ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

在庫を適正化したいお客様へ

概要
現状
  • 在庫がだぶついている。
  • 欠品が多い。

在庫削減と機会損失の最適化バランスに悩んでいる。

導入後 ForecastPROで予測精度を高めることにより
売り上げを落とさずに、在庫を削減、機会損失も低減(通常 20%~30%減)。
売れる在庫は増やし、売れない在庫を削減。
在庫削減と機会損失のバランスをとります。

需要予測しえシステムForecastPRO在庫適正化

予測工数を削減したいお客様へ

概要
現状
  • 予測業務に時間と手間がかかっている。
  • 担当者によって、予測結果やフォーマットがバラバラである。
  • 外部機関に委託している予測費用が高い。
導入後 ForecastPRO導入によって
スピードがあがり、予測工数が削減(通常 1/4~1/3減)。
過去データからの予測(1次解)はシステムに任せ、担当者は戦略的加工に集中。

需要予測支援システムForecastPRO予測工数削減

資源を適正配置したいお客様へ

概要
現状
  • 人や設備の作業負担が偏っている。
  • 無駄な人件費が発生している。
導入後 ForecastPROで予測精度を高めることにより
人員・設備をタイムリーかつ適正に配置

需要予測支援システムForecastRPO資源適正配置

現状の需要予測システムが陳腐化しているお客様へ

概要
現状
  • 販促活動等のイベントが考慮できない。
  • 予測モデルがメンテナンスできない。
  • 予測精度がなかなか向上しない。
  • チェックすべき商品数が多すぎる。
導入後 ForecastPRO導入によって
  • イベント効果を反映した予測が可能(イベント効果も自動算出)
  • 最新の実績データをもとに予測モデルの自動変更が可能
  • 豊富な導入実績で蓄積したノウハウをもとに高精度な予測モデル構築が可能
  • 差異分析(アラーム)により、重点的に管理すべき商品の切り分けが可能

需要予測支援システムForecastPRO需要予測陳腐化

お問い合わせ・資料請求

需要予測支援システムForecastPRO
に関する資料請求・お問い合わせはこちら