロジェクトにおいてプロジェクトメンバに適切な権限を設定してください。

Question:質問

74.タスクやアクティビティごとに個別にカレンダを設定することはできますか?[new]

Answer:回答

タスクやアクティビティごとにカレンダを設定することはできません。
なお、リソース(ユーザ)ごとにカレンダを設定することは可能です。よって、アクティビティをリソースに割り当てて、リソースごとのカレンダ(リソース別ガントチャート)で管理することは可能です。

Question:質問

75.アクティビティが設定されているタスクに下位タスクを追加する方法はありますか?

Answer:回答

アクティビティが設定されているタスクに対して、下位タスクを追加することはできません。代わりに、以下の手順で操作を行ってください。

  1. タスクの上位レベルにタスクを1つ追加します。
  2. 上位タスクの追加により、該当するタスクの階層が1つ下がります。
  3. 追加した上位レベルのタスク名を元のタスク名に変更し、その下にタスクやアクティビティを作成します。

Question:質問

76.ガントチャート上でアクティビティを追加できません。なぜですか?

Answer:回答

下記の原因が考えられます。

  • アクティビティ作成モードになっていません。
    範囲選択モードではドラッグ操作ではアクティビティを追加できません。
  • プロジェクト行、サブプロジェクト行、サマリタスク行にはアクティビティを追加できません。
  • 日程編集権限がありません。
  • 他のユーザにロックされています。
  • 日程が確定されています。

Question:質問

77.1タスクに複数のアクティビティを作成可能ですか?

Answer:回答

1タスクに複数のアクティビティを作成することが可能です。
詳細はオンラインヘルプの下記を参照してください。
トップ > ユーザーズマニュアル > 画面の使い方 > プロジェクトホーム > ガントチャート > その他の操作
その際、表示が重ならないよう多段表示にすることも可能です。

Question:質問

78.アクティビティをコピーする方法はありますか?

Answer:回答

以下のいずれかの方法でコピーすることができます。

  • コピーしたいアクティビティを選択し、Ctrlキーを押したままマウスでドラッグ&ドロップを行います。
  • コピーしたいアクティビティを選択し、Ctrl+Cキーを押下します。その後、ペーストしたい位置をマウスで左クリックしてから、Ctrl+Vキーを押下します。

Question:質問

79.アクティビティやマイルストーンをマウスドラッグで移動するとき、強制的に平行移動にする方法はありますか?

Answer:回答

マウスドラッグ中にShiftキーを押すと強制的に平行移動になります。Shiftキーを放すと元に戻ります。

Question:質問

80.休日にアクティビティを置くにはどうしたら良いですか?

Answer:回答

アクティビティの編集画面の基本情報タプで「休日は不稼働」のチェックを外すことで、休日も作業日とみなしてアクティビティを配置できるようになります。

Question:質問

81.複数のアクティビティに関連線を作成する方法を教えてください。

Answer:回答

  1. 関連線を引きたい順番にShiftキーを押しながらアクティビティを選択します。
  2. アクティビティを選択した状態で、右クリックして「関連線作成」を選択すると、1.で選択した順番に関連線が作成されます。

Question:質問

82.複数のアクティビティを選択し、編集メニューを使うとどうなりますか?

Answer:回答

選択したアクティビティに共通の項目を一括入力できます。
例)「サマリに含める」、「休日は不稼動」と「作業日数を変更したとき工数を維持する」を一括設定

Question:質問

83.複数のマイルストーンを選択し、編集メニューを使うとどうなりますか?

Answer:回答

選択したマイルストーンに共通の項目を一括入力できます。
例)「サマリに含める」と「休日は不稼動」を一括設定

Question:質問

84.複数のアクティビティとマイルストーンを選択し、編集メニューを使うとどうなりますか?

Answer:回答

アクティビティとマイルストーンが混在しているとき、編集はできません。

Question:質問

85.タスクにあるアクティビティやマイルストーンが表示範囲外にあり、スクロールしないと見つけられません。簡単に見つける方法はありませんか?

Answer:回答

タスクを選択後、タブキーを押下するたびに、アクティビティやマイルストーンを順次選択することができます。
シフトキーとタブキーで逆順に選択します。

Question:質問

86.3つ以上のアクティビティを選択すると関連線はどのように引かれるのですか?

Answer:回答

アクティビティを選択した順番に、関連線が作成されます。アクティビティの期間は考慮されません。

Question:質問

87.クリティカルパスの操作方法を教えてください。

Answer:回答

メニュー:[ツール]-[クリティカルパス]-[表示]と選択してください。

Question:質問

88.クリティカルパスはどうやって決めるのですか?

Answer:回答

「関連線に設定した余裕日数」と「前アクティビティの終了日と後続アクティビティの開始日の日数」とで決まります。
余裕日数≦前アクティビティの終了日と後続アクティビティの開始日の日数
の時、クリティカルパスとなります。

Question:質問

89.アクティビティ(前アクティビティの終了と後アクティビティの開始)が離れていたらクリティカルパスと判断されますか?

Answer:回答

離れていても、関連線に設定した「余裕日数」と同じもしくは短い間隔であればクリティカルパスと判断します。

Question:質問

90.クリティカルパスの余裕日数とはどういうときに使うのか。どこに設定するのですか?

Answer:回答

次のアクティビティまでに必要な期間を余裕日数として関連線に設定します。

Question:質問

91.作成した日程を編集権限のあるユーザでも更新できないようにすることができますか?

Answer:回答

下記の手順で日程を確定すると、権限のあるユーザでも日程変更できないようにすることができます。

  1. 「ガントチャート」画面で、「プロジェクト⇒日程を確定」のメニューを選択します。
  2. 現在のガントチャートの日程を日程確定版として保存するため、「日程の確定」画面で名称、およびをコメントを入力し、「OK」ボタンを押下します。

詳細は下記オンラインヘルプを参照してください。
トップ > ユーザーズマニュアル > 画面の使い方 > プロジェクトホーム > ガントチャート > 計画の途中段階を登録・参照・編集する

Question:質問

92.確定した日程を再度変更できるようにするには、どうすればいいのでしょうか?

Answer:回答

下記の手順を行うことで、編集可能になります。

  1. ガントチャート画面で、「プロジェクト⇒日程を更新」のメニューを選択します。
  2. 確認画面で「OK」ボタンを押下すると、日程を編集可能になります。

詳細は下記オンラインヘルプを参照してください。
ホーム > ユーザーズマニュアル > 画面の使い方 > プロジェクトホーム > ガントチャート > 計画の途中段階を登録・参照・編集する

Question:質問

93.日程確定時またはスナップショットの状態に戻って編集再開することができますか?

Answer:回答

日程確定時には履歴を保存しますので戻すことができます。
履歴を開いたあと、[プロジェクト]-[この日程計画を編集...]を選択すると編集できるようになります。ただし、直前まで編集していた日程は自動的にスナップショットとなり、編集できなくなりますのでご注意ください。

Question:質問

94.確定した日程のみを公開し、編集中の日程は見せないことはできますか?[new]

Answer:回答

バージョン2.6から、プロジェクト作成時に「編集中の日程を隠す」チェックボックスをONにすると、日程を編集する権限を持たないユーザは確定した日程しか参照できないようにすることができます。

Question:質問

95.予定工数を入力する操作方法を教えてください。

Answer:回答

アクティビティをダブルクリックすると編集ダイアログが表示されます。予定工数欄に入力してください。

Question:質問

96.アクティビティの期間を増減させると、予定工数が連動して増減します。変わらないようにする方法を教えて下さい。

Answer:回答

[設定]- [オプション...]で[常に工数を維持する]を選択してください。
または、アクティビティの編集で[作業日数を変更したとき予定工数を維持する]にチェックを入れてください。

Question:質問

97.予定工数が自動的に変わることがありますか?

