ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

現状の問題点

  • 海外拠点を含め、複数拠点で複数のPSIを一元管理したい。
  • パッケージ製品は、あらかじめ想定されている機能体系と実際の業務との親和性が低いと使われなくなってしまうケースがある。

問題解決実現上のポイント

  • 海外拠点を含め、複数拠点の計画情報を紐付けで一元管理することで、拠点ごとのPSI、拠点間の移送、部材調達、負荷状況を確認しながら、各拠点の生産を調整できます。
    また、多言語(日本語、英語、中国語)に対応しています
  • これまでの生産計画システム導入で蓄積した計画ノウハウをもとに業務シナリオ(標準機能体系)を整備。
    実施の業務ノウハウをベースとした機能を集約・実装しているため、計画立案者が真に求めるソリューションの提供が可能です。
    SynPIXは実務と親和性の高い生産計画システムの導入を実現します。

生産計画「グローバルSCMモデル」

<Point>グローバルで統一された需給コントロールを実現

お問い合わせ・資料請求

生産計画システムSynPIX
に関する資料請求・お問い合わせはこちら