ページの本文へ

株式会社日立ソリューションズ東日本

Hitachi

農業版 販売生産連携プラットフォームAgriSUITE

農業生産者から農業経営者へ 販売・生産の一元管理を支援

新着情報

お知らせ

「農業の新高収益モデルの確立−農商工連携体での販売/生産管理プラットフォームの実証−」が、東北経済局の「平成24年度 先端農業産業化システム実証事業」に採択されました。
詳細は、東北経済産業局発表のプレスリリースをご覧下さい。

AgriSUITEの特長

AgriSUITEは、農業分野において販売と生産の情報をWeb環境で一元管理し、農業(生産)、商業(物流・販売)、工業(製造・加工)の農商工連携において、関係者間のスムーズな情報共有を実現するクラウド型プラットフォームです。AgriSUITEを利用することで、生産者は、タイムリーに販売見通しや出荷状況が見えるようになり、需要側は生産者の生産状況をタイムリーに把握することが出来るため、両者の農業生産活動における過不足を解消し、「需要と連動した適切な生産計画の立案」を実現できます。

販売と連携とした生産の実現

  • 生産者は、販売先からの注文情報を農場の生産計画と連携して、時系列で管理することで、出荷時期、生産能力(量・品質)などを考慮した生産計画を立案できます。販売先からの注文と連動した計画的な生産ができるため、品不足や作り過ぎのリスクを回避し、安定供給にむけた仕組み作りの構築を支援します。

農商工連携における関係者間の情報共有化

  • 販売計画毎に生産現場の日々の生産状況の把握が可能になります。写真による情報の管理も可能になるため、直接現地に行くことなく、複数農地の状況を把握することが出来、安定した生産体制を構築することができます。日々の販売単価や経費など収益に影響を与える要素の情報管理も可能となるため、収益悪化の早期検知や収益改善に向けた迅速な対応が可能になります。

スマートフォーン・タブレットを活用した現場入力インターフェースの提供

  • 「データの入力が煩わしい」という生産現場のニーズにお応えするため、スマートフォン・タブレット端末を活用した現場入力インタフェース機能をご用意しました。これにより、入力時間の大幅な短縮を実現しました。作業者別や作物別などの定型的な入力作業を、生産現場の運用に合わせたテンプレートとして登録することで、日々のデータ入力の作業量の削減と品質向上を実現できます。

AgriSUITE

提携企業

  • AgriSUITEは、北陸・北関東を中心に生産計画・実績管理システム導入に豊富な経験とノウハウを持つ、アグリサポートネットワーク(株)との共同研究により、農業における販売と生産の計画連動と情報の一元管理を実現しました。

お問い合わせ・資料請求

農業版 販売生産連携プラットフォーム「AgriSUITE」
に関する資料請求・お問い合わせはこちら