Answer:回答

アクティビティの属性で[作業日数を変更したとき予定工数を維持する]にチェックを入れていないときは、期間の変更に応じて予定工数が変化します。デフォルト状態ではチェックが入っていませんのでご注意ください。

Question:質問

98.アクティビティへのリソースの割当を効率的に行う方法はありませんか? 例えば、1つのアクティビティの複数リソースを等分に割り当てる方法はないでしょうか。

Answer:回答

「リソース別ガント」を利用してください。

  1. タスク別ガントでリソースを割当てるアクティビティを選択します。
  2. リソース別ガントでコントロールキーを押しながら、割り当てたいリソースの行をクリックします。
  3. 2つ以上のリソースに割り当てたい場合、コントロールキーとシフトキーを押しながら、割り当てたいリソースの行を順にクリックします。この際、予定工数は均等に割り当てられます。

Question:質問

99.関連線はマウスで引けますか?その場合、どのように操作するのですか?

Answer:回答

アクティビティを選択していない状態で、マウスをアクティビティへ移動すると、右側にオレンジ色の四角形が表示されます。これをマウスで掴んで、関連先のアクティビティまで引っ張ると関連線が引けます。

Question:質問

100.アクティビティの計画情報の更新を抑止することができますか?

Answer:回答

アクティビティを右クリック-[固定]を選択することで、アクティビティ毎に固定することができます。

ガントチャート操作(進捗管理)

Question:質問

101.アクティビティの実績入力方法を教えてください。

Answer:回答

アクティビティの実績入力方法として、以下の2通りの方法があります。

  • アクティビティを選択して、青三角をドラッグして進捗率を直接更新します。
  • アクティビティを選択して、右クリックで「実績の更新」を選択し、「アクティビティ実績更新」の画面中の、仕掛中の欄にある進捗率のテキストボックスに、値を直接入力して更新します。

Question:質問

102.実績の変更履歴はわかりますか。

Answer:回答

アクティビティ毎の進捗率の履歴は報告日単位に保存されています。アクティビティの右クリックで[実績の更新]を選択してから、左下の更新履歴ボタンを押すと参照できます。
なお、実績工数の履歴は、アクティビティの右クリックで[実績工数]を選択してから、リソースごとの鉛筆アイコンを押すと参照できます。

Question:質問

103.複数のユーザが同時に実績を入力できますか?

Answer:回答

複数のユーザが同時に実績入力が可能です。同一の計画に対し実績登録を行った場合は後勝ちとなり、最後に行った操作が有効になります。

Question:質問

104.プロジェクトがロックされた状態で実績の更新はできますか?

Answer:回答

ロックされた状態でも実績更新は可能です。
詳細は下記オンラインヘルプを参照してください。
トップ > ユーザーズマニュアル > 機能詳細 > ロックと排他制御 > 実績の排他

Question:質問

105.サマリアクティビティの遅延日数はどのようにして算出されていますか?

Answer:回答

サマリアクティビティの遅延日数は、下位タスクどうしで作業期間の重なりがない場合には、下位タスクの遅延日数の合計となります。
しかし、下位タスクに作業期間の重なりがある場合には、
サマリの期間日数と、下位タスクの作業日数の合計の比率によって調整を行っています。

詳細は下記オンラインヘルプを参照してください。
ユーザーズマニュアル > 機能詳細 > 実績の更新と進捗の表現 > 遅延日数の算出方法

Question:質問

106.サマリアクティビティの進捗率はどのようにして算出されていますか?

Answer:回答

サマリアクティビティの進捗率は、配下のアクティビティ・マイルストーンの作業日数の和に対し、個々の進捗率から求まる完了日数の和の比率です。
式で表すと以下のようになります。マイルストーンの作業日数は1日とみなします。

サマリタスクの進捗率 = 完了日数合計 ÷ 作業日数合計
完了日数合計 = Σ(各アクティビティやマイルストーンの進捗率 × 各アクティビティやマイルストーンの予定作業日数)
作業日数合計 = Σ(各アクティビティやマイルストーンの予定作業日数)

Question:質問

107.遅延したアクティビティの枠線の色を変える機能はありませんか?

Answer:回答

アクティビティの枠線の色を変えることはできません。
その代わり、タスク毎に、アイテムボードで進捗率を表示すると、進捗率欄の背景色が変わります。(遅延しているタスクはピンク色に、進行中のタスクは水色になります)
詳細は下記オンラインヘルプを参照してください。
トップ > ユーザーズマニュアル > 機能詳細 > 実績の更新と進捗の表現

Question:質問

108.アクティビティの遅延状況が一目でわかる機能はありますか?

Answer:回答

次の方法で確認できます。
詳細はオンラインヘルプを参照してください。

  1. アイテムボードで進捗率を表示すると、遅延しているタスクについて、進捗率欄の背景がピンク色になります。
    トップ > ユーザーズマニュアル > 機能詳細 > 実績の更新と進捗の表現
  2. ガントチャート画面左上にある行フィルタで、「遅延している作業のみ」を選択すると、遅延しているタスクのみを表示することができます。
    トップ > ユーザーズマニュアル > 機能詳細 > 行フィルタ

Question:質問

109.進捗率を日付にあわせたいのですが、マウスドラッグでやるとぴったりあいません。

Answer:回答

シフトキーを押しながらドラッグして下さい。進捗率がより細かく設定できます。
また、左右矢印キーで1%単位、シフトキー+左右矢印キーで小数単位で進捗率を増減することができます。

Question:質問

110.チェックポイントの色や進捗率はどのような仕様になっていますか?

Answer:回答

  1. 色について
    オンラインマニュアルの下記に記載されておりますのでご参照ください。
    トップ > ユーザーズマニュアル > 画面の使い方 > プロジェクトホーム > ガントチャート > チェックポイントの操作
  2. 進捗率について
    オンラインマニュアルの以下の箇所に記載している仕様となりますが、完了条件の項目数を分母、完了条件の完了の項目数が分子として計算され、表示されます。
    トップ > ユーザーズマニュアル > 画面の使い方 > プロジェクトホーム > ガントチャート > チェックポイントの操作 > チェックポイントの編集

Question:質問

111.サマリアクティビティの実績を最新状態に更新するには、どうすればいいのでしょうか?

Answer:回答

ツールバーの「最新の情報に更新」アイコンをクリックすると、最新の状態に更新されます。

Question:質問

112.イナズマ線を作成するには、どうすればいいのでしょうか?

