ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

2018年7月26日
株式会社 日立ソリューションズ東日本

日立ソリューションズ東日本、AI機能を搭載した在庫管理ソリューションの
実用化に向けた北海道大学との共同研究を発表
~AIを活用した問題在庫の抽出自動化により精度向上と判定能力の向上を実現~

株式会社日立ソリューションズ東日本(本社:宮城県仙台市青葉区、取締役社長:八田 直久)は、このたび、在庫管理ソリューション「PSI Visualizer」にディープラーニングを利用したAI機能を搭載することを発表します。現在、プロトタイプ版の開発を完了し、より精度向上と判定能力の向上、実務での適用検証作業を実施しています。

現在の製造業・流通業では、扱う商品の増加や、グローバル展開など市場ニーズの多様化により、適切な在庫管理が非常に難しい状況にあります。過剰な在庫を抱えることによるムダなコストの発生、在庫不足による機会損失などのリスクなどがあり、いかに適正な量の在庫調整を行うかが大きな課題となっています。
こうした課題に対し、当社では、PSI*情報を素早く可視化し、商品毎の傾向を分析して問題在庫を迅速に把握することができる在庫管理ソリューション「PSI Visualizer」を2008年4月より販売しています。PSI情報と在庫評価を行う各種KPIを分かりやすく可視化できることが特長であり、多彩なグラフ表現と高い操作性から、極めてユニークな在庫専用評価ツールとして高い評価をいただいており、市場への投入以降、国内外の企業約100社に導入実績があります。

*PSI:P(Production/Purchase)、S(Sales/Shipment)、I(Inventory)

PSI Visualizerは、豊富な可視化機能と評価機能から問題在庫を発見抽出する機能を備えますが、アラート(問題在庫の判断指標)の設定やアラートにより抽出された問題候補アイテムの最終的な判定や、問題の箇所特定、PSIバランス悪化の原因推定までの一連の作業は、あくまでツールを利用する人の判断に委ねており、扱う商品が多いほど作業負荷がかかり、また判断する人により問題抽出にバラツキがでてしまうケースも見受けられました。こういった課題を自動で診断するAI機能が搭載されることにより、人手を介さず自動で各種在庫診断が行えるようになります。
本機能の開発にあたっては、長年AI技術の研究に取り組み、企業との共同研究実績も豊富な北海道大学大学院 自律系工学研究室の山本 雅人教授、同 飯塚 博幸准教授の協力のもと、共同研究を実施します。さらに、サンスター株式会社様他、数社の協力を得て、実データでの評価作業を並行して実施し、PSI情報の振る舞いの違いによる判定パターンの業種業態別の評価を行います。
共同研究と研究成果を実装した製品・ソリューションは、実務での適用検証作業を実施し市場への早期の投入を目指しています。

日立ソリューションズ東日本が10年以上にわたりお客様に提供している在庫管理ソリューションのラインナップにAI機能が新たに加わることで、より多くの業種のお客様の在庫管理に関する課題を解決し、支援することが可能になると考えております。

本ソリューションは9月11日~14日に東京ビッグサイトで開催の「第13回国際物流総合展」にてご覧いただけます。また、同展示会で開催のプレゼンテーションセミナーでは『ついに在庫管理もAI活用の時代!ディープラーニングによる在庫診断。進化する判断力』をテーマに詳細をご紹介します。

AI機能の利用イメージ(特許申請済)

問題在庫と関連するPSIデータの特徴をAIが学習

問題在庫と関連するPSIデータの特徴をAIが学習

問題在庫の判定イメージ

問題在庫の判定イメージ

問題在庫の要因となるPSIデータの場所を可視化

問題在庫の要因となるPSIデータの場所を可視化

在庫管理ソリューション「PSI Visualizer」製品紹介ページ

展示会出展のご案内

2018年9月11日(火)~14日(金)、東京ビッグサイトで開催の「第13回国際物流総合展」において、PSI VisualizerのAI機能をはじめ、需要予測支援システム「ForecastPRO」、販売・発注計画支援システム「SynCAS」を展示します。詳細は、当社Webサイトをご覧下さい。
【出展小間 No.東1ホール 1-304】

関連リンク

製品に関するお問い合わせ先

株式会社日立ソリューションズ東日本
パッケージビジネス推進本部 担当:内海
〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1
電話:044-210-1906(ダイヤルイン)
E-mail:hse-info@hitachi-solutions.com

報道機関お問い合わせ先

株式会社日立ソリューションズ東日本
パッケージビジネス推進本部 担当:小野
〒980-0014 仙台市青葉区本町2-16-10
電話:022-266-2170(ダイヤルイン)
E-mail:hse-info@hitachi-solutions.com
【ホームページ】:http://www.hitachi-solutions-east.co.jp/