ページの本文へ

株式会社日立ソリューションズ東日本

Hitachi

新着情報

2016年7月25日
2016年7月15日
2016年7月15日
2016年6月27日
2016年6月20日
2016年6月20日
2016年6月20日
2016年6月15日
2016年6月13日
2016年6月9日
2016年6月6日
2016年6月6日
2016年6月1日

在庫可視化ツール「ONEsLOGI/Visualizer」販売開始のお知らせ

「SynCAS PSI Visualizer」と、日立物流ソフトウェア「ONEsLOGI」シリーズ倉庫管理システムと連携。倉庫管理システム(WMS)の入出荷実績データと在庫データから在庫状況を様々な視点でグラフィカルに一覧化します。

SynCAS PSI Visualizerの概要

SynCAS PSI Visualizer概要
在庫管理・在庫削減ソリューション

「SynCAS PSI Visualizer」とは、流通・製造業向けに開発された在庫状況を「可視化」するシステムで、「在庫の可視化」、「問題在庫の早期発見」、「在庫削減の進み具合の見える化」などを実現します。特長としては、今使っている御社の在庫管理表(エクセルなど)をベースに在庫状況を可視化するなどの8つの特長があります。

「SynCAS PSI Visualizer」で解決できる7つの課題

製品数が多すぎて全製品の在庫
削減・在庫管理ができない
全製品の在庫削減の進行具合
を確認できない
問題在庫(過剰・欠品)を
早期に発見できない
製品数(SKU)が多すぎて、全製品の在庫削減・在庫管理に手が回らないということはありませんか?製品数が多いとエクセルでの管理には限界がありますが、SynCAS PSI Visualizerなら解決できます。 在庫削減がどのくらい進んでいるのかを経営サイドや上司に説明しにくい、そんな悩みはございませんか?
SynCAS PSI Visualizerなら在庫削減の進行具合を「可視化」できます。
過剰在庫・欠品しそうな製品が早期に発見できれば、対応が後手後手に回ることもなくなります。問題が悪化してから対応するのはもう手遅れです。SynCAS PSI Visualizerなら過剰・欠品在庫を早期に発見できます。
偏在在庫の調整が大変 在庫回転率の悪い
不良在庫を発見できない
生販会議の資料づくりが大変で
いつも時間に追われる
在庫拠点によって、在庫量に偏りがありませんか?そのような状況が発生すると調整が大変ですので、発生しないように在庫調整しなければなりません。SynCAS PSI Visualizerなら解決できます。 注視している製品は、在庫回転率の悪化をすぐに発見できます。しかし、製品数が多い場合、全製品を注視することができず、「ほったらかし」になります。そのため不良在庫を発見しにくいという問題が発生します。ですが、SynCAS PSI Visualizerなら全製品の中からすぐに不良在庫を発見できます。 在庫削減業務で忙しい中、定期的に行う生販会議の資料作りが、大きな業務負担になっていませんか?SynCAS PSI Visualizerなら資料作りの負荷を削減できます。
営業・工場・調達と連携できない
計画の合意形成がスムーズにいかない
在庫削減を進めるには、営業、工場、調達との連携が必須ですが、各部門ごとそれぞれの価値観・評価指標があり、なかなか在庫削減・在庫管理に関して合意できないことがあります。しかし、SynCAS PSI Visualizerなら在庫を可視化できるので、他部門への説得力が強化でき、合意形成がスムーズになります。

在庫管理・在庫削減「SynCAS PSI Visualizer」の魅力

SynCAS PSI Visualizerの魅力

在庫管理・在庫削減を行う「SynCAS PSI Visualizer」の最大の魅力は、「在庫削減の業務を効率化する」ことです。その理由をSynCAS PSI Visualizerの3つの特長からご紹介します。

在庫管理・在庫削減「SynCAS PSI Visualizer」の導入までの流れ・資料請求

事前診断もできる!
導入までの流れとは?詳しく見る→

製品についてよく分かる
紹介資料をお送りします!詳しく見る→

お問い合わせ・資料請求

在庫管理・在庫削減「SynCAS PSI Visualizer」
に関する資料請求・お問い合わせはこちら