Answer:回答

ツールバーの「イナズマ線の作成」ボタンをクリックし、ガントチャート内のイナズマ線を作成したい日付の列の部分でクリックすると指定された日付でイナズマ線が作成されます。
イナズマ線は作成時に選択された日付に対して、実績の報告日が以前のアクティビティのみが対象となります。

例)

  • イナズマ線作成日 8/10
    アクティビティの実績報告日 8/7
    → イナズマ線作成対象になります。
  • イナズマ線作成日 8/10
    アクティビティの実績報告日 8/12
    → イナズマ線作成対象外です。

Question:質問

113.見込み着手日、見込み完了日を入力する操作方法を教えてください。

Answer:回答

アクティビティを右クリックして[見込みの入力...]を選択してください。

Question:質問

114.予定と見込みは何が違うのですか。

Answer:回答

予定は日程計画編集権限があるユーザのみ編集可能です。
見込みは編集権限がなくても実績登録権限があれば入力できます。
計画立案してから状況が変化し、担当者レベルでの最新の見通しが当初予定との差異が発生している場合、これを見込みとして入力して他のプロジェクトメンバに伝えるための機能です。

Question:質問

115.基準報告日とは何ですか?

Answer:回答

ガントチャートの進捗状況の基準となる日付を指します。実績更新時の報告日のデフォルト値となります。

Question:質問

116.過去時点のイナズマ線は引けますか?

Answer:回答

過去のイナズマ線も引けます。その当時の進捗でイナズマ線が描画されます。

Question:質問

117.イナズマ線を引く対象にならないアクティビティがあります。どうすれば対象にできますか。

Answer:回答

「サマリに含める」がOFFになっているとイナズマ線の対象になりません。ONにしてから「最新の情報に更新」を実行してください。
同一タスクに複数アクティビティがある場合は、そのうちひとつだけがイナズマ線の対象になります。特定のアクティビティを対象にしたい場合、イナズマ線にマウスを近づけて花火つきの矢印になってから対象にしたいアクティビティ上にドラックして下さい。

Question:質問

118.アクティビティをイナズマ線の対象としないようにするにはどうすればよいですか。

Answer:回答

イナズマ線とアクティビティの交点(進捗ポイントと呼びます)をマウスでクリックすると選択できます。その状態でDELETEキーを押し進捗ポイントを削除すると、イナズマ線の対象外になります。

Question:質問

119.イナズマ線が思ったように表示されないのですがなぜでしょうか。

Answer:回答

進捗率は報告日時点での進捗として登録されます。報告日をきちんと設定せずに進捗を登録するとイナズマ線がずれることになります。
また、実績更新時の報告日のデフォルトは「基準報告日」になります。実績入力前に基準報告日を変更しておくと良いです。
過去に入力した実績の報告日を確認するには、アクティビティの右クリックで[実績の更新]を選択してから、左下の更新履歴ボタンを押して下さい。報告日と進捗の一覧が表示されるので、間違っている登録を削除して登録しなおして下さい。

Question:質問

120.日程確定中も注釈・図形を編集したいのですが、可能ですか?

Answer:回答

可能です。
プロジェクト設定画面で、「全般」タブにある「日程確定中の注釈利用」にチェックをつけてください。

Question:質問

121.「報告者」のプロジェクトメンバでも注釈・図形を使用したいのですが、可能ですか?

Answer:回答

可能です。
「報告者」の役割でも注釈編集したい場合は報告者に「注釈編集」権限を付与してください。 ただし、プロジェクト役割の権限を変更すると、同じ役割を使用したすべてのプロジェクトメンバに影響しますので、ご注意ください。

ガントチャート操作(リソース管理)

Question:質問

122.リソースグラフの「標準能力」(1日に作業できる時間数)は変更可能ですか?

Answer:回答

変更可能ですが、参照/更新にはシステム管理者権限が必要です。システム設定画面 > ユーザタブから標準能力が表示・編集できます。

Question:質問

123.リソースグラフには、複数リソースの負荷をまとめて表示することはできないのでしょうか?

Answer:回答

可能です。

  1. まず、リソース別ガントを表示してください。
  2. 対象のリソースをコントロールキーを押しながら複数選択します。
  3. 選択したリソースの上で右クリック-[リソースグラフを表示]を選択します。

Question:質問

124.グループやチームに作業を割り当てた場合、リソース別ガントチャートに割当アクティビティは表示されないのでしょうか?[updated]

Answer:回答

バージョン2.6より、リソース別ガントチャートにグループやチームの割当アクティビティを表示することができます。

Question:質問

125.リソース割当する際に、リソース割当メニューの割当先の選択肢を絞り込むことはできないでしょうか?

Answer:回答

表示リソースの設定機能をご利用ください。
手順は下記のとおりです。

  1. メニューバーの設定メニューから「表示リソースの設定」を実行します。
  2. 表示リソースを新規作成し、割当可能リソースの中から任意のリソース(メンバ/リソース/チーム/グループ)を設定します。
  3. メニューバーの表示メニューの「表示リソースの切り替え」から表示リソースを選択します。
  4. アクティビティ/マイルストーンのリソース割当メニューに「選択中の表示リソース」が追加され、上記で選択した表示リソースが表示されます。

詳細はオンラインヘルプを参照してください。

Question:質問

126.リソース別ガントチャートの表示が完了するまで時間がかかります。改善する方法はないでしょうか?

Answer:回答

次のいずれかの方法をお試しください。

  • 表示リソースの設定機能を利用し、リソース別ガントに表示するリソースを絞り込む。
  • 表示期間の設定機能を利用し、表示期間を縮める。

各機能のご利用方法はオンラインヘルプを参照してください。

Question:質問

127.リソースグラフの表示が完了するまで時間がかかります。改善する方法はないでしょうか?

Answer:回答

表示期間の設定機能をご利用ください。
表示期間を縮めることでリソースグラフに表示される負荷の数が減るため、表示完了までの時間を短縮できます。

機能のご利用方法はオンラインヘルプを参照してください。

Question:質問

128.リソースグラフの縦スクロールバーは表示できないのでしょうか?[new]

Answer:回答

リソースグラフの縦スクロールバーは操作できない仕様です。次のいずれかの方法でお試しください。

  • リソースグラフ画面上部にあるディバイダを操作してリソースグラフ画面の表示領域を広げる。
  • リソースグラフ画面左端にある縦軸の主目盛りを操作してスタックバーが収まる範囲まで目盛りを縮める。

ガントチャート操作(表示設定)

Question:質問

129.ガントチャートの表示設定をプロジェクトメンバ全員で共通にするにはどうしたらよいですか?

Answer:回答

共通にしたい表示設定を行ったあと、「設定」メニュー→「プロジェクト共有設定」→「保存...」を実行してください。
プロジェクトメンバは「設定」メニュー→「プロジェクト共有設定」→「適用」を選択することで、保存された共有設定で表示されるようになります。
また、共有設定が保存されたあとで初めてプロジェクトを開いたメンバは、自動的に適用状態になります。

Question:質問

130.ガントチャート作成時のデフォルトの表示設定を変更できますか?

Answer:回答

特権ユーザでログインし、ガントチャートの表示設定からエクスポート機能を使用いただくことで、システム全体の表示設定のデフォルト値を設定することが可能です。
ただし、本設定はこれから作成される新規プロジェクトのデフォルト値として適用されます。本手順を実施する前に作成されたプロジェクトには適用されません。
既存のプロジェクトに表示設定を反映させる場合は、表示設定をエクスポート、インポートすることで、反映させることができます。
表示設定のデフォルト値の設定手順としては以下のようになります。

  1. SynViz S2に特権ユーザでログインします。
  2. 任意のプロジェクトのガントチャートにて、お客様の社内ルールに沿った表示設定を行います。
  3. 「設定」メニューの「ガントチャートの表示設定」にて、「エクスポート」ボタンを押下します。
  4. 表示設定エクスポート画面で、任意の名称を入力し、「共有範囲」に「システムデフォルト」を選択して「OK」ボタンを押下します。

Question:質問

131.ガントチャート画面の表示設定を他ユーザと共有できますか?

Answer:回答

表示設定のエクスポート/インポート機能を使用します。
下記の手順になります。

【表示情報のエクスポート】

  1. 共有したい表示設定を行っているユーザがログインしている状態で、ガントチャート画面のメニューから「設定⇒ガントチャートの表示設定」を選択します。
  2. 画面右側に表示設定画面が表示されるので、画面上方のエクスポートボタンを押下します。
  3. 表示設定エクスポート画面が表示されるので、名称、コメントを入力し、共有範囲を共有したい範囲にあわせてシステム全体またはプロジェクト内にします。

【表示情報のインポート】

  1. 共有したいユーザがログインしている状態で、ガントチャート画面のメニューから「設定⇒ガントチャートの表示設定」を選択します。
  2. 画面右側に表示設定画面が表示されるので、画面上方のインポートボタンを押下します。
  3. 表示設定インポート画面が表示されるので、上記のエクスポートした設定情報を選択してOKボタンを押下します。

Question:質問

132.ガントチャート上のアクティビティ/マイルストーンに名称を表示させることができますか?

Answer:回答

ガントチャートの表示設定画面から、「アクティビティ/マイルストーン」を選択し、テキストのプルダウンのいずれかに「名称」を設定することでアクティビティ名を表示することができます。

Question:質問

133.ガントチャート上のタスクやアクティビティ/マイルストーンの名称に改行を入れることはできますか?

Answer:回答

タスクやアクティビティ/マイルストーンの名称に改行を入れることはできません。
タスクの場合、アイテムボード上でインライン編集した場合に限り、テキストのコピー&ペーストにより改行を入れることが可能です。(ただし、正式な機能ではないため、動作は保証できません)

Question:質問

134.ガントチャート画面でフォントサイズが変えられるのはどこですか?

Answer:回答

アイテムボード、スケジュールボード、タイムスケールのフォントサイズをそれぞれ設定できます。

Question:質問

135.フォントサイズが変えられるのは表示だけですか?印刷のフォントサイズは変えられますか?

Answer:回答

表示と印刷でそれぞれフォントサイズを変更できます。

Question:質問

136.フォント指定はできますか?

Answer:回答

フォントは指定できません。

Question:質問

137.ガントチャート画面でアイテムボードのセルごとに文字サイズや背景色を変更できますか?

Answer:回答

タスクを右クリック-[セルの書式設定]を実行することで、セルごとに文字サイズ、文字色、背景色を変更できます。

Question:質問

138.システムデフォルトの表示設定を変更したとき、既存プロジェクトはどのような表示になりますか?

Answer:回答

既存プロジェクトをあるユーザが初めてガントチャートを表示したときにデフォルトの表示設定が読み込まれます。その後、システムデフォルトの表示設定が変更されても、既に読み込み済みのユーザの表示設定は変わりません。

Question:質問

139.実績アクティビティのカスタム属性を表示することはできますか?

Answer:回答

ガントチャートの表示設定画面から、「実績アクティビティ/実績マイルストーン」を選択し、「テキストを表示する」のチェックをONにし、テキストのプルダウンのいずれかにカスタム属性を設定することで表示することができます。

Question:質問

140.表示設定を複数パターン用意して、状況に応じた使い分けをしたいのですが。

Answer:回答

メニュー:「設定」-「ガントチャートの表示設定」-エクスポートすることで可能です。
呼び出すにはインポートを実行してください。

Question:質問

141.表示設定でアイテムボードのソート機能を有効にしてソートしたのですが、もとに戻せません。戻す方法はないのでしょうか。

Answer:回答

コントロールキー、シフトキーを同時におしながら、マウスでアイテムボードのタイトルをクリックすると、ソートが解除されてもとに戻ります。

Question:質問

142.「共通設定」に「所属タスクの表示階層数」という項目があります。これはどのような設定ですか?

Answer:回答

リソース別ガントチャートにおいて、アクティビティ・割当アクティビティのバーラベルやツールに「所属タスク」を表示できます。その所属タスクの表示階層数を指定する設定となります。
(なお、タスク別ガントチャートでは「所属タスク」は使用できないため、本設定項目による効果はありません。)

Question:質問

143.アイテムボードの列にプロジェクト固有の列を定義して表示・編集したいです。

Answer:回答

タスクのカスタム属性を追加すると、アイテムボードの列に表示することができます。
カスタム属性タブでカスタム属性を定義した後、アイテムポードの列名(ヘッダ)部分で右クリックメニュー-[列追加]-[もっと表示]からカスタム属性名を選択してください。

Question:質問

144.タスク行の高さを同じ値に一括指定したいのですが、方法を教えて下さい。

Answer:回答

高さを設定したいタスクを選択します。例えばすべてを選択したい場合は、最初の行を選択してからシフトキーを押しながら最後の行を選択します。
選択した状態で右クリックメニューの「行の高さ」を選択し、高さを入力してください。

ガントチャート操作(履歴管理)

Question:質問

145.過去の日程を参照することはできますか?

Answer:回答

「スナップショット」として保存しておくか、もしくは「日程の確定」を行うことで、後日、その時点の計画や進捗状況を参照することが可能です。
スナップショットを保存していなかった場合には、参照できません。
[メニュー]-[プロジェクト]-[保存]-[スナップショットを保存]または[メニュー]-[プロジェクト]-[日程を確定]と選択してください。

Question:質問

146.履歴を表示するための操作方法を教えてください。

Answer:回答

[メニュー]-[プロジェクト]-[開く]-[履歴...]と選択してください。

Question:質問

147.直前の日程確定時との変更箇所がわかるのでしょうか?

Answer:回答

はい。日程確定したすべての過去の日程からの変更箇所がわかります。日程の履歴の一覧から、比較したいプロジェクトを選択して「変更箇所表示」をクリックします。

Question:質問

148.過去の日程との変更箇所を表示する際、実績の更新は変更箇所として扱われますか?

Answer:回答

実績の更新は変更箇所として扱いません。変更箇所として扱うのは下記オブジェクトの計画情報のみです。

  • タスク
  • アクティビティ
  • マイルストーン
  • シャドウアクティビティ
  • シャドウマイルストーン
  • チェックポイント
  • サブプロジェクト
  • 関連線
  • 注釈

Question:質問

149.過去の日程との変更箇所を印刷できますか?

Answer:回答

過去の日程との変更箇所を直接印刷する機能は備えておりません。
お手数ですが、「クリップボードにコピー」を使用していただき、Excelなどに貼り付けた上での印刷をお願い致します。

ガントチャート操作(サブプロジェクト)

Question:質問

150.サブプロジェクトはどの単位で紐付けできますか?

Answer:回答

親プロジェクトから見て、サブプロジェクト全体を一つのアクティビティに見立てて紐付ける方法と、サブプロジェクトのサマリタスク単位に複数紐付ける方法の二通りが可能です。
タスク単位に紐付けるには、サブプロジェクトの設定時に、サブプロジェクトのサマリタスクを指定してください。

Question:質問

151.親プロジェクトとサブプロジェクトでデータ連動する項目は何ですか?

Answer:回答

紐付け先に応じて、サブプロジェクトのプロジェクトサマリ進捗率もしくはサマリタスクレベルの進捗率が連動します。

Question:質問

152.親プロジェクト側でサブプロジェクトの進捗を調整できますか?

Answer:回答

親プロジェクトの実績更新権限があれば進捗(遅延日数=進捗塗りつぶし幅)を変更することができます。
サブプロジェクトを示すアクティビティで右クリック-[進捗の手入力...]を選択します。

Question:質問

153.実績が更新されているのに、サブプロジェクトの進捗が変化しません。なぜですか?

Answer:回答

サブプロジェクトの進捗の手入力が実行されていないか確認して下さい。
解除するには、サブプロジェクトを示すアクティビティで右クリック-[進捗の手入力...]を選択し、[進捗を手入力する]のチェックを解除してください。

Question:質問

154.既存のプロジェクトをサブプロジェクトに設定することはできますか?

Answer:回答

下記の手順で設定可能です。

  1. 親プロジェクトのガントチャート画面で、空のタスクを作成します。
  2. 作成したタスクを右クリックして、「サブプロジェクト⇒サブプロジェクトを設定...」を選択します。
  3. プロジェクトを選択する画面が開くので、設定したいプロジェクトを選択して、OKボタンを押下します。

※既に他のプロジェクトのサブプロジェクトになっているプロジェクトは選択できません。

ガントチャート操作(テンプレート)

Question:質問

155.プロジェクトをテンプレート化する操作方法を教えてください。

Answer:回答

[プロジェクト]-[保存]-[テンプレートとして保存...]を選択してください。

Question:質問

156.プロジェクトテンプレートにできる項目は何ですか?

Answer:回答

プロジェクトテンプレートにできるのは、以下の項目です。

  • タスク
  • アクティビティ
  • マイルストーン
  • 関連線
  • リソース割当(ローカルリソースおよびチーム)
  • チェックポイント、チェック項目
  • 注釈/図形
  • カスタム属性

Question:質問

157.複数人でテンプレートを共用するためにはどうすればよいですか?

Answer:回答

以下の手順により、テンプレートの公開範囲を設定することが可能です。

  1. 作成したテンプレートを開きます。
  2. 左側の「公開範囲」タブを選択します。
  3. 「ユーザの追加」、または「グループの追加」にて、公開したいユーザ、グループを設定します。

ガントチャート操作(その他)

Question:質問

158.クリップボードへアクティビティの情報を取得できますか?

Answer:回答

アクティビティを指定して「主要な情報をクリップボードにコピー」を選択すると、主要な情報がクリップボードにコピーされるので、テキストとしてペーストできます。
複数のアクティビティを対象に実行することも可能です。

Question:質問

159.特定のタスクやアクティビティを指し示すURLリンクを取得できますか?

Answer:回答

タスクやアクティビティを指定して「主要な情報をクリップボードにコピー」を選択すると、そのタスクを指すURLがクリップボードにコピーされるので、テキストとしてペーストできます。
複数のタスクを対象に実行することも可能です。

Question:質問

160.ガントチャート画面のアイテムボードとExcelの間で、複数セルの内容をまとめてコピー&ペーストすることはできますか?

Answer:回答

ガントチャート画面からExcelへの貼り付けは、タスクの右クリックメニューの「WBSをクリップボードにコピー」から可能です。
Excelからガントチャート画面への貼り付けは、単一セルの単位でしかできません。ただし、Excel連携セットのWBS作成ワークシートを使用すると、Excel上で編集したタスクをSynViz S2のガントチャートへ追加することができます。

Question:質問

161.計画と実績の入力について、プロジェクトメンバの役割毎の可否を教えてください。

Answer:回答

下記の通りです。

  • プロジェクト管理者・・・計画の登録 ○、実績の登録 ○
  • 報告者・・・計画の登録 ×、実績の登録 ○
  • 参照・・・計画の登録 ×、実績の登録 ×

Question:質問

162.アクティビティチャートのアイテムボードに任意の列を追加することはできますか?

Answer:回答

ビューの設定画面のアクティビティ集約条件タブで指定した項目がアイテムボードの列として表示されます。
ただし、指定した項目の設定値がすべて同じアクティビティは同じ行に集約して表示されますので、ご注意ください。

Question:質問

163.アクティビティチャートでマイルストーンを表示することはできますか?[new]

Answer:回答

バージョン2.6から、アクティビティチャートでマイルストーンを表示できます。

ガントチャート印刷

Question:質問

164.ガントチャートを印刷する方法を教えてください。

Answer:回答

専用の印刷プレビュー画面を備えており、範囲やページ数を指定して印刷可能です。

  1. ガントチャート画面でツールバーの「印刷プレビュー」ボタンをクリックします。
  2. 印刷プレビュー画面でツールバーの「ページ設定」ボタンをクリックします。
  3. ページ設定画面で印刷範囲等を設定します。
  4. 印刷プレビュー画面に戻り、表示内容で問題なければ「印刷」をクリックして印刷します。
    なお、用紙サイズと用紙の向きは、Flash Playerの技術的な制約上、プリンタ設定に自動的に反映されませんのでご注意ください。

Question:質問

165.ガントチャートを白黒で印刷するには?

Answer:回答

印刷プレビュー画面のツールバーにある「白黒印刷」のチェックボックスにチェックを入れると白黒印刷時のイメージが表示されます。

Question:質問

166.印刷プレビューで設定した用紙サイズ、向きが、印刷実行時に反映されません。

Answer:回答

Flash Playerの制限により、印刷プレビューの設定とプリンタドライバの設定が連動しません。(プリンタ側のデフォルト設定のままになります)
申し訳ありませんが、用紙サイズや向きを変えたい場合、プリンタの設定も変更をお願いします。

Question:質問

167.タスクチャートを印刷するとなぜか1ページしか印刷されません。

Answer:回答

印刷設定のデフォルトは「現在のページのみ」になっています。これは、意図せず大量の紙を消費してしまうことを防止するためです。

Question:質問

168.同一のガントチャートを同一の設定で印刷しようとしているにもかかわらず、印刷プレビューが一致しません。

Answer:回答

表示設定(タイムスケール等)が異なるために発生している可能性があります。
元のガントチャートの表示設定をエクスポートし、インポート先のガントチャートで、先のエクスポートした表示設定をインポートしてください。このとき、[印刷設定をインポートする][行の高さ、列幅、タイムバケットの幅をインポートする]にそれぞれチェックしてからインポートを実行してください。

Question:質問

169.印刷範囲の調整が難しいです。良い方法はありませんか?

Answer:回答

印刷プレビュー画面で、タイムスケールの幅やタスクの高さ、アイテムボードとスケジュールボードの境界位置などがマウスドラッグにより調整できますのでお試しください。
操作しづらい場合は、ツールバーの[ズーム]ドロップダウンを「自動」から「150%」または「200%」に変更すると改善されます。
また、タスク上やタイムスケール上で、右クリックメニューの「行の高さ」や「バケット幅」を選択し、入力画面よりピクセル値で調整することもできます。

Question:質問

170.ガントチャートの印刷がきれいに出力できません。

Answer:回答

印刷時の条件にも依存しますが、下記により改善する可能性があります。

  1. 白黒で印刷する場合
    印刷プレビュー画面をカラーで表示したままプリンタで白黒出力するのではなく、印刷プレビュー画面の「白黒印刷」をチェックし、画面を白黒にしてから印刷を行うことで印刷品質が向上します。
  2. プリンタがトナーセーブ(トナー節約)モードになっている場合
    トナーセーブモードになっていると色が薄くなりすぎる場合があります。
    一時的にトナーセーブモードを解除していただくことで、印刷品質が改善する可能性があります。

Question:質問

171.印刷設定(色々なパターン)を保存できますか?

Answer:回答

「ガントチャートの表示設定」のエクスポート・インポートで可能です。エクスポートした際に印刷設定も保存されます。
インポートする際は、「印刷設定をインポートする」にチェックを付けてください。

Question:質問

172.印刷時に出力されるアイテムボードの項目はどれですか?

Answer:回答

印刷で出力されるアイテムボードの項目はガントチャートで表示されている表示項目です。ガントチャートでアイテムボードを表示させるには以下の通りです。

  1. ツールバーの「設定」ボタンをクリックして「ガントチャートの表示設定」を選択します。
  2. 画面右端に表示項目設定画面が表示されるので、「アイテムボード」を選択します。
  3. アイテムボード内の「表示対象タスク情報」で表示したい項目とその順序を設定します。
  4. ガントチャートに戻り、アイテムボードとスケジュールボードの間を広げると、先ほど設定したアイテムボードの表示項目が表示されます。

Question:質問

173.印刷時はアイテムボードに列を非表示にして、入力時はいくつかの列を表示したいのですが、切り替えるのが大変です。

Answer:回答

印刷に使用したい表示設定(列を非表示)を行ったあと、印刷プレビューの設定で「表示設定」タブの[印刷プレビューの表示設定を使用する]を選択してください。その後印刷プレビューを閉じると、そのときの表示設定が「印刷用表示設定」として記憶されます。
この操作を行ったあとで入力用の表示設定(列を表示)に変更したとしても、次回印刷時に印刷用表示設定が自動的に呼び出されるようになります。

Question:質問

174.印刷時、文字を大きくできますか?

Answer:回答

印刷プレビュー画面でアイテムボード、スケジュールボード、タイムスケールの文字サイズを変更できます。
印刷プレビュー画面上部のツールバーから[表示設定]のアイコンを選択すると、右ペインに表示設定画面が表示されますので「文字サイズ」の設定値を変更してください。

Question:質問

175.印刷設定をしたのですが、プレビュー画面を閉じるともとに戻ってしまいます。 印刷時に調整した内容が保存されるようにするにはどうしたら良いですか?

Answer:回答

印刷プレビューの表示設定(表示設定アイコン)にある「初期表示」の設定値を「印刷プレビューの表示設定を使用する」にしてください。
なお、この操作を実行後、ガントチャートの表示状態(タスクの高さやアイテムポードの表示列など)を変更しても印刷用の設定には反映されなくなります。反映したい場合、印刷プレビューのツールバーにある「ガントチャートの表示設定を反映」ボタンをクリックしてください。

Question:質問

176.印刷プレビュー画面には、プルダウンの拡大率と虫眼鏡アイコンがありますが、どのような違いがありますか。

Answer:回答

プルダウンはプレビュー表示における拡大率を指定するもので、印刷結果には影響しません。
虫眼鏡アイコンは、印刷対象の拡大率を変化させます。それによって、1ページに収まる印刷範囲も変わります。

Question:質問

177.任意の位置で改ページする方法はありますか?

Answer:回答

印刷プレビュー上で改ページしたいタスクで右クリックし、「改ページを挿入」を選択します。
そのタスクが新しいページの先頭になります。

Question:質問

178.改ページをもとに戻すにはどうすればよいでしょうか。

Answer:回答

すべての改ページを解除するには、「改ページ(マイナス)アイコン」を押下して下さい。
それぞれの改ページを解除するには、ページ先頭行を選択して、右クリックメニューで「改ページを解除」を選択して下さい。

プロジェクト操作

Question:質問

179.テンプレートからプロジェクトを作成する方法を教えてください。

Answer:回答

ホーム画面で「テンプレート」タブをクリックしてテンプレート一覧を表示してください。

  • テンプレート一覧画面から作成する方法
    プロジェクトにしたいテンプレートの行を選択して、ツールバーにある「プロジェクト作成」をクリックします。
  • ガントチャート画面から作成する方法
    選択したテンプレートのガントチャート画面を開き、「プロジェクト」メニューから「プロジェクトを作成...」を選択します。

Question:質問

180.プロジェクトの削除の方法がわかりません。

Answer:回答

自分が「オーナー」であるプロジェクトのみ、削除可能です。
ホーム画面右上の歯車アイコンをクリックし、管理メニューを開きます。
「プロジェクト削除」タブを選択後、削除したいプロジェクトを選択してツールバーの「削除」ボタンをクリックして削除を実行してください。

Question:質問

181.複数のSynViz S2のサイトがある場合、プロジェクトをエクスポートし移行先の環境でインポートすることで移行できますか?

Answer:回答

プロジェクトメンバやプロジェクトリソースを元のまま移行するには、移行先に内部IDが同一のユーザおよびグローバルリソースを移行しておく必要があります。
Web画面から作成すると、内部IDが異なってしまうため、マスタメンテナンスツールを使用して移行を行ってください。
内部IDが不一致の場合は、ローカルリソースとして移行されます。
また、カスタム属性とシフトについても、同一IDの定義情報を移行先にあらかじめ作成しておかないとインポートできません。
カスタム属性とシフトについては、Web画面から同一IDの定義情報を作成することができます。

Question:質問

182.複数のSynViz S2のサイトがある場合、「テンプレート」や「ガントチャートの表示設定」を別のSynViz S2環境に移行できますか?

Answer:回答

テンプレートにつきましては、現環境で一度実プロジェクトにした状態からエクスポートし、新環境でインポートしたプロジェクトから再度テンプレート化することができます。
ガントチャートの表示設定につきましては、プロジェクト共有表示設定機能を利用することで移行できます。現環境で保存したい表示設定をプロジェクト共有表示設定に保存し、新環境でプロジェクト共有表示設定を適用します。

Question:質問

183.プロジェクトを削除したとき、プロジェクトに属するローカルリソースは削除されますか?

Answer:回答

削除されます。

Question:質問

184.既存プロジェクトを一括削除する方法を教えてください。

Answer:回答

プロジェクト削除画面でCtrlキーまたはShiftキーを押しながらプロジェクトを複数選択後、削除ボタンを押下します。

Question:質問

185.プロジェクトにプロジェクトメンバを設定する方法を教えてください。

Answer:回答

プロジェクトを開き、「プロジェクトメンバ」タブを押下するとプロジェクトメンバ一覧画面に切り替わります。
画面のツールバーから「ユーザの追加」ボタンをクリックします。
ユーザ検索は2通りあります。

  • 検索 : ユーザ名を入力して検索します。
  • ツリーから選択 : ツリー表示された中からユーザを選択します。

Question:質問

186.プロジェクトメンバを設定する際に付与する「権限」の種類と内容を教えてください。

Answer:回答

プロジェクトメンバに登録するときに付与する権限は以下の3種類があり、登録されたプロジェクトでできる操作が異なります。

  • プロジェクト管理者 : 日程変更・実績更新などの操作が可能です。
  • 報告者 : 実績更新の操作が可能です。
  • 参照 : 参照権限のみです。

Question:質問

187.プロジェクトメンバに付与した権限を変更する方法を教えてください。

Answer:回答

追加したメンバに付与した権限を変更したい場合、ツールバーの「編集」ボタンから役割を選択することで権限が変更されます。

Question:質問

188.プロジェクト新規作成時に特定のプロジェクトメンバを自動的に追加することはできますか?[new]

Answer:回答

プロジェクト新規作成時にプロジェクトメンバを自動で追加することはできません。
プロジェクトメンバを効率的に設定したい場合、特定のプロジェクトメンバを登録したプロジェクトをあらかじめ作成しておき、プロジェクト新規作成時にプロジェクトメンバを「プロジェクトから追加」で設定する方法をお試しください。
手順は下記のとおりです。

  1. 特定のプロジェクトメンバを登録したプロジェクトを作成しておく。
  2. プロジェクトを新規作成する。
  3. 「プロジェクトメンバ」画面を開く。
  4. 「プロジェクトから追加」ボタンでプロジェクトからメンバの追加画面を開く 。
  5. 「プロジェクトの選択」ボタンでプロジェクトの選択画面を開く。
  6. 1で作成したプロジェクトを選択し、「OK」ボタンで戻る。

※以降、新たにプロジェクトを作成するときは、2から始めてください。

Question:質問

189.過去のプロジェクトや別のプロジェクトを流用してプロジェクトを作成できますか?

Answer:回答

流用元のプロジェクトをテンプレートとして保存し、そのテンプレートからプロジェクトの作成を行うことができます。

Question:質問

190.プロジェクトにチームを設定する方法を教えてください。

Answer:回答

下記の手順で設定します。

  1. プロジェクトを開き、[チーム]タブを選択します。
  2. ツールバーから「チームの追加」ボタンをクリックします。
  3. 右ペインにチームの情報を入力し、「保存」ボタンをクリックします。
  4. ツールバーから「メンバ/リソースの設定」ボタンをクリックします。
  5. チームメンバ/リソースの設定画面のツールバーから「追加」ボタンをクリックし、プロジェクトメンバおよびプロジェクトリソースをチームに設定します。

チームにメンバ/リソースを設定するにはあらかじめプロジェクトメンバおよびプロジェクトリソースを追加しておく必要があります。その際、グループの追加により追加されたプロジェクトメンバおよびプロジェクトリソースはチームへ設定できませんのでご注意ください。

Question:質問

191.テンプレートを複数の部署で共有できますか?

Answer:回答

できます。下記の通りです。

  1. ホーム画面にて[テンプレート]タブを選択します。
  2. テンプレートを開きます。
  3. 公開範囲タブを選択します。
  4. グループを追加します。

Question:質問

192.プロジェクトの各変更内容の履歴は調べられますか?

Answer:回答

スナップショットを保存すると、その後に変更した履歴を取得できます。

  1. [プロジェクト]-[開く]-[履歴]でスナップショットを選択して[変更箇所表示]ボタンを押下し、スナップショットをサブ画面で表示します。青が追加、赤が更新です。
  2. .右上の[詳細]リンクをクリックすると、変更箇所一覧が表示されます。

Question:質問

193.サブプロジェクトがあるプロジェクトでスナップショットを保存した場合、サブプロジェクトにもスナップショットが作成されますか?

Answer:回答

作成されます。

Question:質問

194.ホームのプロジェクト画面の項目の列の表示・非表示の設定をログアウト後も継続して有効にできますか?

Answer:回答

プロジェクト画面の表示状態につきましては、IEのメモリに保持しており、IEが終了したタイミングで失われます。
以下の手順を実施していただくと、現在の表示状態をサーバ側に保存し、表示状態を継続して有効にすることができます。

  1. プロジェクト画面で、列の非表示など、表示内容を変更します。
  2. ホーム画面右側の枠をクリックし、「表示設定」パネルを表示します。
  3. 「追加」ボタンをクリックし、「表示設定名」に任意の名称を設定してOKボタンを押下します。

なお、この手順を実施した後に表示状態に変更を加えて、その状態を継続して有効にしたい場合には、再度同じ手順を実施いただく必要があります。

Question:質問

195.管理項目を自由に追加したいです。どのようにしたら良いでしょうか?

Answer:回答

プロジェクト、タスク、アクティビティ等の単位で「カスタム属性」によって入力項目を複数追加可能です。
属性はテキスト、整数、小数、日付 など型を選んで自由に名前を付けることができます。
カスタム属性に入力した値は、画面上に表示することが可能です。

Question:質問

196.プロジェクト固有のカレンダ(休日設定)を持つことはできますか?

Answer:回答

可能です。基本情報タブのカレンダから「プロジェクトカレンダ」を選択して、詳細ボタンから休日設定を行ってください。

Question:質問

197.システム設定でプロジェクトの既定値を変更した場合、既に作成済みのプロジェクトにも影響がありますか?

Answer:回答

既に作成済みのプロジェクトには適用されません。変更後のシステム設定にあわせたい場合は、個別に[デフォルト設定に戻す]を実行する必要があります。

メール通知

Question:質問

198.メール通知の操作方法を教えてください。

Answer:回答

メール通知可能な操作を行ったときに、メール送信ダイアログが表示されます。「送信する」を選択するとメール通知ができます。

Question:質問

199.メール送信ダイアログはどのような場合に表示されますか?

Answer:回答

メール送信ダイアログは、以下の条件をすべて満たした場合のみ表示されます。

  • プロジェクト設定もしくはプログラム設定でメール通知するイベントが選択されていること。
  • 操作中のユーザにメールアドレスが登録されていること。

Question:質問

200.プロジェクトメンバ追加時およびプログラムメンバ追加時のメール通知はどのアドレスに送られますか?

Answer:回答

プロジェクトメンバ追加時およびプログラムメンバ追加時の選択ダイアログで選択したユーザ(グループ追加時は選択したグループ配下のユーザ)のうち、メールアドレスが登録されているユーザに送信されます。

Question:質問

201.メール通知の送信元はどこになりますか?[updated]

Answer:回答

システム管理者が設定した送信元になります。操作したユーザのメールアドレスか、固定のメールアドレスを設定することができます。
ただし、SaaS版の場合当社指定の固定メールアドレスとなる場合があります。

Question:質問

202.メール通知するかどうか、変更できますか?

Answer:回答

プロジェクト設定およびプログラム設定でメール通知するかどうかをメール通知可能なイベント毎に設定できます。また、システム設定でデフォルトを設定できます。

Question:質問

203.メール送信の履歴は残りますか?

Answer:回答

メール送信の履歴は残りません。Outlookなどのメーラーをインストールしていても、その送信メールには登録されません。

Excel連携セット

Question:質問

204.Excel連携セットでエラーが発生します。

Answer:回答

ご利用のExcelのバージョンによって、セキュリティ更新プログラムの適用が必要となる場合があります。詳細は各Excelツールの「注意事項」のシートを参照してください。
また、ExcelVBAのキャッシュ削除で改善される場合があります。

  1. Excelが動作中の場合、すべて終了させます。
  2. エクスプローラーのアドレスバーで %temp% と入力し、Tempフォルダを開きます。
  3. TempフォルダのExcel8.0フォルダの中のMSForms.exdを削除します。
  4. TempフォルダのVBEフォルダの中のMSForms.exd、MSComctlLib.exdを削除します。

Question:質問

205.「注意事項」のシートで指定されたセキュリティ更新プログラムを適用しようとすると、「正しいバージョンの製品が見つかりません。」とエラーが表示されて、適用できません。

Answer:回答

Excel 2007をご利用の場合、次のセキュリティ更新プログラムを適用してみてください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30619
Excel 2010 SP1をご利用の場合は、SP2へのアップデートをお願いします。
また、WindowsUpdateを実行し、重要な更新を常に適用することを推奨いたします。

Question:質問

206.ガントチャート画面で情報を更新しても、ガントチャートビューアの出力に反映されないことがあります。

Answer:回答

ガントチャート画面の表示設定やタスクの高さなど一部の情報は、画面をアンロードするまで保存されません。一度ガントチャート画面からホーム画面に戻った後でガントチャートビューアを実行すると、出力結果に反映されます。

Question:質問

207.ガントチャートビューアでタスクの折りたたみ状態を再現することができますか?

Answer:回答

ガントチャートビューアの表示オプションで「タスク折りたたみ反映」をONにすることで可能になります。
注意点として、SynViz S2の画面でタスクの折りたたみを変更した直後にガントチャートビューアを実行しても反映されません。一旦ホーム画面に戻ってからガントチャートビューアを実行して下さい。ホーム画面に戻った時に、タスクの折りたたみ状態が保存されます。

Question:質問

208.カスタム属性はガントチャートビューアに表示されますか?

Answer:回答

表示されます。
ただし、タスクのカスタム属性については個数の上限が10個となっており、アイテムボードに11個以上表示している場合は、先頭から10個までの表示となります。
また、色型には対応していません。

Question:質問

209.Excel連携セットを使用しているとメモリ不足のエラーになることがあります。

Answer:回答

Excel連携セットで処理中は、他の連携セットのExcelファイルや、マクロを含むExcelファイルを開くとエラーになる場合がありますので、開かないようにしてください。

Question:質問

210.Excel連携セットを使用していると、Excelがフリーズすることがあります。

Answer:回答

Excel連携セットはダウンロードの際、必ずローカルディスクに保存してからご使用ください。
また、Excel連携セットを使用する際、他の連携セットのExcelファイルや、マクロを含むExcelファイルを開いていると発生する場合があります。これらのExcelファイルを閉じてご利用願います。

Question:質問

211.Excel連携セットで扱える日付の範囲はどのくらいですか?

Answer:回答

Excel連携セットをご使用いただく際に対象となるプロジェクトにおいて、プロジェクト期間、および アクティビティ・マイルストーンなどのオブジェクトの日付が、2099年12月31日以前にしてくださいますようお願い致します。

Question:質問

212.ガントチャートビューアで注釈の位置が、ガントチャート画面とずれることがあります。

Answer:回答

以下のような場合にずれが発生致します。

  • アンカー(噴出しの先端)を基準として描画されるため、アンカーの位置によって上下左右へのずれが発生します。
  • 注釈のサイズが大きければ大きいほど、ずれ幅が大きくなります。

開始位置を重要視されている場合、コメントを「角丸四角形噴き出し」もしくは「四角形噴き出し」で作成していただき、アンカー部を噴出しの左端に合わせていただければ、開始位置のずれ幅は小さくなります。

Question:質問

213.WBS作成ワークシートは、初回しか利用できませんか?(追加タスクがあった場合は追加できますか?)

Answer:回答

何度でも利用できます。登録時、どのタスクの下に展開するか毎回指定できます。

Question:質問

214.ガントチャートビューアで矢印などの図形が表示されません。

Answer:回答

ガントチャートビューアでは、角丸四角形の吹き出し、および四角形の吹き出しのみ対応しています。これら以外を注釈・図形は、四角形の吹き出しで出力されます。
また、ガントチャートビューアでは、テキストが入力されていない注釈は表示されません。

Question:質問

215.ツールをダウンロードするとき、毎回画面のリフレッシュが発生します。

Answer:回答

IEのセキュリティ設定で、ダウンロード時に警告バーを表示する設定がONになっていると発生します。
この設定を解除するためには、以下の設定を行います。

  1. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [このゾーンのセキュリティのレベル] の [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  4. [ダウンロード]の[ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示]の[有効にする]を選択します。

既知の不具合

Question:質問

216.オンラインヘルプが正しく表示されません。

Answer:回答

IE10でオンラインヘルプを開いた直後に、ウィンドウリサイズやフレーム枠の移動を行うと、表示が乱れる場合があります。
このような場合は、一度ウィンドウを閉じ、開きなおしてください。

Question:質問

217.自分しか操作していないのに、「他のユーザが更新したデータがあるためサーバデータの更新に失敗しました。」というエラーが表示されます。なぜですか?

Answer:回答

短い時間内に繰り返しUndoやRedoを実行していると発生する場合があります。
このような場合は、一度「最新の情報に更新」を行ってください。その後、操作を続けていただいて構いません。

その他

Question:質問

218.アクセスログ、トレースログの、1レコードあたりの大きさの目安はどのぐらいでしょうか?

Answer:回答

1レコードあたりのサイズは、以下の通りです。

  • メソッドが"POST","PUT"のアクセスログの場合は、1レコードあたりおよそ1KByte~33KByteになります。(カスタム属性や値の桁数などで変わります)
  • メソッドが"POST","PUT"以外のアクセスログ場合は、1レコードあたりおよそ1KByteになります。
  • トレースログの場合は、1レコードあたり最大33KByteになります。

Question:質問

219.同時ログイン数の上限を超えた場合の、ログインできなかった人のログを確認する方法はありますか?

Answer:回答

トレースログで確認できます。

<メッセージ欄出力例>
Session;;hitachitaro;192.0.2.5;de6ae85f;Login failed. Reason=SynVizLicenseException;

<補足説明>

  • "Reason="の値が"SynVizLicenseException"の場合、同時ログイン数の上限を超えたことを示します。
  • 出力例の"hitachitaro"が同時ログイン数の上限を超えてログインできなかったログインIDとなります。
  • トレースログをCSV出力して、"SynVizLicenseException"を検索して確認してください。

Question:質問

220.利用可能アドレス外からログインしようとして、ログイン拒否された人のログを確認する方法はありますか?

Answer:回答

トレースログで確認できます。

<メッセージ欄出力例>
ForbiddenAccess;user001;hitachitaro;192.0.2.5;de6ae85f;example.com;http://server01/S2/Login.aspx

<補足説明>

  • 先頭の"ForbiddenAccess"が抽出キーワードです。
  • "hitachitaro"の部分がログインIDです。
  • "192.0.2.5"の部分がIPアドレスです。
  • "example.com"の部分がドメイン名(取得できなかった場合はIPアドレス)です。
  • "http://server01/S2/Login.aspx"の部分はログイン画面のURLです。
  • トレースログをCSV出力して、"ForbiddenAccess"を検索して確認してください。

Question:質問

221.プロジェクトをエクスポートしたファイルのサイズが、プロジェクトの規模と比べて大きくなることがあります。なぜですか?

Answer:回答

下記の原因が考えられます。

  • ロックした状態で更新・削除の操作を行うと、内部的な履歴データが蓄積されます。この操作を大量に繰り返すと、エクスポートファイルのサイズが大きくなります。
  • 添付ファイルの履歴データが多いと、エクスポートファイルのサイズに大きく影響します。

資料請求・お問い合わせ

セミナー/展示会